片岡俊博の「シュンくん☆日記」

ATM-IV時系列

09月23日

さて、相変わらずレンジレンジって、飽きたかも知れないが、まだまだレンジは続きますね。
いいかげん、日経平均は、39千円を超える様な政策を実現する方が、出てこないのかと思うくらいです。

さてと、オプションディレクトツールキットのATM-IVチャートで、ここから押始めるというのを、説明したいと思います。

私は、前回、ATM-IVチャートを貼り付けた時に、コールは裸ロング、Pはバックスプレッドという事を
説明していましたが、今回は逆です。

ここから、急騰はなさそうなので、普通に先物やCFDショートでも怖くないと思います。
だから、精神衛生上、全然平気なのです。

ここから、

強い相場ならば、期近と第二限月のIVの差で、期近のIVが低水準を維持する

はずです。しかし、期近と第二限月の現状は、同じ値近辺の水準です。又、先物の手口見ても、これ以上上がらないと見て良いでしょう。

私が、オプションのセミナーした時に、手口について説明しようとしましたが、あまり評判良くなかったので、
即説明を取りやめた経緯もありますので、この辺で説明はやめておきます。

昔の商品先物では、手口情報を見るのは、当たり前の事ですし、あの、1000%を出した伝説のトレーダーも、
その手口情報を使って収益を出していた訳です。

韓国を馬鹿にしていると、日本の足元がやばい

09月04日
10月から、消費税アップに再びなります。
韓国を批判している方は多いですが、日本は、もっと人の事が言えない訳です。


この図を見ていると、韓国が落ち込んでいるのは、1997年のアジア通貨危機と、
2008年のリーマンショック時くらいで、それ以外は、ほぼ右肩上がりです。

何故、アジア通貨危機を招いたのかと言うのも、日本が、橋本龍太郎政権下で、
消費税を5%にアップさせるのに、無理やり超円安に誘導し、日本の景気を底
上げする必要があったからです。

その無理やり超円安にすれば、どうなったのかと説明すると、日本製品と諸外
アジア製品のどちらを買うと言う選択を考えれば分かりますが、ほぼ、日本製
が売れたので、外貨を諸外アジア国は稼げなかったのです。諸外国を巻き込ん
ででも、無理やり消費税アップしたがる抵抗勢力は半端ではないです。

それでも、後々、橋本元総理は、「消費税アップによって、消費税、所得税、
法人税等の収入が、1兆5千億円税収減になったのは、財務省官僚の言いなり
になった事を、悔んだ。」と発言しています。その証拠に、日本の景気悪化は、
この一人当たりGDPの推移見れば分かります。

どっちの国が、国民一人あたりが豊になり成長しているか、一目瞭然です。

日本株や日経平均先物は、諸外国の株のヘッジ先になっているにしか過ぎません。

どっちにしても、10月には、消費税アップするので、日本株はレンジのまま、
米国ダウは強いという構造が続くと思います。

ただし、今の米国マーケットの状況は、金利が逆イールドであり、市場が悲鳴
をあげている状況なので、パウエル議長が金利下げ惜しみをしない事が前提です。

↓の追加

08月30日
まず、億トレーダーの特徴を説明します。

それは、毎日毎日負けないんです。全然負けない方法を身に着けています。

個別株なら、勝率80%は出ています。
FXや日経平均先物なら、勝率59%くらいです。
(厳密では勝率ではなく、勝率*ペイオフ率を勝率としています)

どうして、そこまでの違うのかですが、レバレッジの差です。
FXは、プロが大半の値動きしていますので、勝率が落ちてしまうが、
個別株は、大衆が多く、勝てるエッジが多いと言われています。

ただし、レバレッジ取引の怖い所は、テクニカルだけでは、絶対に勝てず、いずれ破たんします。ましてや、そのテクニカルの解説が、大間違いだらけだったら、猶更です。
ファンダメンタルズだけで売買するのも、論外です。
両方足し合わせたら勝てるのかというのも、論外です。それ以外の説明力が必要なのです。

とにかく、それだけ難しい相場の世界です。
チャラげているように見えて、億トレーダーは、真剣に努力しているし、本当の事を言わないです。

何が言いたいのかは、最低限、毎月毎月2万で良いので、マイナスの月がない投資くらいは、やらないと億トレーダーにはなれないです。億トレーダーは、月に1日くらいしか負けないから、かなり甘いハードルです。

私は億トレーダーは諦めたので、凡人でもできる投資の方法において、毎月プラスである事を目標にして、専業トレーダーとしてやっているという事です。

ユーチューブで動画アップさせて頂きました。

08月29日
「日常でできる50万円の作り方」という内容の番外編です。

「100円ショップで出来る、あおり運転防止用ドライブレコーダー」という動画です。

https://youtu.be/gcbGCH_qdY0

「日常でできる50万円の作り方」の再生リストです。

https://www.youtube.com/watch?v=3jeKNm0umIE&list=PLWV7E8FeflQDSKNjzGQiCy-HBW890WmEX&index=2&t=0s

再生リストですが「毎月毎月」のお金を作るという趣旨です。

「自分は、特別で億トレーダーになれるんだ」と思っている方も多いと思いますが、
このような事も分からないのに、億トレーダーになれる訳ないです(笑)

野球で「あなたは、イチローや松井みたいになれますか?」と言ったら、
日本の選ばれし才能があり超努力した方しかなれないのは、一目瞭然です。

野球は目に見えて分かりますが、宝くじの発売日になると、オールドメディアは、
こぞって、当選した方の取材をされますから、当選された方があたかも多い錯覚がでてきますが、
確率統計的には、どうだろうかと考えたら分かります。

しかし、宝くじ当たる感覚で、「自分は違う、億トレーダーになれる」と錯覚する方が、
大半で、テクニカルの講義受けているのが現状です。

いいかげん、私も含めて、凡人という事に気付くべきです。専業トレーダーは、
脱退しない事が大切でえあり、毎月毎月稼ぐ地味な作業なのです。

ATM-IV時系列

08月19日 AM04:44

先週は、ボラティリティの上昇と共に、乱高下する展開になりました。
これは、米中貿易摩擦の改善見通しや、リフレ派と思われたFRBイエレン
議長までもが、金融緩和のしすぎに消極的だったりした為だったり、
様々な要因が考えられますが、振り回されている人も多いのではないかと
思います。

これでは、オプションのボラティリティで勝ちきるのは難しく、結局、
2万円割れそうな所で、Cロングするようなデルタも含めた戦略が、
良いと思います。

それから、逆もしかりで、2万円割れそうになれば、プット側は、
Pバックスプレッドが良いと思います。

Pバックスプレッドは、ジリ安では損しますが、暴落には強く、上昇
してもデルタで儲かりますから、そういう戦略で行くのが良いでしょう。

というのは、2万円を割れたら、完全に下落トレンドなのですが、そこを
割らさない様に、何らかしらが、買い支えをしているようなチャート形勢
になっています。

なぜ、買い支えをするのかと言うと、政府は何が何でも消費税アップを
実施しなくてはならず、安倍総理が、「リーマン級がおきれば、消費税を
アップしない」という事に該当しないようにする為なのです。

しかし、相場がトレンドを形成したら、それを変えるのは難しいので、
それを回避した戦略を取るのがお勧めです。

韓国の報復問題について

08月12日 23:19
↓について追加しますが、日本だけが、消費税の問題があると思いましたが、韓国が輸出する際に、チェック強化させると発表しました。

貿易関税やチェックがおかしい場合、報復処置は、WTOで認められています。

ただし、韓国の商品は、日本国内や他国の代替えがある為、輸出で持っている韓国経済が、どうなるか分からなくなりました。

「そんなに面倒で時間がかかるなら、いらないよ!」と日本の民間や個人は絶対に思うはずです。

つまり、世界経済が停滞した場合、韓国と日本は、同じ極東地域株として世界は見るので、連動して戻り売り相場を形成する可能性も否定できないです。

状況が変わりましたので、追加させて頂きます。

ATM-IV時系列

08月12日 AM2:38

先週、ボラティリティが上昇しましたが、しかし、半導体製造化学薬品を輸出許可を経済産業省が出したと言う事で、落ち着き始めました。この事は、↓のブログで記載した通りの事ですね。

しかし、日経平均は、2万円近辺の底値になっていますので、下値を支えるのなら、レンジが続きます。ただし、一旦2万円割れ、しかも一瞬割れるのではなく、本格的に割れる場合は、下落トレンドを覚悟しなくてはならないです。

消費税増税が、10月から始まりますので、その景気悪化に備えなければならないですね。


ATM-IV時系列及びスマイルカーブ

08月05日 PM12:00

今のスマイルカーブは、米中関係の関税、日韓関係の貿易、消費税等、問題山積状況から、コンタンゴ(期近の方が先よりIVが低い)の状況から、
バックワーデーション(期近の方が先よりIVが高い)になりました。


ここから、レンジ(日経平均20000円が下値のめど)として、去年の12月の相場のように、息を吹き返せるかどうかは、この急激に吹き上がった、
コンタンゴからバックワーデーションになった状況から、直ぐにコンタンゴになるかどうかが、鍵になると思いますが、
残念ながら、ここまでの問題を抱えている状況では、去年末のように、直ぐに吹き返す状況は難しいと思います。

前回書き込んだ、順カレは正しかったですが、ここからは、下落トレンドでボラティリティは高止まりと見て良いと思います。

スマイルカーブを見ても分かりますが、かなりプットが買われ、ヘッジニーズが高まっている状況では、しばらく日経平均の上昇は考えられないと思います。

少し、日韓関係で、冷静になってほしいのは、グループAは、27ヵ国、グループDは、北朝鮮等、グループBは、韓国、バルト3国の4か国であり、中国等、殆どの国は、
グループCであり、韓国は貿易相手国としては、まだ格は上の方なのです。

勝手に、韓国が騒いでいるだけなのですが、韓国側の不売買運動や、反日が強まれば、貿易的に経済悪化も考えられますが、中国より甘いチェックで良いのであれば、
元に戻る可能性も否定できないです。

ページの先頭へ
ブログトップへ
PC版へ