パンローリング トップバー パンローリング Top 相場データCD-ROM オプション倶楽部 トレーダーズショップ/書籍、DVD販売 株式コーナー Pan発行書籍 セミナー 相場アプリケーション パンレポート 掲示板 相場リンク集
メールはこちらまで

発行書籍一覧 > 現代の錬金術師シリーズ一覧 > /


上げても下げても「買い」だけで生涯資産を作る 一粒萬倍の株式投資宝典
上げても下げても「買い」だけで生涯資産を作る
一粒萬倍の株式投資宝典
お金の不安から逃れるための実戦マニュアル


著者 松川行雄
定価 2,800円+税
A5判 448頁
2018年9月発売
ISBN 978-4-7759-9161-9

トレーダーズショップから送料無料でお届け

目次

お金の不安から逃れるための実戦マニュアル

やるべきことは、すでに決まっている!

1)何が大事なのか

「株式投資でいかに儲けるのか」という話になると、たいていの場合、手法の話になる。それ自体は、株式投資をするうえで必要なものには違いない。ただ、だからといって、手法だけの話になってしまうのは少し違う。

株式投資の世界で酸いも甘いも経験した人たちにとっては、手法がすべてではないことは常識だ。そう、「運用の決め手は、手法ではなく、ポジション管理にあること」が周知の事実となっているのである。

このように、世間一般の常識が市場の非常識となっているところに大きな問題がある。残念なことに、ここで挙げた例(手法とポジション管理の話)以外にもたくさんある。

2)なぜ宝典なのか

株式投資で結果を残すには、手法だけに詳しくても駄目だし、ポジション管理だけに詳しくても話にならない。総合的に、株式投資のことを知っておく必要がある。

例えば、運用計画がおろそかでは通用しないし、マクロ的な基礎知識も押さえておいたほうがよい。知っておいて損になることはないからだ。

実戦的なことに話題を移すならば、以下のようなことも知っておかねばならない。

このように書くと、株式投資で資産運用を成功させようとするならば、それこそキリがないほどたくさんのことを学ぶことになるのではないかと思うかもしれない。

だが、「株式投資についての知識があればあるほど運用成績が良くなるのか」というと、残念ながらそうでもない。

ならば、実際の資産運用をする場合に、何を、どのくらい知っていたら、最小限のリスクで、最大限のリターンを実現できるのだろうか。それには具体的に、何と何が必要なのかをあらかじめ知っておけば良いのである。その知っておかねばならない情報だけを厳選して、本書では解説している。だから、本書は「宝典」なのだ。ちなみに、宝典とは、「貴重な書物、使って便利・重要な書物」という意味である

3)やるべきことが分かっていれば、株式投資は難しくない

株式投資は、何も難しいものではない。知らなければいけないものだけを理解しておき、やらねばいけないことを決め(=ルール化し)、決めたことを鉄の意志で実行し続けるだけでよいのだ。

本書では、株式投資がよくわからないという人にでも取り組んでもらえるように、巻末には、常習銘柄をまとめた「金閣銘柄リスト、銀閣銘柄リスト」も付けた。

さらに、週単位でのトレードになるが、圧倒的なパフォーマンスを挙げた手法(検証済み)も紹介している。

株式投資の世界で生き残るための方法は、もう目の前にある。今まで、あなたが知らなかっただけのことなのだ。本書で紹介していることを駆使することで、あなたの生涯資産の形成に役立てたら、幸いである。

【本書を読むと可能になること】

◎株式投資の総合的な知識が身につくようになる。
◎「株式投資で知っておくべき知識が何か」がわかるようになる(押さえておくべき知識はそれほど多くない)
◎今まで、なぜ負けていたのか、その原因に気づけるようになる(失敗の主な要因はポジション管理にある)
◎どういう銘柄を買えばよいのかがわかるようになる(金閣・銀閣銘柄リスト)
◎エントリーと決済の考え方がわかるようになる(大三元・逆大三元という手法)
◎IPO銘柄(新規公開して2年以内)の正しい取り組み方がわかるようになる
◎日経平均の週足で判断する圧倒的なパフォーマンスを誇る手法がわかるようになる

著者紹介

松川行雄 (まつかわ・ゆきお)
1958年、横浜出身。上智大卒、ブリヂストン入社。30歳まで金融はズブの素人。一番縁遠かった金融を志し、大和証券に転職。2社在任中、二度の香港駐在、通算8年在住。
バブル崩壊とその後の相場で、とことん痛い目に遭う。93年、本社株式本部に戻り、優秀なアナリスト、エコノミスト、ストラテジストたちから逐一相場の基本を学ぶ。
99年退社まで、米国株の分析・判断で記録的実績を残す。以後、フリー。証券・保険各社からおびただしいセミナーの依頼をこなす。本人としては、個別銘柄の具体的な売買手法が最後まで課題として残ったが、2012年に完成。
2013年、増田経済研究所に参加、4000人の会員に相場判断と投資理論を、わかりやすく教育指導。元本を決め、年率2割のリターン積み上げという仮想運用を実演中。

目次

序 章

第1章 運用計画
第1節 生涯資産の運用計画を立てよ
第2節 株式投資だけが奇跡を現実にする
第3節 長期投資の幻想を捨てよ
第4節 下げ相場でも必ずリターンを取れ
第5節 上げ相場と下げ相場では、買う対象を切り替えよ
第6節 運用の進捗状況を常にチェックせよ

第2章 マクロ判断の予備知識とその準備
第1節 アメリカの呼吸に合わせよ
第2節 実は、日本株のパフォーマンスも劣らないという事実
第3節 はじめに中銀ありき
第4節 連銀に逆らうな
第5節 すでにデフレは脱却している
第6節 長期金利(連銀)と株価(景気)の相関性
第7節 暴落のメカニズムを知る
第8節 人口問題は成長と無関係である
第9節 自由貿易圏は確実に成長に寄与する
第10節 戦争と相場
第11節 災害と相場
第12節 新聞はこう読み、ノートを作れ

第3章 マーケットタイミング(アノマリー)
第1節 アノマリーを記憶せよ
第2節 4年に一度のアノマリー
第3節 年間のアノマリー
第4節 年間のリスクカレンダー
第5節 米国における相場の四半期循環
第6節 決算は魔物である
第7節 月間のアノマリー
第8節 前場・後場の変動特性
第9節 日柄計算〜日柄というアノマリー

第4章 マーケットタイミング(循環理論)
第1節 相場は2つの循環(4波動)で形成される
第2節 先行業種の重要性を知れ
第3節 90年暴落以降の日本は金融相場
第4節 ダウ輸送株指数は世界的な投資の先行指標である
第5節 商品市況(原油、鉄鋼、非鉄金属)は景気の原動力である
第6節 ディープ・シクリカルのまとめ

第5章 定点観測
第1節 チェックポイントは決まっている
第2節 リスクを予告する指標
第3節 マネー循環指標
第4節 売り方・買い方の力関係がわかる需給指標
第5節 その他の定点観測項目

第6章 ポジション管理
第1節 株式保有率とキャッシュ比率の変更基準
第2節 三段攻撃と黄金ナンバー<
第3節 ポジション原則

第7章 銘柄選択
第1節 チェックポイントは決まっている
第2節 大波動銘柄は最初から決まっている 〜母集団を作れ〜
第3節 金閣・銀閣銘柄リスト
第4節 需給で絞り込む
第5節 モーメンタムで絞り込む
第6節 チャートパターンで絞り込む
第7節 できるだけスムーズなチャートを選べ
第8節 美しいチャートが最強のチャートである

第8章 大三元という名のトレーディング手法
第1節 大三元 〜買いシグナル〜
第2節 逆大三元 〜売りシグナル〜
第3節 大三元から逆大三元へ 〜基本パターン例〜
第4節 一度売ったら、次の大三元点灯まで待て
第5節 大三元点灯は執拗に追え
第6節 保有株が急騰した場合の対処法
第7節 標的が急騰した場合の対応
第8節 保有株が急落した場合の対処法
第9節 大三元・逆大三元のまとめ
第10節 強ければ買い増せ
第11節 長打に勝負を賭けよ 〜DDSのケース1〜
第12節 長打に勝負を賭けよ 〜DDSのケース2〜
第13節 長打に勝負を賭けよ 〜DDSのケース3〜
第14節 絶対に安値拾いをするな
第15節 諸注意

第9章 IPOバスケット法
第1節 上場直後は見送れ。ロックアウト後に買え
第2節 IPO銘柄は、必ずバスケットにせよ

巻末付録 金閣・銀閣銘柄リスト

あとがき

袋とじ 圧倒的なパフォーマンスを誇る手法を紹介!

ページのトップへ


関連書籍


「期待値」で考える株式トレード術 増補版

個人投資家のための「市況株」短期トレード

矢口新の短期トレード教室

株式トレード 基本と原則

真・トレーダーズバイブル


トレーダーズショップから送料無料でお届け


ウィザードブックシリーズ - 現代の錬金術師シリーズ - パンローリングライブラリ -
ウィザードコミックス
- 電子書籍 - 投資セミナーDVD - オーディオブック -
トレーダーズショップ 日本最大の投資家向け専門店
-
Copyright (C) Pan Rolling, Inc. All Rights Reserved.