パンローリング トップバー パンローリング Top 相場データCD-ROM オプション倶楽部 トレーダーズショップ/書籍、DVD販売 株式コーナー Pan発行書籍 セミナー 相場アプリケーション パンレポート 掲示板 相場リンク集
メールはこちらまで

発行書籍一覧 > 現代の錬金術師シリーズ一覧 > /


勝てない原因はトレード手法ではなかった FXで勝つための資金管理の技術
勝てない原因はトレード手法ではなかった
FXで勝つための資金管理の技術


著者 伊藤彰洋、鹿子木健
定価 1,800円+税
A5判
2019年9月発売
ISBN 978-4-7759-9170-1

トレーダーズショップから送料無料でお届け

目次著者紹介

損失を最小化し、利益を最大化するための行動理論

◆本当に、手法のせいで負けているのか?

良い手法を手に入れれば、トレードで勝つことができる。そう考えているトレーダーは多いことでしょう。

でも、本当にそうでしょうか? 手法が良ければ、勝つことができるのでしょうか?

冷静になって考えてみると、「100人中100人全員が勝てる手法など、この世にはない」ということがわかると思います。実際、同じ手法を使っているにもかかわらず、結果を出せる人もいれば、そうでない人もいます。その違いはどこにあるのでしょうか?

原因として、「そもそも、その手法が使い手に合っていない」「その手法が機能する場面で使っていない」などが挙げられますが、最大の要因は「資金管理をマスターしていないが故の自滅」と考えることができます。

事実、トレードで破産してしまう人や市場から退く人には「自滅」という共通の特徴が見られます。

甚大な含み損を抱えていることに気づき、恐くなってロスカットし、証拠金のほとんどを失ってしまうケースもあれば、損失を取り戻そうとしてさらにレバレッジを上げてエントリーし、すべてを失ってしまうケースもあります。いずれも自滅です。

損失の話だけではありません。利益を膨らませることができないことについても、資金管理が関わってきます。少しの含み益で満足してしまうなどは、その典型です。抱えているポジションに不安があるから早めに利食いしてしまいたくなるのです。

資金管理がしっかり身についていれば、ポジション保有中にハラハラドキドキすることはありません。なぜなら、納得してリスクを受け入れているからです。もしも、ポジションを持っているときに心が落ち着かないのであれば、それは「資金管理ができていないからだ」と考えてください。

◆ロスカットとは何か?

ところで、「ロスカット」という言葉からは何を連想するでしょうか。一番は「損失」だと思われます。でも、そのイメージは今から捨ててください。 ロスカットとは、損失のようなマイナスの言葉ではなく、必要経費です。もう一度、言います。トレードに「必要」な「経費」です。利益を上げるための素になるものです。

ロスカットという名の経費を使って、ロスカット以上の利益を上げようという行為。それがトレードです。このことをはき違えてはいけません。

ということは、私たちは、「最初にロスカットを決めなければならない」ということでもあります。「ロスカットを決める」という言い方はスマートではないので、「許容損失額を決める」という表現に換えます。つまり、今回行おうとしているトレードについて、必要経費として納得できるリスク(金額)を事前に決めなければならないのです。先述したように、「許容した必要経費を使って、どれだけの売り上げを出すのか」という仕事(=これがトレード)になるからです。

必要経費を先に決めているので、理論上、それ以上の損失にはなりません。仮に、損失になることがあっても、それは許容していた金額のはずなので想定内です。ですから、何も怖れることはありません。

もし、ここで「怖れるようなこと」があるとしたら、それはあらかじめ決めておいたリスクが許容できていなかったことの証拠になります。その場合は、必要経費の設定から見直す必要があります。

◆7つのトレード許可証を伝授

先ほど、「ロスカットという名の経費を使って、ロスカット以上の利益を上げようという行為がトレードである」というお話をしました。

この考え方を身につけるための施策として、今回、「7つのトレード許可証」という概念を取り入れました。トレード許可証,らトレード許可証Г泙如⊇臠屬某覆瓩襪海箸如∋餠盍浜に必要な要素をトレードに取り込めるようになっています。

トレード許可証の要素は、ストップはもちろん、平均コスト、リミット、リスク許容(pips)、リスク許容(金額)、ポジションサイズ、レバレッジ、リスクリワード、指値分散に分かれます。それぞれ、数値を出し、出た結果について納得できればトレード開始という流れになります。

つまり、トレード許可証とは、トレードする前の行動理論&行動手順を示すものと言えます。

「買いサインが出たから買い」「売りサインが出たから売り」という行動に移るトレーダーが大半でしょうが、本来、「買いサインが出たからといって本当に買ってよいのか(売りサインが出たからと言って本当に売ってよいのか)」を吟味する必要があります。エントリーする前に、そこを考えることができる点もトレード許可証のメリットと言えます。

◆資金管理は裏切らない

どんなに素晴らしい手法でも、根底に資金管理がなければ、いずれは崩れ去ります。逆に「これでは勝てないな」と感じていたような手法が、資金管理によって輝き始め、地味でも確実に利益をもたらしてくれるツールに変身することもよくあります。要するに、手法を生かすも殺すも資金管理次第なのです。

資金管理の学びは、私たちを裏切りません。資金管理を学ぶということは、トレードで勝つ方法を学ぶということでもあるのです。しかも、トレードで勝つための最短距離が「資金管理」です。「聖杯」のような絶対に勝てる手法はこの世に存在しませんが、あえて言うなら資金管理こそ聖杯です。

この機会に、資金管理という技術を究めてはいかがでしょうか?


序章 なぜ9割の人が負けているのか?

1)始める前から負けている

FXの世界でよく言われていることのひとつに「実に9割のトレーダーが負けている」があります。これはおそらく事実です。私たちは、このことをきちんと受け止める必要があるでしょう。「自分には関係ない、自分は大丈夫」と考えていると、原因がわからないまま、いつまでも負け続けることになるからです。

なぜ9割ものトレーダーが負けているのでしょうか? もしかすると、私たちは大きな勘違いをしているのかもしれません。負ける人は「エントリーするたびに負ける」と考えるのでしょうが、本当は「エントリーする前から負けている」状態にあるのではないでしょうか?

最近では、20歳以上なら誰でも簡単にFX口座を開設することができるようになりました。口座開設キャンペーンなどもよく見かけます。

口座開設自体はお手軽にできますから、これから「自分のお金を使って、金融市場の海千山千の猛者たちと戦うことになる」という認識はほとんどないでしょう。実際、口座開設を済ませ、証拠金を入金したならば、すぐにエントリーしてみたくもなると思います。

レバレッジやポジションサイズ、損益などの計算ができていなくても、また、損切りや利食いの方法がわからなくても、良いのか悪いのか、プライスボードの売買ボタンをクリックするだけで簡単にエントリーできてしまいます。実際、口座開設後、証拠金の入金を終えると「準備が整った」と勘違いしてしまい、すぐにエントリーしてしまうことがほとんどではないでしょうか? 要するに、何もわからないままトレードを始めることができてしまうわけです。

こういった行動は考えものです。本人は“スタートライン”に立ったつもりでいても、正しいスタートラインをスキップしてしまっています。本来のスタート地点から大きくフライングしているので、遅かれ早かれ退場させられることになるでしょう。

何もわからないまま、何も準備しないまま取引を始めることは最大のリスクです。 資金管理はおろか、FXの仕組みや取引ルール、注文方法、決済方法など、何も理解しないまま始めてしまっていないか、今一度、確認してください。FXのことを十分わかっていない状態で、勝てるはずがありません。

このリスクに気づかない人や、リスクとすら思わず取引を始め、大切な証拠金を失う人を見ると、とても残念に思います。

このように、初心者の多くはFXを安易に考え、「何も学ばずにトレードを始める」という大きなリスクを冒してしまいます。そして、甚大な損失を出してから事の重大さに気づき、初めて学び始めるのです。順番がおかしいですよね。 繰り返しになりますが、無知はリスクです。わからないまま始めることが、入門者や初心者が直面する最大のリスクなのです。このことをまずは理解してください。

2)プロの土俵までのプロセス

トレードに限らず、各分野に共通して言えることは「プロへの道は狭き門」という事実です。 一般に、プロと呼ばれる人たちは過酷な練習や訓練といった下積みを経験し、プロテストなどを受け、ライセンスを手にして、スタートラインに立ちます。 デビュー後も活躍し続けることができるかは、決して保証されてはいません。むしろ、さらなる訓練を継続しないならば、淘汰されてしまいます。

FXトレードの分野ではどうでしょうか? FXトレードの入門ハードルは低いです。誰でも簡単に始められる環境が整っています。 他の分野と比べたとき、あまりにも簡単に始められるからこそ、何の訓練もせず、あまりにも軽率にFXに参入してしまっている、というのが現状ではないでしょうか? FXトレードの世界では、プロもアマチュアも関係ありません。市場には機関投資家やヘッジファンド、インターバンクといったプロ集団がひしめき合っています。 また、個人投資家といっても、大口投資家もいれば、一般の専業トレーダーや副業トレーダー、主婦トレーダーなどさまざまです。

簡単に始められる環境にあるからこそ、簡単に始めてはいけないのです。簡単に始められるということは、それだけ参加者、つまり敵も多いということになるからです。実際、FXはとても過酷な世界です。

何も準備せずリスクを放置した状態でFXの世界に飛び込んでいく。これは勇気ではありません。「無謀」です。どんな世界、またどんな分野でも、真剣に取り組み、必要な知識や考え方を身につけた人だけが生き残っていけることを忘れてはなりません。

プロほどしっかり学びます。
プロほど訓練します。
プロほど真剣に取り組みます。

何も学ばず、何も身につけていない素人がプロにかなうはずがありません。 スポーツの世界では、年代別や性別、体重といった階級別に分けられて戦うことがほとんどです。しかし、FXでは参加者が皆、同じ土俵に立つことになります。そこに容赦や手加減などはありません。

もしもリスクを理解しないままFXを始めたとしたら、どうなるのでしょうか? 例えるなら、素人がプロボクサー相手にボクシングのリングに上がることと似ています。もしくは、素人がF1マシンに乗ってサーキットでレースに挑むようなものです。 結果は言うまでもありません。両者とも、最悪なケースとして命を落としてしまうこともあり得ます。奇跡的に素人が勝つこともあるかもしれませんが、その確率は限りなくゼロに近いです。

先述したように、無知のまま始めること、リスクを放置することが最大のリスクなのです。私たちトレーダーにとっては、まずこのリスクをなくすこと、少なくともリスクを減らすことが必要です。

その一方で「FXの世界は平等」という見方もできます。私たちもプロと同じように稼ぐことができるからです。 FXの世界では、肩書や経験は一切通用しません。普通の主婦でもチーフディーラーに勝つことがいくらでも起こります。

しかし、前提条件があります。それは、資金管理スキルを身につけていることです。センスや勘などではありません。「資金管理こそが唯一プロに勝つ方法」なのです。

3)破産の9割は自滅!

トレードで破産してしまう人や市場から退く人を見ていると、ある共通の特徴が浮かび上がります。それは「自滅」です。自滅の原因は、ファンダメンタルズやテクニカルではなく、資金管理にあります。これは、トレード初級者から中級者まで、広く見られる現象です。

甚大な含み損を抱えていることに気づき、恐くなってロスカットし、証拠金のほとんどを失ってしまうケースもあれば、損失を取り戻そうとしてさらにレバレッジを上げてエントリーし、すべてを失ってしまうケースもあります。いずれも自滅です。 資金管理ができない人は、相場が暴落しても、暴騰しても対応できません。暴落や暴騰は、本来、大きな利益を手にするチャンスになりますが、資金管理ができないと、逆に大きな損失を出すことになったり、利益にするチャンスをみすみす逃してしまうことになったりします。

また、資金管理の欠落は思考を停止させます。思惑と反対方向に大きく動いた場合、恐怖に支配され、もはや冷静にトレードできる状況ではなくなります。損失を確定した後は、エントリーしたことへの後悔、そもそもトレードを始めた自分への自己嫌悪、そして、お金を失ったことについての家族への言い訳が頭を駆け巡るなど、負の感情に支配されてしまいます。

自分の思うようなトレードができず、何連敗もして自暴自棄になる、やみくもにエントリーを繰り返し、大切な証拠金を失うなど、失敗のケースは百人百様です。とはいえ、共通点は、自分を律することができないが故の「自滅」だということです。

競馬やギャンブルでも(FXはギャンブルではありませんが)、初めのうちはコツコツと賭けていたのに、負けがかさむと自暴自棄になってしまい、最終レースやラストゲームで残りの全資金を投じて一発逆転に賭けてしまう、ということがよくあります。自分で自分を律することができずに自滅するパターンです。逆の立場からすると、相手が勝手に負けてくれるのはありがたいことなのです。 ギャンブルに限ったことではなく、スポーツの分野においても、敗因の多くは「自滅」です。

例えば、野球の試合で、投手が極度の緊張やプレッシャーに押しつぶされるケースがそうです。制球が乱れ、フォアボールを繰り返し、押し出しで失点するほか、失投してホームランを浴びるなどのシーンは、まさに典型的な自滅例です。 これは、もはや相手との戦いではなく、自分自身との戦いだということがわかるでしょう。相手に負けたわけではなく、自分に負けたのだとしたら、これほど悔しいことはありません。

プロスポーツ選手はストレッチや準備運動を入念に行い、ウォーミングアップして試合に臨みます。それでも緊張やプレッシャーに打ち勝つことができず、本来の力を発揮することなく負けてしまうこともしばしば起こります。自分との戦いはそれほど厳しいものだということです。

相場でも同じことが言えそうです。ファンダメンタルズやテクニカルとは関係のないところで、ただ自分を律することができなかったために、自ら勝手に負けていくのではないでしょうか。

連敗時のように不調のときほど本当の自分が試されます。実は、不調はチャンスなのです。本来の自分の姿を映してくれるので、そこに向き合って修正すればよいからです。修正とは、細かくいろいろ試すことではなく、基本に戻ることです。

この“基本に戻るという「修正」”を実行できる人が、相場の世界で生き残ることができます。調子の良いときに勝てるのは当たり前です。不調のときにこそ、それが本来の自分自身の実力だと認め、「基本への修正」を意識してください。 「勝つこと」よりも「負けないこと」のほうが難しいですし、それができることこそ、真の強さだと思います。

自分のことを「メンタルが弱い」と思っている人の多くは、実は心が弱いのではありません。資金管理ができていないだけなのです。実際、資金管理が上手にできる人で、メンタルについて悩んでいる姿を見たことがありません。

自滅の原因はメンタルの弱さではなく、資金管理力の欠如です。メンタルを言い訳にしていては、解決方法が見えなくなります。自己啓発書がどれだけ売れても世の中の悩みがなくならないのを見てわかるように、心の問題に解決を求めるのは的外れです。

トレードとは、私たちの心の状態がどうであるかに関わりなく、何度もポジションを持って、利食いや損切りを繰り返していくものです。毎回一喜一憂していては心も持ちませんし、勝ち続けることなど到底できません。ましてや、自暴自棄になって自滅することなど言わずもがなです。

資金管理の学びは、私たちを裏切りません。資金管理を学ぶということは、トレードで勝つ方法を学ぶということでもあるのです。しかも、トレードで勝つための最短距離が「資金管理」です。「聖杯」のような絶対に勝てる手法はこの世に存在しませんが、あえて言うなら資金管理こそ聖杯です。地味で面倒くさそうなイメージが、人々にそれを気づかせないようにしていたのかもしれません。

4)資金管理は土台

FXトレードを始めるにあたり、最初に身につけるべきことは資金管理です。 家を建てるときにも、基礎工事が絶対に欠かせません。それと同じです。資金管理という土台の上にテクニカルを積み上げていくイメージだと考えてください。 土台がしっかりしていなければ、いくらテクニカルを学んでも、学んだことが身についていきません。むしろ、あれもこれもとたくさん学び、高く積み上げれば積み上げるほど、派手に崩れ落ちてしまうでしょう。土台がしっかり構築されていなければ、せっかくのテクニカルも、文字通り、「台無し」となってしまうでしょう。 多くの人がないがしろにしている資金管理こそ、実は、なくてはならない土台です。テクニカル分析を駆使しなくても相場で勝つことはできますが、資金管理ができていなければ、生き残ることはできません。

資金管理というと、一見地味で面倒くさく消極的なイメージを持たれがちです。喩えるなら、誰もが見向きもしない岩、邪魔者扱いされる岩、必要ないと思われている岩、それが資金管理なのかもしれません。

でも、今日限り、その認識は捨ててください。資金管理は最も根底にあって人目につかない土の中に隠れた岩ですが、実は最も大きな岩であり、最も必要不可欠な土台なのです。

このことを理解するには時間が必要かもしれません。大きな失敗を経験しなければ気づけないのかもしれません。

縁があってこの本を手に取ってくださった読者の皆さんには、大切なお金を失ってほしくありません。また、時間を無駄にしてほしくもありません。資金管理の重要性を認識し、相場で生き残ってほしいと心から願うばかりです。

5)リスクを認識することと資金管理の必要性

以下をご覧ください。 これらのことを理解し、資金管理に基づいた行動をしていますか? あなたのリスク管理、資金管理は本当に大丈夫でしょうか?

〜FXを始めるにあたってのリスク〜

◆FXの仕組みを正しく理解していますか?

◆オペレーションシステムについて 少しでも理解が足りなかったり、不安要素があったりするならば、今すぐトレードを中断し、本書を最後まで読み進め、資金管理のことを理解してからトレードを再開することをお勧めします。 まずは自分の現在地を確認して、学びの時間を確保し、正しいスタートラインに立つことから始めましょう。

続いて、次ページをご覧ください。これらのことがトレードにおける本来のリスクです。前述したFXを始める前の潜在リスクとはまた別物です。 2大リスク(始める前のリスクとトレードにおけるリスク)を抱えた状態でトレードを開始することがどれだけ怖いことなのか、おわかりいただけたでしょうか?

以上のようなリスクを最小限に抑えることが資金管理です。 金利や物価、雇用などのいわゆるファンダメンタルズだけでなく、天災、戦争などの地政学的なことも予想不可能なリスクです。リスクがあるからこそ、資金管理が必要になります。 本書ではこれらのリスクに対処できる資金管理の考え方をお伝えしていきます。

6)テクニカルと資金管理

ここでひとつのテーマとして読者の皆さんに問いかけてみたいと思います。本書を読み進める前にご自身で一度考えてみてください。

「テクニカルだけで勝てるのでしょうか?」
「テクニカルはなぜ必要なのでしょうか?」
「資金管理だけで勝てるのでしょうか?」
「資金管理はなぜ必要なのでしょうか?」

これらのテーマについては第1章で扱いたいと思います。

7)正しいスタート地点に立つ

ここまで、FXを始める心構えとして厳しいことを思い切って書きましたが、リスクを十分認識し、資金管理を正しく理解すれば、FXほど優位性のある投資手段はないと思います。

資金管理というスキルは、一度身につけてしまえば忘れることはありませんし、繰り返し学ぶ必要もありません。資金管理の学びにコミットするかしないかの差はあまりに大きいです。

本書を通して資産が増える仕組みを正しく認識していただき、資金管理に基づいた行動を開始していただくことを願っています。


著者紹介

伊藤 彰洋(いとう あきひろ)
2012年よりFX専業トレーダー。FX資金管理.comを運営。資金管理こそがトレードの王道と確信し、資金管理の検証に取り組み、研鑽を重ね、「伊藤式FXトレード資金管理術」として結実。日本全国で開催した資金管理セミナーでは多数の学徒が資金管理により損益の変革を経験した。現在は鹿子木氏と共にFXオンラインコミュニティ「SOPHIA FX」にて講師として活動している。「伊藤式FXトレード資金管理術」「MT4資金管理スクリプト」などを公開している。

鹿子木 健(かなこぎ けん)
株式会社メデュ代表取締役。2002年から不動産、FX、株式など投資全般に取り組む個人投資家。ボリンジャーバンドのみを使ったシンプルで、普遍性、再現性のある「鹿子木式10の勝ちパターン」を考案した。これまで数千人以上が10の勝ちパターンを学び、結果を出している。著書に「一週間でマスターFX入門 なぜ鹿子木式は銀行預金より安全で、不動産投資より稼ぐのか?」(雷鳥社)「サラリーマンでも1年で1000万稼ぐ副業FX」(ぱる出版)などがある。


目次

序章 なぜ9割の人が負けているのか?

 1)始める前から負けている  2)プロの土俵までのプロセス  3)破産の9割は自滅!  4)資金管理は土台  5)リスクを認識することと資金管理の必要性  6)テクニカルと資金管理  7)正しいスタート地点に立つ

第1章 資金管理だけで勝てる理由

第1節 資金管理の真実

第2節 資金管理はコントロールできる
     1)外部要因と内部要因
     2)資金管理は自分でコントロールできるものである

第3節 資金管理の4大要素
     1)3つの実験
     2)何が問題だったのか?
     3)資金管理に欠かせないもの

第4節 資金管理はなぜ必要? 資金管理だけで勝てる?
     1)資金管理だけで勝てるのでしょうか?
     2)資金管理はなぜ必要なのでしょうか?

第5節 資金管理で勝つために必要な勝率とリスクリワードの関係

第2章 プロが教える資金管理の間違い

第1節 「資金管理は守り」という考え方は×
     1)資金管理がなくても大丈夫?
     2)資金管理では勝てない?

第2節 トレーダーには「投資家目線だけが必要である」という考え方は
     1)投資家、経営者、労働者の視点
     2)資金管理に向き合うこと

第3節 「ロスカットは損失」という考えは×
     1)ロスカットを嘆くのではなく、ロスカットに感謝する
     2)自分のロスカット総額を知っていますか?

第4節 「損失を取り戻すのは難しくない」は×

第3章 資金管理で覚えておくべき基礎知識

第1節 理想的な収支曲線を知る
    1)ブレ幅の大きい資産曲線のパターンは×
    2)右肩上がりだが、ブレ幅の大きい資産曲線のパターンは注意
    3)右肩上がりで、かつ、ブレ幅の小さい資産曲線のパターンは◎

第2節 資産増加の正しいイメージを持つ
    1)夢想型
    2)加速型
    3)失速型
    4)右肩上がり型
    5)右肩上がり強化型

第3節 大数の法則と期待値の考え方
    1)大数の法則とは
    2)トレードの期待値について

第4節 モデルケース紹介
    1)モデルケースAさん(サラリーマン、兼業トレーダー)
    2)モデルケースBさん(専業主婦)
    3)モデルケースCさん(年金受給者)
    4)モデルケースDさん(事業家)

第5節 トレード改善方法 〜 PF(プロフィットファクター)の最適化〜
    1)期待値がプラスの手法の場合
    2)期待値がマイナスの手法の場合
    3)複利運用を味方につける

第6節 FXでは証拠金がすべて

第7節 レバレッジとその活用術について
    1)レバレッジとは「借金」のこと
    2)レバレッジとは、キャッシュを確保すること
    3)口座の最大レバレッジが高いと有利に働く
    4)レバレッジは欲望計
    5)レバレッジを上げてもよいときとは?
    6)レバレッジという切り札を味方にする
コラム:トレードの欲

第4章 資金管理の実際に必要な計算式

第1節 大前提:通貨ペアの表記の意味 〜基軸通貨と決済通貨〜
    1)例1:ユーロ/円の場合
    2)例2:ポンド/豪ドルの場合

第2節 期待値の計算方法
    1)期待値を損益で計算したい場合
    2)期待値を値幅(pips)で計算したい場合

第3節 平均コストの計算方法

第4節 ポジションサイズの計算方法
    1)「円」を含む通貨ペアの場合
    2)「円」を含まない通貨ペア
    3)注目ポイント

第5節 レバレッジの計算方法
    1)エントリー時のレバレッジの計算方法
    2)注目ポイント
    3)現在のレバレッジの計算方法

第6節 リスクリワードの計算方法

第7節 損益の計算方法
    1)「円」を含む通貨ペアの場合
    2)「円」を含まない通貨ペアの場合
    3)注目ポイント

第8節 確認テスト

第9節 計算方法のまとめ

コラム:pips表示について

第5章 トレード許可証と実例紹介

第1節 トレード許可証(7つの手順)
   1)トレード許可証 Д好肇奪廚鮹屬 (出口戦略1)
   2)トレード許可証◆平均コストを決める&リスク許容(値幅)が決まる
   3)トレード許可証:リミットを決める(出口戦略2)
   4)トレード許可証ぁД螢好許容(金額)を決める
   5)トレード許可証ァД櫂献轡腑鵐汽ぅ困魴茲瓩
   6)トレード許可証ΑД螢好リワード・レバレッジを計算する
   7)トレード許可証АЩ愧佑鯤散する

第2節 実例
第3節 実例
第4節 実例(実例△離汽屮轡淵螢)
第5節 実例
コラム:トレードでは「万一」を考えてはダメ

第6章 一攫千金を狙うための資金管理の考え方

第1節 建玉の考え方
   1)リスク許容とポジションサイズとレバレッジの関係性
   2)肝となるのはリスク許容(金額&値幅)の取り方

第2節 リスク許容の考え方
   1)チャート時間軸と会社組織
   2)チャート分析時の考え方
   3)リスク許容(ロスカット経費)の考え方
   4)費用対効果

第3節 増し玉の考え方
   1)新規エントリー時の考え方
   2)エントリー後の考え方
   3)補う増し玉
   4)加える増し玉
   5)増し玉の考え方のまとめ

第4節 ピラミッディングをマスターする

第5節 ドルコスト平均法は資金管理の必須知識
   1)ドルコスト平均法とは?
   2)ドルコスト平均法は手法ではなく考え方
   3)ドルコスト平均法による資金管理

コラム:ピラミッディングの罠

第7章 「トレード手法」を「最高のトレード手法」に変えるのは資金管理

第1節 コツコツ負けてドカーンと勝つ
第2節 管理できるもの・管理できないもの
第3節 淡々とトレードする(一定を保つ)
第4節 トレード手法が悪い?(シンプルさを保つ)
第5節 テクニカルを変えるのではなく、資金管理を変える
第6節 実生活でも役立つ資金管理
第7節 トレードで勝ち続けるために

巻末付録 「鹿子木式10の勝ちパターン」と 「勝ちパターン1」について
あとがき


ページのトップへ


関連書籍


「出口」から考えるFX

三位一体のFXトレード理論

「事実」を見てから動くFXトレード

実践 生き残りのディーリング

フルタイムトレーダー完全マニュアル【第3版】


トレーダーズショップから送料無料でお届け


ウィザードブックシリーズ - 現代の錬金術師シリーズ - パンローリングライブラリ -
ウィザードコミックス
- 電子書籍 - 投資セミナーDVD - オーディオブック -
トレーダーズショップ 日本最大の投資家向け専門店
-
Copyright (C) Pan Rolling, Inc. All Rights Reserved.