パンローリング >> セミナー >> たけぞうの50億稼いだ男のメルマガ

2024/04/21 11:23

【4/21__累進配当 2024年】

【累進配当実施】 2024年
累進配当とは・配当金を減配をせずに配当水準をキープ、または利益成長に合わせて増配し続ける事を指します。 長い間配当を
減らしていない企業ということ

・いちご(2337)・・ 岼多完堕蠻枦」の累進的配当政策、 2017年 2月期より導入した「累進的配当政策」の維持 
 DOE(株主資本配当率) ・4%以上【強化】(強化前 3%)   配当利回り 2.35%

・三井不動(8801)・・2024年度から26年度は持続的な利益成長と連動した安定的な増配(累進配当)実施。
総還元性向毎期50%、配当性向毎期35%程度。自己株式の機動的・継続的な取得   配当利回り 1.74%

・山陰合同銀行(8381)・・株主の皆様への積極的かつ安定的な利益還元を実施していくことを基 本方針とする。配当
性向は 40%とし、利益成長を通した累進的な配当を行いつつ、業績や資本の状況、株価を含む市場環境等を踏まえ、
機動的に自己株式取得を実施 。配当利回り 3.4%

・平和堂(8276)・・2025年2月期から2027年2月期の配当政策については「累進配当」を導入 
2025年2月期は、「今回の株主還元方針の見直しに伴い配当性向30%以上を株主に還元する」としたことに従い、中間配当
30円、期末配当30円 年間60円   配当利回り 2.53%

・フルマル(7128)・・普通配当については、中長期的な株主還元目標を「DOE(株主資本配当率)3.5%以上」とし、継続的  に増配を行うこと(累進配当)を基本方針する。DOE は 2024 年 12 月期より段階的に引き上け、次期中期経営計画期間内
(2027 年 12 月期~2029 年 12 月期)ての DOE3.5%の達成を目指す。普通配当に加え、特別配当や自己株式取得なとを活用し、
利益水準や財務状況に応して機動的に株主還元の追加を実施も。配当利回り3.61%

・日本エスコン(8892)・・ 2025年3月期から27年3月は、1株当たり配当額(DPS)を前年度の1株当たり配当額(DPS)を下限
とし、原則「減配なし、配当維持もしくは増配のみ」とする配当政策実施   配当利回り3.93% 

・リコーリース(8566)・・配当の累進性と業界トッフクラスの還元水準を意識し、 持続的な成長と適正な資本構成及ひ
財務体質の強 化を図り、株主還元の拡充を目指す。配当性向は 26/3期に40%以上、30/3期に50%を目安とする 
配当利回り  2.94%

・シーティーエス(4345)・・中期経営計画(2024 年3月期~2026 年3月期) 株主の皆様への還元を維持・拡大していく 
ため、「累進配当」の考え方を採用する    配当利回り3.08%

・アルインコ(5933)・・「中期経営計画2027」期間中については累進配当を実施。 安定的な配当を基本方針とし、連結
配当性向40%を目標   配当利回り 3.60%  

・たけびし(7510)・・累進配当及ひDOEの向上による、 継続的かつ安定的な配当の実施を基本方針とし、株主還元強化を行う 
累進配当 2026年度 中計達成時 DOE4%以上、配当性向40%目標 配当利回り 3%

・ライト工業(1926)・・ 連結配当性向を段階的に向上させ、中期経営計画目標値てある配当性向35%以上を前倒して達成する。累進配当を目標とする。自己株式の取得については積極的・機動的にこれを実施する。  配当利回り3.18%

・大ガス(9532)・・短期的な利益変動か大きくなる中、配当水準の維持と中長期の成長に応した増配を目指し、累進配当
(原則、減配を 実施せす、増配または維持)を導入 。株主資本配当率(DOE) 3.0% (短期的な利益変動にとらわれない株主資本
を基準に配当) 、機動的な追加還元策の実施   配当利回り2.25%

・兼松(8020)・・年間配当金の下限を90円と定め累進配当を実施します。 また、総還元性向30~35%を目標とし、当期利益の
成長に応して配当金を増額する方針を掲けます。 配当利回り 3.67%

・青山商事(8219)・・2024 年度~2026 年度(2025 年3月期~2027 年3月期) は、1株当りの年間配当額 60 円を下限とし、
連結配当性向 40%を目途として、 利益成長を通した累進的な配当を行います。 配当利回り 3.86%

・スター精密(7729)・・累進的な安定配当として1株当たり年間60円以上を継続し 自己株式の取得を含めた連結総還元性向
50%以上を方針とする    配当利回り 1.65%

・ドーン(2303)・・4/8  将来の事業展開と経営体質の強化のために必要な内部留保を確保しつつ、累進配 当を継続して実施
することを基本方針  配当利回り1.02%


山陰合同銀行、アルインコ、兼松、日本エスコン、青山商事など注目か


銘柄コード一覧

パンローリング >> セミナー >> たけぞうの50億稼いだ男のメルマガ