投資家セミナー - Pan Rolling
パンローリング トップバー パンローリング Top 相場データCD-ROM オプション倶楽部 トレーダーズショップ/書籍、DVD販売 株式コーナー Pan発行書籍 セミナー 相場アプリケーション パンレポート 掲示板 相場リンク集
メールはこちらまで
Pan Rolling 投資家セミナー


ETF(上場投信)投資術

元手があんまりかからない、誰にでも簡単に取り組め、手数料がほとんどかからない・・・ そんなワガママを聞いてくれる投資法がありました!

→DVDのお申し込みはこちら

 ● 講師コメント

みなさん、「ベンチマーク」という専門用語をご存知ですか?

ベンチマークというのは、もともとは測量用語で高さの基準値のことを指します。 投資の世界では、ベンチマークとは運用成果(パフォーマンス)を図るための基準となる数値のことです。例えば、日本の株式に投資した際のパフォーマンスを図る基準は、日経平均株価やTOPIX(東証株価指数)がベンチマークになるのです。

さて、あなたは株式に投資して、日経平均株価やTOPIX(東証株価指数)を上回るパフォーマンスを上げる自信はありますか?



衝撃的な数字をお教えしましょう。



日経平均株価の過去3年(2004年3月31日〜2007年3月30日)の騰落率(配当再投資ベース)は

+51.6%  です。

一方、日本の株式を投資対象とする*投資信託614本の過去3年の平均リターンは、

+45.1%

6.5%ポイントも日経平均株価を下回っています。
(*データ:大和ファンドコンサルティング 協会分類: 国内株式型全て)


プロが運用する投資信託でさえ、日経平均株価を上回る運用成績を残すことは相当困難なのです。加えて、投資信託には購入する際に手数料がかかってきます。実質的なファンドのパフォーマンスを知るには、手数料を差し引いた後のものを考えなければなりません。 あなたがよほど運がよければ、日経平均株価やTOPIX(東証株価指数)を凌駕する投資信託にめぐり合うことは可能でしょう。ただし、過去のパフォーマンスは将来のパフォーマンスを保証するわけではありません。

ましてや、個別株への投資となると、銘柄選びから始まり、売買価格の決定、投資金額...、と検討すべきことがたくさんある上、日経平均株価を上回るパフォーマンスを上げる銘柄を探すのは本当に骨が折れます。

実際は、プロでも日経平均株価やTOPIX(東証株価指数)を上回るパフォーマンスを上げるのが難しいのは、すでに見ていただいたとおりです。



そこで、ETF(指数連動型上場投資信託)の登場です。



ETFの詳しい説明はセミナーの場でお話しますが、これは投資信託でありながら、東京証券取引所や大阪証券取引所に上場しており、日経平均株価やTOPIX(東証株価指数)に連動したパフォーマンスを上げるスグレ物なのです。

今回のセミナーでは、そのETF取引の戦術、リスク管理、売買タイミングなどをコンパクトにまとめてお伝えしたいと思います。


いや〜、ワクワクしてきましたね。では、セミナーでお会いしましょう!

ETFって?

【ETFとは「Exchange - Traded Fund」の略で、「(東証や大証などの)取引所で取引きされている投資信託」のこと】「上場投信」とも呼びます。


日経平均株価/日経平均株価連動型ETF(1321)

→連動率はほぼ100%!

(出典:Yahoo!ファイナンス)


■一般の株式と同様、一日中いつでも売り買いができます!

  • 通常の株式と同じように証券取引所の立会時間中は、市場でいつでも売買が可能
  • 成行・指値注文のどちらも可能
  • TOPIXや日経平均などの主な株価指数に連動するようにつくられている
    →値動きや損益の把握も容易

    ■信用取引が可能!

  • 株式と同じように信用取引・貸借取引が可能→取引の利便性は高まります

    ■個別株投資に比べリスク分散効果があります!

  • 株価指数を構成する多数の会社の株式に投資することになるため、個別株投資に比べリスク分散の効果があります。

  •  ● プログラム

      1)ETF(指数連動型上場投資信託)とは何か?
      2)ETFに投資する利点
      3)具体的な3つの投資戦略
      4)マクロ経済を見る際の、最低限押さえるポイント
      5)現在までの成果をご紹介

    (プログラムの詳細)

     1.ETF(指数連動型上場投信)とは

     (1) 仕組み
     (2) 投資信託との違い

     2.ETFの種類

     (1) 国内ETF
        ‘経平均株価連動型
       ◆TOPIX(東証株価指数)連動型
        業種別指数連動型

     (2) 海外ETF
        |楼菠漫織ぅ鵐妊奪ス別
       ◆〇饂坤ラス別

     3.ETF投資戦略

     (1) “ヒラメ戦術”
     (2) 最強の「ドルコスト平均法+“ヒラメ戦術” 」
     (3) 売買タイミング

     4.マクロ経済動向の見方と株価の方向性判断

     (1) 米国経済指標
     (2) 日本の経済指標
     (3) 欧州の経済指標

     5.事例紹介

     6.Q&A

     ● 講師紹介

    南山宏治 (みなみやま・こうじ)

    1985年に大学を卒業後、三菱銀行(現在の三菱東京UFJ銀行)に入社。3年半の国内支店勤務の後、約10年にわたり、ロンドン、サンパウロ等の欧州、中南米の主要金融センターを率先して渡り歩く。 2000年にアメリカのシティグループに移籍。2005年1月より、「35歳で引退するためのセミリタイア資産運用講座 グロスクリエイト」を主催し、金融・経済に関する教育啓蒙活動に従事。豊富な知識と実績を駆使したコンサルティングには定評がある。

    著書の『7戦7勝 10万円から始める南山式ETF (上場投信) 投資術』は、2006年度ブルベア大賞【特別賞】を受賞! 『株3ヶ月で年収の半分を稼いだ南山式投資術』、などがある。


    その他のセミナー