パンローリング トップバー パンローリング Top 相場データCD-ROM オプション倶楽部 トレーダーズショップ/書籍、DVD販売 株式コーナー Pan発行書籍 セミナー 相場アプリケーション パンレポート 掲示板 相場リンク集
メールはこちらまで

発行書籍一覧 > フェニックスシリーズ > /


騎士の掟

騎士の掟

2020年7月発売/A6判 上製 216頁
ISBN978-4-7759-4233-8 C3055
定 価 本体1,800円+税

著 者 イーサン・ホーク
訳 者 大久保ゆう


目次

勲士トマス・レミュエル・ホークの最期の手紙
愛する子へ――豊かに生きるための20の知恵

『騎士の掟』訳者 大久保ゆうのコーンウォール風景案内

俳優イーサン・ホークが贈る、人生がもたらす意味と美しさを描いた珠玉の短編集。

時は15世紀、英国コーンウォールの騎士トマス・レミュエル・ホークは、スローターブリッジの戦いで斃れた323人のうちのひとりだった。戦いの前夜、もう自分が家に戻ることがないと察した彼は、祖父から受け継いだ「騎士の掟」を4人の子どもたちに伝えるべく、遠く離れた戦地で手紙をしたためる。その「掟」は、孤高、謙虚、正義をはじめとする20の項目で構成され、トマスにとって特にかけがえのなかった物語や出来事で綴られていく――遺された子どもたちの人生の道標となることを願って――そして空が白みはじめ朝を迎える……。

本書は、1970年代初頭、オハイオ州のイーサン・ホークの親族の家で発見された古い手紙がもとになっているという。もともとケルノウ語で書かれていたものだが、専門家の逐語訳を経て、ホークの手により復元・編集され、現代の言葉でよみがえった。すべての物語は、東洋と西洋の古代からの教えや哲学、さらには現代の精神的および政治的著作がベースになっている。また、各項目に添えられた鳥の挿絵も、本文とともに発見されたものだが、ホークの妻ライアン・ホークの手により、復元・アレンジが施され収録されている。

ここに収められたすべての物語は、東洋と西洋の古代からの教えや哲学、さらには現代の精神的および政治的著作がベースになっている。古今東西すべての場所と人に通じる、善き人に欠かせない要素だ。イーサン・ホークによれば、「私は常に騎士の概念を愛してきました。それはよい人であることをクールにします。また、私はクールでいい人になることを目指しています」。また、「(この本は)なかなか話題にしにくい道徳的なことを子どもたちと話すためのよいツールになっている」とコメントしている。映画ファンはもちろん、国や文化、年齢、性別を問わず、語り継ぎたい“ひと”にまつわる普遍的な要素がぎっしり詰まった一冊。ハンディサイズでプレゼントにも最適。


著者紹介

Rules for a Knight イーサン・ホーク(Ethan Hawke)
アメリカの俳優・作家・小説家・映画監督。これまでに4度アカデミー賞にノミネートされている(助演男優賞2回・脚色賞2回)。映画『いまを生きる』『リアリティ・バイツ』『ガタカ』『トレーニングデイ』、リチャード・リンクレイター監督の『恋人までの距離(ディスタンス)』の三部作と『6才のボクが、大人になるまで。』で主演をつとめ、近年では是枝裕和監督の『真実』にも出演している。また、小説『痛いほどきみが好きなのに』『いま、この瞬間も愛してる』(ソニーマガジンズ)の著者でもある。4人の子どもたちと、本書のイラストレーターで妻のライアン・ホークとともに、ニューヨークのブルックリンに在住。
原題:RULES FOR A KNIGHT by Ethan Hawke

訳者紹介

大久保ゆう(おおくぼ・ゆう)
フリーランス翻訳家。幻想・怪奇・探偵・古典ジャンルのオーディオブックや書籍のほか、絵画技法書や映画・アートなど文化史関連書の翻訳も手がけ、芸術総合誌『ユリイカ』(青土社)にも幻想文芸関連の寄稿がある。既刊訳書に、ウィットラッチ『幻獣と動物を描く』三部作(マール社)、オーディオブック『○○分でわかるシェイクスピア』シリーズ、『H・P・ラヴクラフト朗読集』1〜3(パンローリング)など。近刊にル=グウィン『現想と幻実』(青土社、共訳)。

本書への賛辞

「心正しく気高く生きるための道しるべ」――ニューヨーカー誌

「ホークの筆が描いているのは、心温まる中世道徳譚だ……読みやすく心にもぐっとくる、若者にも高学年の子どもにもうってつけだ」――パブリッシャーズ・ウィークリー誌

「知識を愛する諸氏なら、西洋・東洋の哲学思想が楽しめよう。しかしこの心揺さぶられる物語に沿ってゆけば、誰でもが楽しめる」――メトロ紙

「人生は贈り物だと高らかにうたう、このホークの知恵の書を熟読すべし」――ブックリスト誌

「娯楽と気づきの両立」――『バッファロー・ニュース』

「食べやすく美味しい読み物……本書は必読。実直な行動も、情熱と意志の後押しがあれば、いかに力強くなりうるかを、あらためて思い知らされることだろう」――『フリーランス・スター』紙


目次

編者まえがき
1 孤高
2 謙虚
3 感謝
4 誇り
5 協調
6 友情
7 赦し
8 誠実
9 勇気
10 寛容
11 忍耐
12 正義
13 気前
14 鍛錬
15 専心
16 言辞
17 信心
18 平等
19 愛情
20 辞世
四十四枝のアカシアの物語詩(バラッド)
騎士たちへの謝辞
訳者あとがき

ページのトップへ


編者まえがき

この手紙が発見されたのは、1970年代初め、オハイオ州ウェインズヴィルほど近くにあるわが一族の牧場の地下室で、曾祖母の葬儀を終えた後のことだった。どうしてそんなところにあったのか、果たして本物なのかについては、まだ定かではないところがたくさんある。とはいえわが一族の主張としては、コーンウォールの貴族ホーク家、特に勲士(サー)トマス・レミュエル・ホークに直接ゆかりあるものだと考えたい。

その貴人は1483年の冬、スローターブリッジの戦いで斃れた323人のうちのひとりだった。この手紙と掟の文言はもともとケルノウ語で書かれていたが、発見時には傷みも激しかった。 そこで不肖わたくしイーサン・ホークがつなぎ合わせ、手を加えて復元したが、その下敷きになったのはミズーリ大学セントルイス校のリンダ・ショー博士の手になる逐語訳である。

なるべく当時のままの雰囲気の再現に努めつつ、自分の子どもたちにもその手紙がわかるよう心がけたつもりだ。誤りが目についてもどうかご容赦願いたいが、その間違いは勲士トマスやショー博士のせいではなく、わたくしの至らぬところだと断っておく。

勲士トマスの思いを伝えようと頑張ったものの、自分ではうまく言い切れないところでは、数多(あまた)の騎士の文から語句の表現・言い回しを借用している(その名前は巻末に掲げさせてもらった)。

挿絵も本文とともに発見されたものだが、妻のライアン・ホークの手で復元・アレンジされてここに収めてある。

ホーク家は元来ホーカー家といい、〈ホーク〉つまりタカやハヤブサなどの猛禽類とともに営んできた家系だった。わが一家も鳥類とともに生きた長い歴史とともにある。

E・H


関連書籍


権力(パワー)に翻弄されないための48の法則

エゴを抑える技術

歴史の大局を見渡す

天才はディープ・プラクティスと1万時間の法則でつくられる

月の癒し

トレーダーズショップから送料無料でお届け