パンローリング トップバー パンローリング Top 相場データCD-ROM オプション倶楽部 トレーダーズショップ/書籍、DVD販売 株式コーナー Pan発行書籍 セミナー 相場アプリケーション パンレポート 掲示板 相場リンク集
メールはこちらまで

相場読本シリーズ Vol.23 → 

パンローリング発行書籍indexへ

相場読本シリーズ一覧へ

個人投資家のための穀物取引入門60問60答でわかるしくみと分析ノウハウ  2003年5月末発売予定!!

定価 本体 2,800円+税 /A5判・222ページ/ISBN 4-7759-9005-5 C2033
編著●渡邉勝方陳晁熙

目次
お申し込みはこちら

こちらをクリックすると40ページ以上立ち読みできます。 (PDFファイル.345KB)>

編著者紹介
渡邉勝方(わたなべ・かつのり)氏

現在 日本ユニコム蝓…敢塞長として市況商品分析、 取引プログラム開発、国内外エネルギーデリバティブ取引に従事。
1982年、東京大学経済学部を卒業後、螢函璽瓮鵑貌社、原油部等にて石油の現物・デリバティブ取引に携わる。 1986~1990年まで米国トーメン社ニューヨークにてNYMEXの石油デリバティブ取引を専任。
著書に「個人投資家のための原油取引入門」(2001年)、「個人投資家のためのガソリン灯油取引入門」、「個人投資家のための貴金属取引入門」(2002年、いずれも小社刊)がある。

共著者紹介
陳 晁熙 (ちん・ちょうき) 氏

現在 日本ユニコム蝓…敢塞副長として市況商品アナリストを務める。日本テクニカルアナリスト協会検定会員。
1986年東京理科大学理学部を卒業後、予備校講師を経て、1990年日本ユニコム蝓貌社、現職に到る。


天候相場・需給相場でダイナミックな値動き!コーン・大豆相場で儲ける方法を公開!

人気の商品先物シリーズ第4弾 コーン・大豆の具体的なトレード戦略が満載だ!
もちろん基礎知識についても解説! 「原油」「ガソリン・灯油」「貴金属」に続く先物取引のためのシリーズ第4弾である。 このシリーズの優れた点は、ただの机上の戦略ではなく、リアルな検証をしっかり行っていることだ。そのうえで、実践的な取引手法を提示していることである。また、その商品(銘柄)を取り引きするに当たって、最初に理解しておかなくてはならない「価格変動のセオリー」と「どんなシナリオで売買を行うべきか」という点も明快だ。 本書の構成はシリーズで統一されている一問一答形式を採用。チャートや図表を多く盛り込み、とても理解しやすい。

最近はめっきりおとなしくなった穀物相場。だが、いったん動きだせばとてつもなく魅力的な相場になるのが特徴だ。そのときのためにも本書で穀物取引を勉強しておくことは、あなたのトレードの大きな力になるはずだ。
また、1996年から1997年に起こった、とてつもない大相場の生々しい記憶を持つトレーダーも多いだろう。天候や気象状況によっては、そろそろ再現もありえる。ベテラントレーダーも本書でいまいちどおさらいをしておいてほしい。

「とうもろこし」は、家畜飼料用、食品加工、燃料用などのアルコール生産、工業用原料などさまざまな用途に使われている。とうもろこしの世界最大の生産国はアメリカで、世界の総生産量の約4割を生産。価格は米国産とうもろこし の作柄や生産地の天候などによって大きく左右される。日本は世界最大の輸入国であり、年間1,500万トン以上ものとうもろこしを輸入しているが、全輸入量の90%近くをアメリカから輸入している。やはり価格動向には注目せざるをえない。 豆腐、しょうゆ、みそなど、日本人にはなじみ深い「大豆」。この大豆の世界最大の生産国もアメリカだ。その生産量は全世界の生産量の約50%を占めるため、大豆価格も米国の生産動向によって大きく左右される。しかも日本は年間500万トンもの大 豆を輸入しているが、このうち75%は米国産大豆なのである。


関連書籍

『個人投資家のための貴金属取引入門』

『個人投資家のための原油取引入門』

『個人投資家のためのガソリン灯油取引入門』


Topへ