パンローリング トップバー パンローリング Top 相場データCD-ROM オプション倶楽部 トレーダーズショップ/書籍、DVD販売 株式コーナー Pan発行書籍 セミナー 相場アプリケーション パンレポート 掲示板 相場リンク集
メールはこちらまで

発行書籍一覧 > フェニックスシリーズ > /


クルーシャル・アカウンタビリティ

クルーシャル・アカウンタビリティ
期待を裏切る人、約束を守らない人と向き合い、課題を解決する対話術




同著者著書

2019年6月発売/四六判 392頁
ISBN978-4-7759-4208-6
定 価 本体1,800円+税

著 者 ケリー・パターソン、ジョセフ・グレニー、デビッド・マクスフィールド、ロン・マクミラン、アル・スウィッツラー
訳 者 吉川 南

トレーダーズショップから送料無料でお届け

目次

重要な対話で説明責任をはたし、結果を出すための手法とは

組織や家族が抱える問題の背後には、約束を破ったり、対処を嫌がったり能力が足りないメンバーの存在があります。ルールを破り、あるいは期限や約束を守らないことで、他のメンバーを傷つけるのです。そのうえグループ内で誰も発言せず、責任を負わないことで意思疎通が滞ると、最終的に個々が殻に閉じこもり、自問自答を繰り返すばかり。何の解決にもつながらないばかりか、新たな問題を生むことにもなりかねません。

米国のある研究では、メンバーが解決を目指すことなく失望感をいだき続けて孤立すると、組織なら業績を20から50%低下させ、夫婦なら離婚原因の大半になるとされています。単なる士気低下だけではなく、組織や家族そのものを崩壊させるというわけです。

本書で解説する、重大な場面での説明責任の果たし方は、問題を抱えるメンバーに安心感を与え、行動を促すノウハウであり、関係を害することなく日常的な問題を解決するツールです。

本書では「自己を改善する」「安心感を与える」「行動に移す」の敬構成で、対話の例を数多く示しながら、具体的にどのように話を進めていくべきかを詳しく解説します。

たとえば、「第3章 ギャップを説明する」では、「約束を破る」「義務を果たさない」「不適切な行動をとる」といった“ギャップ”を、いかに本人に自覚させるか、そしていかに不安を覚えさせることなく共通の目的を持つかが語られています。実力を発揮できていないメンバーに、自ら気付き、目標を共有して変化を促すための第一歩をいかに踏ませるかが、最も重要なポイントであることが理解できるでしょう。

また、「第4章 意欲を持たせる」では、一般的に有効と考えられがちな、カリスマ性や権力、報酬に頼るのではなく、自然の成り行きに従いながら、相手の心の状況に合わせて意欲を喚起する方法が説かれています。

なかでも「第5章 容易にする」は、相手の能力や意欲を把握したうえで、その力量に応じたレベルにまでタスクを簡単にすることで、能力の壁を取り除き実行を促すノウハウが語られており、本書の最も特徴的な内容になっています。

最後に、スティーブン・R・コヴィーの『7つの習慣』になぞらえ、ありがちな“12の言い訳”を例示し、その問題点と対策を伝授するための実践例である「第9章 12の言い訳」を読み込んでください。そのうえで、巻末の「付録」で会話スキルを自己診断すれば、あなたの対話能力を最高度に磨き上げ、チェックすることが可能に!

本書を手に取り、組織のコミュニケーション不足を根本的に解決する「クルーシャル・アカウンタビリティ」を具体的に学べるテキストとして、2013年から米国でロングセラーを続けている理由を実感してください。


目次

序 章
第I部 自己を改善する
第1章 話の内容と、それを言うべきかどうかを決める
第2章 正しいストーリーを創る
第II部 安心感を与える
第3章 ギャップを説明する
第4章 意欲を持たせる
第5章 容易にする
第6章 原則を守りつつ、柔軟に
第III部 行動に移す
第7章 プランに同意してフォローアップする
第8章 ひとつにまとめる
第9章 12の言い訳
付録


本書への賛辞

「本書の革命的なアイデアは、人間関係が危機に陥った瞬間こそが、実は飛躍へのチャンスでもあることを示している。本書に盛り込まれた知恵は、さまざまな関係を危機から救うだけでなく、家族、隣人、コミュニティー、職場といった基本的な土台を強化することで、世界はもっと強いものになるだろう」 ――スティーブン・R・コヴィー、
『7つの習慣』著者

「この本が示すツールとコンセプトは、変化に対応して結果を改善するためのリーダーの心構えに抜群の効果をもたらす。本書は責任ある会話をさらに上のレベルへと引き上げてくれるだろう」 ――マイク・レデンバーグ、ベル・ヘリコプターCEO

「誰かに失望させられたとき、人間関係は最大の試練を迎える。しかし、それは大きなチャンスの瞬間でもある。責任ある会話を学べば、人間関係や組織の真の可能性を引き出し、一段とレベルアップさせることができる。率直にものを言うことと、相手に配慮することは、相反することではない。本書はその2つを両立させて、あなたを成功に導くだろう」 ――ケン・ブランチャード、『1分間マネジャー』共著者


■著者紹介

ケリー・パターソン(Kerry Patterson)
受賞歴のある優れた研修プログラムを生み出し、長期的な改革を数多く主導している。2004年には、組織行動に関する傑出した業績が評価され、ブリガムヤング大学マリオット経営大学院のダイアー賞を受賞した。スタンフォード大学で博士号を取得。

ジョセフ・グレニー(Joseph Grenny)
講演者やコンサルタントとして高い評価を受け、過去30年にわたり大規模な企業改革に手腕を発揮している。世界中の貧困者の経済的自立を支援する非営利組織ユナイタス・ラブズの共同設立者でもある。

デビッド・マクスフィールド(David Maxfield)
優秀な研究者、コンサルタント、スピーカーとして定評がある。医療ミスの防止、安全管理、プロジェクト実施に関わる人間行動の役割についての研究をリードしてきた。スタンフォード大学博士課程で心理学を修める。

ロン・マクミラン(Ron McMillan)
講演者やコンサルタントとして高い人気を誇る。コヴィー・リーダーシップ・センターの設立に携わり、研究開発担当副所長を務めた。下位の管理者から一流企業の幹部まで、幅広いリーダーを相手に仕事をしている。

アル・スウィッツラー(Al Switzler)
コンサルタントや講演者として有名で、世界中の一流企業数十社のリーダーを相手に研修や経営管理の指導をしている。ミシガン大学の経営幹部育成センターで教授を務める。

原題:
CRUCIAL ACCOUTABILITY
―Tools for Resolving Violated Expectations, Broken Commitments, and Bad Behavior

ページのトップへ


関連書籍


インフルエンサー

クルーシャル・カンバセーション

思想的リーダーが世論を動かす

「困った人」との接し方・付き合い方

リーダーが覚えるコーチングメソッド

トレーダーズショップから送料無料でお届け


ウィザードブックシリーズ - 現代の錬金術師シリーズ - パンローリングライブラリ -
ウィザードコミックス
- 電子書籍 - 投資セミナーDVD - オーディオブック -
トレーダーズショップ 日本最大の投資家向け専門店
-
Copyright (C) Pan Rolling, Inc. All Rights Reserved.