パンローリング トップバー パンローリング Top 相場データCD-ROM オプション倶楽部 トレーダーズショップ/書籍、DVD販売 株式コーナー Pan発行書籍 セミナー 相場アプリケーション パンレポート 掲示板 相場リンク集
メールはこちらまで

発行書籍一覧 > フェニックスシリーズ > /


12週間の使い方

12週間の使い方
実行サイクルの4倍速化プログラム

2018年5月発売/四六判 並製 256頁
ISBN 978-4-7759-4198-0
定 価 本体1,500円+税

著 者 ブライアン・P・モラン/マイケル・レニントン
訳 者 中野眞由美

トレーダーズショップから送料無料でお届け


目次 | はじめに

実行サイクルを1年から12週間に短縮するためのガイド

 多くの個人や組織は、1年12か月を基準に計画・目標をたて活動していることでしょう。この長期にわたる実行サイクルは、「時間はたっぷりある」と認識し生産性を低下させ思考の落とし穴を生み出します。

 1年を12週間と定義します。時間のゆとりは減り、集中して取り組む必要性が出てきます。締め切りほどやる気を起こさせるものはありません。重要なことに焦点をあて短期間で対応することにより、多くの結果を残すことができます。

 本書で取り上げている、「12週間チャレンジ」と「ピリオダイゼーション(期分け)」の概念を理解し実行することによって、あなたの人生のどの領域でも結果を改善するために活用することができます。

 本書の内容を実行し、次のようなことを現実のものとしましょう。

  ● 記録的なスピードで目標を達成する
  ● 人生における優先順位のバランスをとる
  ● 1日の主導権を取り戻す
  ● ストレスを軽減する
  ● 収入を増やす

 多くのことをわずか12週間で達成し実行効率を向上させ、成功への旅をスピードアップしましょう。


目次

はじめに――12週間チャレンジ

I 目標を達成するために必要なこと
1.1年を再定義する
2.感情とつながる
3.年間計画を捨てる
4.一度に1週ずつ
5.真実と向き合う
6.意図
7.当事者責任
8.興味とコミットメント
9.一瞬のすばらしさ
10.バランスを崩す

II 実践! 12週間チャレンジ
11.実行システム
12.ビジョンを作る
13.12週間計画を立てる
14.プロセス管理
15.評価
16.1日の支配権を取り戻す
17.責任感
18.12週間コミットメント
19.はじめての12週間

おわりに――そして13週目へ

参考文献「12週間チャレンジ」について


はじめに――12週間チャレンジ

 多くのことを成し遂げられる人がいる一方で、本来できるはずのことも達成できない人のほうが圧倒的に多いのは、なぜだろうか? もしも潜在能力を存分に活用できるとしたら、何が変わるだろうか? 日々、潜在能力を最大限に引き出せたら、人生はどう変わるだろう? 毎日最大限の能力を発揮できたら、半年後、3年後、5年後に私たちはどう変わっているだろう?

 この一連の問いが本書の核であり、過去十数年にわたって私たちが問い続けてきたことでもある。この数年、私と共著者のマイクは、クライアントがもっと効果的に物事を実行できるようになる手助けをしてきた。個人やチームや組織の目標達成に必要な計画作りに力を貸してきたのだ。私たちの使命は、人々がどうすれば最大限の能力を発揮し、本来歩めるはずの人生を歩めるのか、その謎を解き明かすことにある。

「自分にできることをすべて実行すれば、私たちは文字どおり驚嘆するだろう」(トーマス・エジソン)

「私たちには人生が2つある。ひとつは今生きている人生、もうひとつは実現可能な人生だ」(『絵画の戦争〔The War of Art〕』著者、スティーブン・プレスフィールド)。

 私はこの意見に賛成だ。特に後者の人生、つまり「実現可能な人生」に関心を持っている。それこそが、誰もが心から望んでいる人生だからだ。心の深い部分でその存在を信じ、実現できたらいいのにと願っている人生。その人生を築くのは、先延ばしや不安から妥協したりあきらめたりするあなたではなく、最高のあなた、最善のあなた、自信に満ちあふれたあなた、それに健康的なあなただ。一流のスタッフとともに颯爽と現れ、新しいものを生み出し、変化を与え、有意義な人生を送っているあなただ。

 最高のあなたになれるなんて、すばらしいと思わないだろうか? だが、どうすればそうなれるだろう? 何が必要だろうか? 非常に興味深い質問だ。私はあちこちを飛びまわってさまざまな人に会う度に、こんな質問をした。「最高ですばらしいあなたになるには、何が必要ですか?」。お気づきかもしれないが、答えは実に多様だった。

 本書では、ごく短期間のうちに、それまでの4倍以上の結果を出す方法をお伝えする。最大限の能力を毎日発揮する方法を、きっちりと学ぶことができる。私たちは本書の中で、思考と行動を一致させて驚異的な結果を生み出すべく、トップパフォーマーの秘密を解き明かしていく。人生や仕事で偉業を成し遂げるのはそう難しいことではない、とおわかりいただけるはずだ。実のところ、それはまったく複雑なことではないが、だからと言って簡単なわけでもない。

 本来ならできるはずのことができない最大の要因は、知識や知性、情報が不足していることではない。新たな戦略やアイデアが足りないことでもない。今以上の人脈が必要なわけでもなく、勤勉さや才能や幸運の問題でもない。もちろん、これらはすべて一因かもしれないが、違いを生む決定的な要因ではない。

「知識は力なり」という言葉を一度は耳にしたことがあるだろうが、私はそうは思わない。知識とは、それを活用し、それに従って行動を起こしてこそ、初めて力になるのだ。人は知識を増やしながら年を重ねていくが、その目的は何だろうか? 知識があっても、それを得た人が活用しないかぎり、誰の得にもならない。すばらしいアイデアも具現化されなければ価値がなく、市場は具現化されたものにしかお金を払わない。

 あなたは頭が良くて、たくさんの情報やアイデアを入手できるかもしれないし、人脈があり、よく働き、才能豊かであるかもしれない。だが最後には、必ず行動を起こす必要がある。実行は、唯一にして最大の市場差別化要因だ。すぐれた企業や成功者のどこがすぐれているのかと言えば、競争相手よりもうまく実行している点だ。今のあなたの人生と「実現可能な人生」との間に立ちはだかる壁は、一貫した実行の欠如だ。効果的な実行ができれば、自由になれる。それこそが、望むことを達成する方法なのだ。

 あなたの人生で基準に達していないことや期待以上にできなかったこと、もっとできるはずだと思っていることについて考えてみよう。それらを客観的な目で見てみれば、うまくいっていないのはたいてい実行過程のはずだ。たとえば、成功者が実践してきた新しいアイデアがあるとしよう。これを別の人が活用しようとしたとして、果たしてどれくらいの人が成功するだろうか?

 我が社のクライアントに、2000人以上の保険外交員を抱える大手保険会社がある。その会社で1年じゅうトップの業績をあげているのは、1人だけだ。そこで他の外交員たちは、秘訣を教えてくれと彼に頼み込んだ。すると彼は嫌な顔ひとつせず、忙しいスケジュールの合間をぬって、自分が成功した方法を正確に教えた。その後、どれだけの外交員がその方法で成功できたか、おわかりだろうか? そう、ゼロだ。だから彼は、もう教えないことにしたらしい。誰も、彼が教えたとおりにやらないからだ。

 アメリカでは65%の人が太りすぎ、もしくは肥満だ。体重を落とし、健康になるには何か秘訣があるに違いない、と思うだろうか?

 ダイエットとフィットネスは今や600億ドル産業だ。毎年、ダイエットとフィットネスに関する新しい本が数多く出版されている。インターネットで「ダイエット本」と検索すると、4万5915件もヒットする(著者の執筆時点)。約4万6000冊。その中には、『アトキンス・ダイエット』や『サウスビーチ・ダイエット』という名の知られたものもあれば、『走れ、デブ女(Run Fat Bitch Run)』など、あまり知られてないタイトルもある。それなのに、アメリカ人はいまだに肥満で不健康だ。

 大半の人はどうすればいいかわかっている。食生活を改善し、運動すればいい。それがわかっているのに、やらないだけなのだ。ということはやはり、知識の問題ではない。実行力の問題だ。

 私たちの実績から言えば、すでに知っていることを一貫して実行するだけで、たいていの人は収入を2倍、もしくは3倍に増やすことができる。にもかかわらず、誰もが新しいアイデアを探し続けている。次のアイデアこそ、すべてを改善してくれる魔法になると思っているのだ。

 アン・ローフマンは、アイデアを実行に移すことで恩恵を受けた。彼女はヒューストンのマスミューチュアル生命で財務顧問をしている。長年仕事の成績はよく、誰から見ても成功者だったが、自分ではもっとできるはずだと感じていた。だが、どうすればできるのかわからなかった。あるとき、知人から「12週間チャレンジ」という目標達成の方法を紹介され、アンはこれを実践した。その結果、彼女の業績は400%アップし、マスミューチュアル生命ヒューストン社の103年の歴史上初の女性共同経営者になった。

 アンは裕福な顧客を増やしたわけでも、大量に手紙を書いたわけでも、顧客層を拡大したわけでもない。財務担当者が業績をあげるためにやるようなことは何ひとつしていない。代わりにアンは、これまでやっていたことをもっと一貫してやり続けることで、実行力をさらに高めることに集中した。最も効果の高かった重要なタスクと戦略を絶えず実行し続けた結果、業績がぐっと上がったのだ。しかも、そう長い時間はかからなかった。

 アンは決して特別な例ではない。個人や組織が実行力を上げただけで、驚くべき結果を出している例は他にいくらでもある。

「何を知っているかではない。誰を知っているかでもない。何を行ったかが重要だ」

 本書では、効果的に行動を起こすことで自分の本領を発揮し、あなたの人生において最も大切な望みを達成する方法をご紹介する。その大半は、すでにあなたが知っていることかもしれない。だが先ほども述べたように、言うは易く行うは難しだ。継続して行動を起こし、成功に結びつける秘訣をこの本でお伝えする。

 本書のアイデアは、私たちがクライアントと行っている実行ワークの中で生まれ、うまくいったものだけを取り上げ、それ以外は省いた。つまり、すでに効果が実証されている。結果的に、簡潔だが効果的な本が完成した。

 本書があなたにとって有益なものとなることを願っているが、それ以上に大切なのは、本書が行動を起こすきっかけになることだ。私たちがこの本を書いたのは、行動を起こす際のギャップを埋める手助けとなるためだ。だから、基本的な概念を理解すれば、ただちに取り組めるようになっている。

 本書は2つのパートに分かれている。パート気任蓮⊇斗廚別槁犬鮨週間で達成するまでのプロセスを解説する。パート兇任麓尊櫃北槁犬鮹成する方法を紹介し、パート気脳匆陲靴織▲ぅ妊△鮗孫圓垢觝櫃北鯲つ特別なツールや秘訣もお教えしよう。

 私たちが編み出した目標達成システム「12週間チャレンジ」はとても柔軟で、あらゆることに応用可能だ。個人でもチームでも、あるいはプライベートでも専門分野でも活用できる。実際、このシステムですばらしい成果をあげている個人や組織は数え切れない。

 簡潔でありながら非常に効果的、それが本書の魅力だ。ここに書かれていることを実践すれば、どんなことであれ結果を飛躍的に向上させられる。そう確信を持って言えるのは、すでに本書を手に取った多くの読者から、驚くような反応が寄せられているからだ。

 12週間チャレンジとは、ただがむしゃらにがんばるのではなく、大切なことに焦点を合わせ、それを成し遂げることが急務なのだという感覚を維持し、あなたを踏みとどまらせる価値の低いものを減らしていく。それが、あなたが今得ている結果を大幅に向上させ、ストレスを軽減し、自分に自信を与え、さらに自分を好きになることにもつながる方法となる。

 それでは始めよう。

ブライアン・P・モラン
マイケル・レニントン



■著者紹介

ブライアン・P・モラン(Brian P. Moran)
リーダーや起業家の業績を改善し、生活の質を向上させることを目的とするExecution Company創業者および最高経営責任者。UPS、ペプシコ、ノーザン・オートモーティブの役員を務めるほか、数多くの国際的企業のコンサルタントを毎年行う。同時に起業家としてビジネスを成功させ、大勢の人々の成長と成功に貢献している。主要な経済誌や雑誌に寄稿するほか講演家としても人気が高く、毎年何千人もの人々に教育を行い、刺激を与えている。ミシガン州で妻のジュディと2人の娘とともに暮らしている。

マイケル・レニントン(Michael Lennington)
Execution Company副社長であり、コンサルタント、コーチ、リーダーシップ講師。組織の永続的変化の実行に関する専門家として、アメリカだけでなくヨーロッパ、アジア、中東地域のクライアントに売上、サービス、収益性を高める企業主導の実行を指導している。ミシガン州立大学の学士と、ミシガン大学ロス・スクール・オブ・ビジネスのMBAを取得。ミシガン州北部で妻のクリスティンと子どもたちとともに暮らしている。

■訳者紹介

中野眞由美(なかの・まゆみ)
翻訳家。大阪府生まれ。 訳書に『呼び出された男―スウェーデン・ミステリ傑作集』(共訳、早川書房)がある。

ページのトップへ


関連書籍


1440分の使い方

「困った会議」の進め方・まとめ方

6つの帽子思考法

1分間マネジャーの時間管理

先入観を捨てセカンドキャリアへ進む方法

トレーダーズショップから送料無料でお届け


ウィザードブックシリーズ - 現代の錬金術師シリーズ - パンローリングライブラリ -
ウィザードコミックス
- 電子書籍 - 投資セミナーDVD - オーディオブック -
トレーダーズショップ 日本最大の投資家向け専門店
-
Copyright (C) Pan Rolling, Inc. All Rights Reserved.