パンローリング トップバー パンローリング Top 相場データCD-ROM オプション倶楽部 トレーダーズショップ/書籍、DVD販売 株式コーナー Pan発行書籍 セミナー 相場アプリケーション パンレポート 掲示板 相場リンク集
メールはこちらまで

ウィザードブックシリーズ Vol.21

パンローリング発行書籍indexへ  ウィザードブックシリーズ一覧へ


投資参謀マンガー
――世界一の投資家バフェットを陰で支えた男

関連書籍
『完全なる投資家
の頭の中』

定価 本体 2,800円+税
四六判 ソフトカバー 500頁
ISBN4-939103-43-9 C2033 2001年10月発売

著 者   ジャネット・ロウ
訳 者   増沢和美小川卓二新美美葉小山直美松井生子石井 章

●目次

電子書籍版はこちらからどうぞ
(新規タブでamazonのkindle版ページが開きます)


非凡なる戦術家にして、企業経営の魔術師!
バフェットを世界一の投資家にした男とは

 マンガーとは何者か?―――
 投資の教祖ウォーレン・バフェットのパートナーであり、ブレーンである。しかし、この人物について書かれた文章は、これまであまりに少なかった――この本が出版されるまでは……
 実業家であり、弁護士、そしてバフェットのジョークには欠かせない相棒兼引き立て役である。また、一代で億万長者に上り詰めたチャーリー・マンガーはマルチな才能を誇る天才でもある。実際バフェットは、自分に優れたフランチャイズの価値や定性分析の長所を教えてくれたのはマンガーであると、彼に最大の賛辞を贈る。だが、投資界における最も謎に包まれた、そして有名になることを拒み続けた彼に初めて深く切り込んだ本書を読めば、チャーリー・マンガーが世界一の投資家バフェットの単なる陰の男と言うにはほど遠い存在であることが分かる。
 マンガーは非凡なる戦術家であり、企業経営の魔術師であるのだ! そして忘れてはならないのが、ウォーレン・バフェットのプロジェクトへの惜しみない協力だ。素晴らしい才能を持つ2人の男の幸運なる出会いによって、その能力が2倍でなく、4倍にも8倍にもなったことを証明している。その成果が、世界一の投資会社バークシャー・ハサウェイの成功である。

原書:『DAMN RIGHT!

ウォーレン・バフェットが寄せる序文
 1991年の夏の終わり、ソロモン事件に関する質疑に答えるため、私はエド・マーキー議員が議長を務める下院の小委員会に出席した。公聴室はテレビや新聞の記者たちで埋め尽くされており、マーキー議長が最初の質問を発するころ、私の緊張感はいやがおうにも高まっていた。彼が突き止めようとしていたのは、ソロモンが行ったような非難されるべき行為は、ウォール街ではよくあることなのか――つまり、彼の言葉を借りれば「特有のもの(sui generis)」なのか――という点であった。 高校時代、初級のスペイン語でさえモノにできなかったし、ラテン語に及んではからきしダメだったので、いつもならこのような耳慣れない言葉にまごつくところだ。だが"sui generis"は平気だった。なぜなら、私のそばには長年の友人でパートナーである、チャーリー・マンガーという生き字引がいたからだ。 [→全文を読む]


ちょっとしたエピソード
 当時のマンガーが知るすべもないが、1929年のオマハでは、彼の人生を左右する出来事が起きていた。ウォーレン・バフェットはそれについて次のように話す―――。
 私は1929年がとても好きです。なぜなら私のすべてが始まった年なのですから。
 私の父は当時株の営業マンでした。その年の秋に暴落が起きたとき、父は大損をした人に電話をするのが恐ろしくて、午後はずっと家にいたそうです。当時はテレビなんてありません。そんなわけで、1929年の11月30日あたりに私が宿ったというわけです。ですから私は、大恐慌にはなにやら温かいものを感じるのです。 ――『投資参謀マンガー』第3章より


――目次――
第1章 人格のたぐいまれなる組み合わせ
第2章 湖――それはマンガーを映す鏡
第3章 ネブラスカの人々
第4章 戦争を乗り越えて
第5章 人生の再スタート
第6章 マンガーが築いた最初の富
第7章 偉大なる二つの頭脳の融合
第8章 公平の精神――法律事務所の最高峰
第9章 作業部屋のような事務所でホイーラー・マンガー社を経営する
第10章 ブルーチップ・スタンプス社
第11章 シーズ・キャンディーの教訓
第12章 べラス医師事件
第13章 バッファロー・イブニング・ニューズ
第14章 チャーリー・マンガーの貯蓄貸付組合業界との闘い
第15章 バークシャー・ハサウェーの飛躍
第16章 1990年代のバークシャー――パワーの構築
第17章 ソロモン・ブラザーズ
第18章 ささやかなメディア帝国――デイリー・ジャーナル・コーポレーション
第19章 グッド・サマリタン病院を通じた社会貢献
第20章 投資界の良識ある重鎮
第21章 収穫のとき
付録



第9章 ウォーレン・バフェットに学ぶロバート・ハグストロームの『株で富を築くバフェットの法則』P.220

関連書籍


賢明なる投資家

賢明なる投資家
【財務諸表編】

バフェットからの手紙[第3版]

最高経営責任者バフェット

麗しのバフェット銘柄

【関連情報】
マンガ―のヨット会社
Ocean Channel Adventures


→ ご購入はトレーダーズショップからどうぞ!!
Topへ