山口祐介の相場で負けたときも読む日記

セミナーお礼

10月19日
昨日のセミナーにご参加された方、ありがとうございました。

久しぶりに壇上に立ったんで緊張しましたね。

今回はいっぱい自分の考えをお話できて楽しかったです。

また、機会があればセミナーをやろうと思います。

サメディーラーへの道

10月13日
パンローリング主催のセミナーで講師を務めます。
このセミナーでは主に私自身の投資哲学について
後半はシステムトレードの話もしますが
システムトレードを批判する内容も取り入れています。

確かに、生き残るうえでシステマティックになることは
非常に重要な要素だと思います。
でも、カチカチにシステム偏重になると
トレード行動が固定化してマーケットへの対応が
遅れてしまう可能性があるんですよね。

マーケットに対応するための統計的優位性が
逆に対応するのを遅らせてしまうことがあるんです。
なぜなら、マーケットは常に変化しているから。

当セミナーはシステムトレーダーじゃない人でも
対応できるようにしていますので
よろしければご参加していただければと思います。


http://www.tradersshop.com/bin/showprod?a=3069&c=2011096800007


あと、鳥居万友美さんがくるそうです。
雑誌の仕事でご一緒したんですが、楽しい方ですね♪
参加者としてくるみたいですが、少し話してもらおうかな(笑)

セミナーやります。

10月07日
お久しぶりです。
管理画面のURLを忘れてしまって
忙しかったので「まぁ、いいか」という感じで
ほっておいてしまいました。

遅れてしまいましたが告知!
今年はじめてのセミナーやります。

http://www.tradersshop.com/bin/showprod?a=3069&c=2011096800007


今年は相場をやりたかったのでセミナーは基本的に断っていました。
10社くらいは断っちゃったかな。
だってセミナーやるとなんだかんだで時間くわれて相場が張れない。
相場が張れないということは私の儲けが減るということですから。


でも、年に1回くらいはいいかなと思ってやることにしました。


セミナーは一応簡単なシステムのロジック公開
エクセルファイルもプレゼントです。


売れっ子の主婦トレーダーさんも来るかもしれないですよ(笑)

秩序のない世界

06月12日
マーケットが混沌であればあるほど、システムトレーダー=上級トレーダーという感じの内容が雑誌を賑わすものですが、誤解もいいところです。


私は自分の事をシステムトレーダーだと思っていますが、システムトレーダーだから勝っているのではありません。私が「勝つトレーダー」だから勝っているだけです。


そもそも、勝つシステムを持っていることと、勝つトレーダーになることは全く別次元の問題です。システムトレーダーであっても負けている人は当然いますし、仮に、勝つシステムを持っていても「負けるトレーダー」はやはり負けます。


負けるトレーダーから脱却するためには、どうすれば良いでしょうか?
それにはまず、以下の2つのことを理解する必要があります。

.沺璽吋奪箸話畚を保てないことを理解すること。
▲肇譟璽澄爾話畚を保てることを理解すること。


負けるトレーダーはマーケットに秩序を求めます。私たちの住む世界は秩序に支配されています。だから、彼らはマーケットにも秩序を求めるのでしょう。しかし、マーケットの世界は秩序に支配されているのではありません。混沌に支配されているのです。


そして、負けるトレーダーは自分の秩序を保つことができません。あっちにフラフラ、こっちにフラフラ。まるで、風がなければ落ちてしまう凧のようです。


大切なことはマーケットに秩序がないことを認め、その中でいかなるときでも自分の秩序を守りぬくことです。

「秩序のない世界」で「勝つ秩序」を作り、
「自分の秩序」の中で「勝つ秩序」を守り抜くのです。


ページの先頭へ
ブログトップへ
PC版へ