パンローリング トップバー パンローリング Top 相場データCD-ROM オプション倶楽部 トレーダーズショップ/書籍、DVD販売 株式コーナー Pan発行書籍 セミナー 相場アプリケーション パンレポート 掲示板 相場リンク集
メールはこちらまで

発行書籍一覧 > フェニックスシリーズ > /


小児期トラウマと闘うツール

小児期トラウマと闘うツール
進化・浸透するACE対策

2019年11月発売/四六判 344頁
ISBN978-4-7759-4220-8
定 価 本体各2,000円+税

著 者 ナディン・バーク・ハリス
訳 者 片桐恵理子



目次

トラウマ克服に向けた調査と分析の集大成

本書では、小児期の逆境的な体験(Adverse Childhood Experiences:ACE)が、トラウマとしてどれほど深く心身に影響を及ぼすか、そして自らの子どもを虐待するにいたるような深刻なサイクルを打ち破るにはどうすればいいかが解き明かされる。

著者のナディン・バーク・ハリスは当初、多くの患者やその家族に見られる、小児期の有害なストレスと病気との関係を追っていた。やがて、性的暴行により成長が止まってしまった少年ディエゴと出会い、有害なストレスと生涯にわたって現れる病気の関係を確信し、本格的に調べはじめることになる。これが、長期間にわたる調査と研究にもとづき、弱い立場におかれ苦しむ子供に特化した治療実績で医学分野での先駆者とされる著者の出発点となった。

1990年代、米大手保険会社と国立疾病予防管理センターによる1万7000人以上の成人患者を対象にした健康調査は、虐待・ネグレクト、両親の薬物乱用または精神疾患・離婚などによるACEが、人体に長期的な影響を及ぼすことを明らかにする。この調査は、ACEの影響が「どうやって、どの程度」私たちの体に刻まれるのかのメカニズムの解明につながった。ストレス反応や成長速度をはじめさまざまな疾患(糖尿病、喘息、心疾患)にいたるまで、ACEが人間の生体システムを生涯にわたって蝕む可能性が高いこと、そして私たちが誰しも幼少期の環境の影響から免れない存在であることを証明した点で、とくに高い評価を受けている。

その後、サンフランシスコにある自分の小児科医院センター・フォー・ユース・ウェルネス(CYW)と全国の研究施設で調査をおこなった著者は、2015年にTEDトークに出演し大きな反響を呼ぶ。

そして本書では、科学的洞察にもとづき、ACEの原因究明と分析の経緯を力強い文章でつづった。医学的実績に裏付けられているとともに、著者やその夫と4人の子どもたち、また患者の実例をふんだんに引用した革新的な実践書でもある。過酷な小児期を過ごした人々や、彼らを後遺症から救おうとする関係者、そしてなにより愛する家族が生涯にわたる病気を患わないように願う読者から、トラウマの後遺症克服のための犂望の書瓩箸靴涜燭の賛同を得ている。

巻末には実用的な付録「ACEスコアツール」「CYW‐ACE質問票」が付いていて、ACEに初めて触れる読者にもすぐに役立つ1冊。

なお本書は『小児期トラウマがもたらす病 ACEの実態と対策』(2018年、パンローリング)の続編にして医療者による実践編ともいえる。

原書 "The Deepest Well : Healing the long-term effects of childhood adversity" by Nadine Burke Harris


本書への賛辞

「胸の痛む事実を描き、人々の心を揺るがす。ナディン・バーク・ハリスは本書で、『なぜ、自分はこんなふうなのか』と感じる、過去の体験に問題を抱える人々の隠された物語を明らかにする。そして科学に基づき、自分自身を、自分の子供を癒やす解決策を示してみせる」
――ポール・タフ、『成功する子 失敗する子――何が「その後の人生」を決めるのか』(2013年、英治出版)著者

「私たちが直面する極めて深刻な健康上の問題を見事に解き明かし追求する1冊。科学者としての厳格さと、医師としての思いやりを持って、バーク・ハリスは私たちのコミュニティにはびこる弊害の原因を鮮明に描いてみせた。大切な人が苦しんでいるならば、ぜひ本書を読んでみてほしい」
――ブライアン・スティーヴンソン、『黒い司法 黒人死刑大国アメリカの冤罪と闘う』(2016年、亜紀書房)著者

「本書は、この国の恵まれない人々が直面する最重要ともいえる問題――小児期のトラウマ――について書かれた胸が張り裂けるような、しかし素晴らしい本である。思いやり溢れる医師、そして一流の科学者として信念を貫き、バーク・ハリスは個々の物語に触れながら、画期的な研究を撚り合わせていく。私たちの誰もが深刻な問題を抱えており、この問題に取り組まない限り、被害者になるのは子供たちなのだと教えてくれる」
――J・D・ヴァンス、『ヒルビリー・エレジー アメリカの繁栄から取り残された白人たち』(2017年、光文社)著者


著者紹介

ナディン・バーク・ハリス(Nadine Burke Harris)
カナダ・バンクーバー生まれ。センター・フォー・ユース・ウェルネス(サンフランシスコ市、ベイビュー・ハンターズ・ポイント)の設立者兼CEO。幼少期の有害な経験と有害ストレスを後の健康への有害な影響と関連付けた功績で、ニューヨーカー誌などで紹介される。2015年のTEDトーク「How childhood trauma affects health across a lifetime」の再生回数は600万を超えた。2016年にハインツ賞を受賞。ジェームズ・レッドフォード監督のドキュメンタリー映画『Resilience(レジリエンス)』にも登場した。本書が初の著書(書籍)。夫、4人の息子とともにサンフランシスコ在住。

原書 "The Deepest Well : Healing the long-term effects of childhood adversity" by Nadine Burke Harris


目次

序章

第1部 発見
第1章 何かがおかしい
第2章 ストレスホルモン
第3章 40ポンド

第2部 診断
第4章 赤い車と熊
第5章 大きな乱れ
第6章 スキンシップ

第3部 処方箋
第7章 ACEの解毒剤
第8章 実験、反対!
第9章 ガスリー・テスト
第10章 最強の緩衝材

第4部 革命
第11章 満ち潮
第12章 細菌とストレス
第13章 バックミラー

終章
付録


ページのトップへ


関連書籍


小児期トラウマがもたらす病

成功者たちの誘惑術

女性脳の特性と行動

大人の育て方

パートナーの力

トレーダーズショップから送料無料でお届け


ウィザードブックシリーズ - 現代の錬金術師シリーズ - パンローリングライブラリ -
ウィザードコミックス
- 電子書籍 - 投資セミナーDVD - オーディオブック -
トレーダーズショップ 日本最大の投資家向け専門店
-
Copyright (C) Pan Rolling, Inc. All Rights Reserved.