たけぞうの50億稼いだ男のメルマガ
<たけぞうの50億稼いだ男のメルマガ>【12/15  今日の注目点】


12/15(水)
【今日の注目点】
NYダウ  106ドル安  ナスダック 175P安  S&P500 34P安
・市場は明日のFOMCの結果発表を待ち
・11月の米卸売物価指数(PPI)の上昇率が市場予想を上回り、利上げ前倒し観測も
・オミクロン株の感染拡大警戒も NY州で入院急増
・アナリストがソフトウエア株13銘柄の投資判断を引き下げ・・マイクロソフト、セールスフォース、アドビなど大幅安

⊂ι福金利、仮想通貨
・原油 70ドル台(-1.5%)シルバー、パラジウムなど下落
・米金利上昇 5年債 1.235%    10年債 1.439%・・金融株小幅高
・仮想通貨上昇 ・・ドージーコイン20%高。リップル  6%高

SOX指数 
・3794(-0.52%)
・採用30銘柄中、8銘柄プラス
・大きな動きなし

ぜ社株買い指針策定 首相、可能性に言及 一律規制には慎重
・企業が投資家から資金を調達すべき株式市場が投資家に資金を供給する場所になっているとして、自社株買い制限の検討を求めた
立憲民主党の落合貴之氏の質問に答弁・立憲民主党の落合貴之氏は「企業が利益を株価を上げることばかりに使うのは問題だ」と質問
・首相は「多様なステークホルダーを重視し、持続可能な新しい資本主義の実現に向けて大変重要なポイントだ」
・自社株買いは企業の株主還元策として活用されている一方、稼いだ利益がさらなる投資や従業員の給与に回りにくくなるとの指摘も
昨日は、上記のニュースを受け下落する場面も。海外投資家の中には自社株買いを行う企業への投資を行うところが多い。
今後、自社株買いに規制がかかるようであれば、日本株は弱気な見方が増えそうである。
・あまりにレベルが低い内容

コけ
・2932P   -284  (-8.83%)
・コンテナ船、沿岸から約150マイルの海域に滞留する船は11月中旬の111隻をピークに減り、12月14日時点で55隻と半減
・ネガティブなニュース多い

ζ落レシオ、空売り比率、NT倍率、東証1部新高値新安値()前日の数
・東証1部騰落レシオ 25日75.09(押し目買いチャンスか)      騰落レシオ6日97.09(100%割れ) 昨日値上がり767   値下り1317
(4営業日連続1000以上値下がり)
・マザーズ騰落レシオ 64.38
・空売り比率・・43.4(39.7)
・NT倍率・・14.40(前日14.48)・・昨日はTOPIX優位の展開
・東証1部 新高値16(31)新安値64(45)  新興市場 新高値6    新安値143
マザーズ指数・・昨日年初来安値更新。ただ、売買高は増えていない

●騰落レシオ・・市場の値上がり銘柄数と値下がり銘柄数の比率から、市場の過熱感を見る指標で、いわゆる買われすぎ、売られすぎを見るための
テクニカル指標。騰落レシオは100%が中立の状態で、100%を超えると値上がり銘柄のほうが多い状態を意味し、120%以上になると過熱気味、
逆に、70%以下は底値ゾーンといわれるのが一般的。

●空売り比率・・市場全体の売りに占める空売り(信用売り)の割合のこと。
空売り比率=空売り注文の合計代金 ÷(実売り注文の合計代金+空売り注文の合計代金)× 100

●NT倍率・・日経平均をTOPIXで割ったもの。両者の頭文字をとってNT倍率と呼び、両指数間の相対的な強さを示す
今年上旬のNT倍率は15倍台で推移し、日経平均優位の展開。但し、5月以降14倍台に低下。TOPIX優位の展開となっている

ШFの戦略
・マザーズ銘柄・・ベイシス(4068)サンアスタ(4053)など増益銘柄で25日移動平均線乖離20%以上に銘柄を打診買い
・・マザーズ騰落レシオ 64.38・・12/2  64.20で一旦反発している
・ナスダックは大幅安も、ラッセル2000は小幅安。マザーズの下げ止まりを期待(短期、日計り売買)
・海運株はバルチック指数が大幅安な為、今日は一服か
・アリババが3%上昇・・・SBG(9984)に注目も
・エスユーエス(1193円)ナガホリ(290円)以下で増し担保解除

お問い合わせ
E-mail member@panrolling.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【免責事項】
記載されている売買手法の著作権はたけぞうに帰属します。
ブログ、HP、情報商材、雑誌、講習会等での無断使用は固く
お断りいたします。
本サービスはお申し込みされた会員様のみご利用頂けます。
メルマガ購読など必ずご本人様のみでご利用ください。
当該資料は客観的情報の提供を目的としており、
投資等の勧誘または推奨を目的としたものではありません。
利用者がこれらの情報を利用して行なう判断の一切について
責任を負いかねます。
発行:パンローリング株式会社