パンローリング トップバー パンローリング Top 相場データCD-ROM オプション倶楽部 トレーダーズショップ/書籍、DVD販売 株式コーナー Pan発行書籍 セミナー 相場アプリケーション パンレポート 掲示板 相場リンク集
メールはこちらまで

<緊急告知>
講師の羽根氏によると、サヤ取りセミナー実践編兇砲いて、当初予定プログラムに 加えて、ウラ技的手法「取引制度を逆手に取るサヤ取り」を公開することの事です!


<満員御礼> 多数のご応募ありがとうございました。

<第2回>

サヤ取りセミナー 戦略編2

 大好評だった前回の「サヤ取りセミナー戦略編」が更にパワーアップ!!今回も「サヤ取り入門」著者の羽根英樹氏が商品のサヤ取り実践者を対象に、企業秘密ともいえる技術を公開します。セミナー前半は、前回の内容を踏襲してサヤ取りを行う際に必要不可欠な理論や注意事項を中心に解説。セミナー後半では、最近の事例を詳しく解説します。現在進行中、あるいは直近のマーケットでのサヤの解説は サヤ取り実践者にとって、リアルタイムの学習となり、とても興味深いものになるでしょう。
そして、セミナーの最後は、サヤ取り屋にとって不可欠なツールであるパソコンソフトの使い方の説明を行います。新発売の「チャートギャラリープロ」8/中旬発売予定!!を使った鞘場帳の表示についてなど触れる予定です。

※会場にもお試し用のパソコンを数台用意してあります。
ソフトの使い方も学んで気持ち良くお帰りいただけます。

<お願い>

日常の疑問を解決するヒントを得られるのがセミナーの質疑応答です。
セミナーで十分に満足するためにも、あらかじめ具体的な質問を用意してください。 質問については、できる限りセミナーの際お答えしますが、時間の関係上、後日お答えすることになる場 合もございますご了承ください。
質問(質問を送る際はお名前とセミナーでの質問ということを明記するようにお願いします。お名前は引用しません)

<現在までに来ている質問の一部です。セミナー当日、回答及び解説をいたします>

異市場、異銘柄でのサヤ取りを行う際の限月の選択方法はどうするのでしょう?
サヤ取りのポジションは通常売り買い同枚数ですが、これを例えば2−3のように比 率を変えることは、戦略上ありますか?
パターン1bの見分け方についてもっと詳しく教えてください。
前回でサヤの形についての講演がありましたが、もう一度詳しく解説してください。
最近の仕掛けを詳しく解説してください。
サヤ取りのシステム化、つまりシグナルと建て玉法の法則化を考えられたことがあ りますか?
サヤ取りに適した銘柄をおしえてください
前回のセミナーで、パターン4からパターン1への逆転についてふれていましたが、 もう一度解説してください。


サヤ取りとは、世界三大利殖の1つに挙げられており、ローリスク・ローリターンと一般に言われます。しかし、その手法はヘッジファンドのそれと同じであり、ハイリターンにもなる相場技術です。あのジョージ・ソロスも下積み時代にサヤ取りを10年間続けていた技術です。

研究発表(サヤ取りの基礎が分かります)

サヤ取り入門

戦略編

主にサヤ取りの基本がわかっている方を対象とします。講師が実践で編み出された戦 略を紹介すると共に、最近のサヤの動向にふれ、リアルタイム学習ができます。

<対象者>

最近のサヤ取りについて、実践者がどう考えているのか知りたい方。
基本的なことは理解したが、実際の売買に自信のない方。
サヤ取りの「得意技」を模索中の方。
『サヤ取り入門』を読んだが、もう一歩、進んだ事を知りたい方。
実践投資家による、戦略を学んでみたい方。(商品先物市場)

<講師/羽根英樹>

1993年からサヤ取りを始める。現在でもサヤ取りを主力にトレードする個人トレーダー。
利益を着実に積み重ねており、パンレポートでも「サヤ取り入門」を連載中。 前回の「サヤ取りセミナー戦略編」(2001.3.31)でも講師を務め、大好評であった。著書に『サヤ取り入門』(パンローリング発行)がある。

<講師のコメント>

前回にひきつづき今回のセミナーも、サヤ取りの戦略を中心に述べていきたいと思 います。今回、初めて参加する方にも、又、前回参加していただいた皆様にも、満足 していただける内容にしたいと思います。特に後半では、参加者から希望の多かった 最近のあるいは、現在進行中の事例を用いて講義を進めます。参加する皆さんは、是 非ご自分の売買記録を持参していただき、どんどん質問を持ってきてください。時間 の許す限り、皆様と一緒に考えていきたいと思います。

<なぜ?サヤ取りが上達したのか??>

私は一歩一歩の積み重ねを大事にして、ビジネスとしての売買法を身につけました。 特別なことはなにもやっていません。ただ、サヤ取りが上達するまでは他のこと(サヤ取り以外の売買)を一切やりませんでした。自分に規律を課してそれを守ることには、注意を払いました。
毎日、継続して資料の整理や、場帳をつけることは、やはり、大変でした。これがなかなかできなかったですが、相場が一番上手くなることはまずは心構えが一番大事だと気づくことができました。そして、ブロックをつけることから始めました。
特別なことは何もないです。まず、自分の得意技をひとつだけ身につければ、利益を得るまでは早いと思います。

サヤ取りを実践しているみなさんが、レベルアップできるようなセミナー内容にしたいと思います。そしてまだ、自分の得意技を持っていない方は、是非、今回紹介する戦略の中から、将来、得意技になる戦略を見いだしてほしいと思います。サヤ取りで、安定して利益を稼ぎ出すには、やはり、「得意技」が必要だからです。

全額保証つき

もしこのセミナーの内容にご満足いただけない場合は、その場で全額返金させて頂きます。なぜ、このようなリスクまで背負うのでしょう? なぜなら、ほとんどの方は、このセミナーの知識を得れば「こんなに分かり易いシステムなら必ず投資に成功する」と、自信を持つことができ、120%満足していただいてお帰りになっていただけることを確信してるからです。

開催場所および日時

2001年9月8日(土)13:30−17:30
(終了時間は質疑などにより延びる可能性があります。お帰りの計画は余裕をお持ちいただいたほうがよいかと思います)
会場 新宿NSビル 3Fホール
参加費 20,000円+消費税(資料付)

お申し込み期限

締切りは2001年8月31日(金)になります。参加料のご入金の確認が出来しだい、受講チケット、会場案内図を郵送させていただきます。
定員に達ししだい、受付を終了させていただきます。
その他のセミナー