パンローリング トップバー パンローリング Top 相場データCD-ROM オプション倶楽部 トレーダーズショップ/書籍、DVD販売 株式コーナー Pan発行書籍 セミナー 相場アプリケーション パンレポート 掲示板 相場リンク集
メールはこちらまで

通勤のお供に投資の仲間たち携帯版を 携帯版 投資の仲間たち

パンローリング 投資の仲間たち

浜口準之助New 林知之優利加太田 創羽根英樹 |  村居孝美 鎌田傳 片岡俊博 ニック 青木智(株の達人)

million club hilton webinar faber report 【オプション倶楽部】OP売坊戦略コース バカラ村式 FX短期トレードテクニック 225オプションディレクトツールキット たけぞうの50億稼いだ男のメルマガ 石原順のメルマガ マーケットの極意 bbtk custom chart パンローリングチャンネル


開催予定のセミナーDVD一覧お買い物ブログのホームに戻る

浜口準之助
浜口準之助 黄金サイクルと農耕民族型投資戦略 約15年にわたり機関投資家のファンドマネージャーとして株式運用に従事。信託銀行などで主に年金資金の日本株運用を行う。その後約14年にわたり投信運用会社にて投資環境のセミナー講師に携わる傍ら個人投資家として株式運用を行い、「億り人」の仲間入りを果たす。「浜口流コア・サテライト戦略」を提唱し自らも実践している。「醍醐味に満ちたライフワークとして、株式投資に勝るものなし」との基本観から、個人投資家に実践的な株式投資手法の研究を続けている。 社団法人日本証券アナリスト協会検定会員。主な著書に『黄金サイクルと農耕民族型投資戦略』(パンローリング刊)、ブログ 浜口準之助のテツ・ホテル・グルメ・株式運用 をほぼ毎日更新中、こちらでは旅の話もしている。
浜口流コア・サテライト株式運用戦略の実践

第73回 日経平均がバブル後高値を上回る!

02月26日

浜口です。さて、まずは今回も定点観測を。前回の当ブログのアップ日(2024年2月16日)以降の「浜口流コア・サテライト戦略」銘柄について、左は株価が2月15日時点、右は2月22日時点のデータです。


コア・サテライト戦略 株式銘柄群


この期間の断面で見れば、商社株・銀行株とも上昇していることがわかります。この期間は大量の外人買いがあり、業種問わず買われたことが背景にあると思われます。

ここ二週間で一月で私が行った売買は、既保有銘柄を30%売って、東京エレクトロンとアドバンテストを組み入れました。これは前回のブログで書いた通りです。

デイトレについては、引き続きわずかな回数を小ロットで行った程度です。私の現在のデイトレは、保有している現物株の中から寄り前の気配が低いものを買いから入るスタイルであるため、いわゆる「寄り天」になると良くないわけです。従い、ここのところは、デイトレは小さなロットで、非常に慎重に行うに留まりました。


デイトレ銘柄


日本株の相場観については、長期的には今回も基本、変化なしです。日本は、景気後退になる可能性は低く、米国のインフレ懸念は日本に脱デフレをもたらし、加えて海外観光客の増加等、経済再活動につながり、今年年前半にかけ、日本株はここで紹介している高配当バリュー株を中心とした、堅調な相場展開を予測しています。「浜口の相場観は、いつも同じだよな」と受け止められている向きも多いことでしょう。しかしながらこのことは、現在の日本株市場が私が想定した通りに推移している証左と受け止めていただきたいと思います。

以下にお示しする2月22日時点の8316三井住友FGの株価推移からも見て取れますが、同銘柄はここもと、新高値をうかがう展開になっている状況が見て取れます。この背景については、今の私の個人ブログを確認ください。


8316三井住友フィナンシャル・グループ
8316 三井住友フィナンシャル・グループ



日経平均がバブル後高値を上回る!



さて、ここからは今回のテーマ、「日経平均がバブル後高値を上回る!」について。まずは私の個人ブログをご覧ください。


日経平均最高値!

これは2月23日の日経新聞第1面。もちろん備忘録入りだろうな。

いつかこの日を迎える事はわかっていた。

日本の経済が正常化したということだ。

これからだ。



背景には、エヌビディアの決算が良かったことがありますね。


エヌビディア、初の世界一
日本経済新聞


以上です。なお皆さんの株式運用は、くれぐれも自己責任でお願いします。ここは再強調させていただきます。今回はこの辺で。みなさんの株式運用の参考になれば幸いです。


第72回 銀座の投資家バーで講演会を実施 / AI(人口知能)

02月16日
浜口です。さて、まずは今回も定点観測を。前回の当ブログのアップ日(2023年2月5日)以降の「浜口流コア・サテライト戦略」銘柄について、左は株価が2月2日時点、右は2月15日時点のデータです。


コア・サテライト戦略 株式銘柄群


この期間の断面で見れば、商社株・銀行株とも上昇していることがわかります。この期間は大量の外人買いがあり、業種問わず買われたことが背景にあると思われます。
ここ一月で私が行った売買は、特にありません。

デイトレについては、引き続きわずかな回数を小ロットで行った程度です。私の現在のデイトレは、保有している現物株の中から寄り前の気配が低いものを買いから入るスタイルであるため、いわゆる「寄り天」になると良くないわけです。従い、ここのところは、デイトレは小さなロットで、非常に慎重に行うに留まりました。


三菱UFJフィナンシャルグループ


日本株の相場観については、長期的には今回も基本、変化なしです。日本は、景気後退になる可能性は低く、米国のインフレ懸念は日本に脱デフレをもたらし、加えて海外観光客の増加等、経済再活動につながり、今年年前半にかけ、日本株はここで紹介している高配当バリュー株を中心とした、堅調な相場展開を予測しています。「浜口の相場観は、いつも同じだよな」と受け止められている向きも多いことでしょう。しかしながらこのことは、現在の日本株市場が私が想定した通りに推移している証左と受け止めていただきたいと思います。

以下にお示しする2月15日時点の8316三井住友FGの株価推移からも見て取れますが、同銘柄はここもと、新高値をうかがう展開になっている状況が見て取れます。


8316三井住友フィナンシャル・グループ
8316 三井住友フィナンシャル・グループ


しかし同時に私はこのたび、相場に対する考え方について大きく修正するにいたりました。
ここから1年程度AI(人口知能)バブルが来ると現状、考えています。それに対応するため、私は現在のポートフォリオから主に商社セクターを減らし、8035東京エレクトロン、6857アドバンテストをポートフォリオの30%から50%組み入れる方針としました。以下に両銘柄のチャートを示します。


8035東京エレクトロン
8035 東京エレクトロン



6857アドバンテスト
6857 アドバンテスト


8035東京エレクトロンは半導体製造装置、いわゆる「前工程」、6857アドバンテストは半導体のテスター、いわゆる「後工程」です。米エヌビディアのテスターとして優秀ということで知られています。

銀座の投資家バーで実施した講演会



さて、ここからは今回のテーマ、「2月11日に浜口が銀座の投資家バーで講演会を実施」について。

なんで私が相場観を変えたのか。それは以下の
「浜口凖之助は本物か!?日本株座談会を緊急開催YouTubeをアップしました。」の中で詳しく説明していますので、ぜひ動画をご覧ください。





今回は、本当に大きな相場見通しの修正です。みなさん、かならずこのリンクを見てくださいね。

以上です。なお皆さんの株式運用は、くれぐれも自己責任でお願いします。ここは再強調させていただきます。今回はこの辺で。みなさんの株式運用の参考になれば幸いです。


第71回 第三四半期の決算発表が始まる

02月05日
浜口です。さて、まずは今回も定点観測を。前回の当ブログのアップ日(2023年12月25日)以降の「浜口流コア・サテライト戦略」銘柄について、左は株価が1月19日時点、右は2月2日時点のデータです。


コア・サテライト戦略 株式銘柄群


この期間の断面で見れば、商社株はわずかな下落、銀行株は上昇していることがわかります。商社株のわずかな下落は、PBR一倍割れの銘柄が多い銀行株に資金が移動したことが背景と現状、考えています。

ここ一月で私が行った売買は、特にありません。

デイトレについては、引き続きわずかな回数を小ロットで行った程度です。私の現在のデイトレは、保有している現物株の中から寄り前の気配が低いものを買いから入るスタイルであるため、いわゆる「寄り天」になると良くないわけです。従い、ここのところは、デイトレは小さなロットで、非常に慎重に行うに留まりました。


8306三菱UFJフィナンシャル・グループ


日本株の相場観については、長期的には今回も基本、変化なしです。
日本は、景気後退になる可能性は低く、米国のインフレ懸念は日本に脱デフレをもたらし、加えて海外観光客の増加等、経済再活動につながり、今年年前半にかけ、日本株はここで紹介している高配当バリュー株を中心とした、堅調な相場展開を予測しています。「浜口の相場観は、いつも同じだよな」と受け止められている向きも多いことでしょう。しかしながらこのことは、現在の日本株市場が私が想定した通りに推移している証左と受け止めていただきたいと思います。

以下にお示しする2月2日時点の三井住友FG(8316)の株価推移からも見て取れますが、同銘柄はここもと、新高値をうかがう展開になっている状況が見て取れます。この背景については、今の私の個人ブログを確認ください。


8316三井住友FG三井住友FG(8316)


8031三井物産 第3Q決算が発表されましたね。
【8031】三井物産の3Q決算。成長投資は順調に進むというが

8316三井住友FG 第3半期決算が発表されましたね。
【8316三井住友FG】業績好調みたいだな。目標株価9,000円台後半は魅力を感じるな。

3Q累計の最終利益は前年同期比18.2%増の6423億円……
【8411】みずほFGの3Q決算。想定以上というが

さて、ここからは今回のテーマ、「第三四半期の決算発表が始まる。/2月3日に浜口がTwitterで行った「Space」について。

第三四半期の決算発表が始まる



前者については、2月4日現在、私の個人ブログで上記の通りアナウンスしています。今後、決算発表があれば、引き続きブログにアップしていきます。

三井住友FG(8316)については、すぐ上にアップしていますので、省略します。
さて、「2月3日に浜口がTwitterで行ったSpace」について。以下のQ&Aがありました。

Q:日本製鉄によるUSスチールの買収はどうなるか?

浜口:トランプ氏が大統領になった場合、USスチールの買収は許さないと言っていますが、むしろそのほうが良いと思いますね。日本製鉄はもともと現在の株価の4割上で買おうとしているから、これは割高過ぎ。従い、買収は許さないという判断になっても、ネガティブな反応にはならないと思います。

Q:ネット銀行をどう考えるか?

浜口:おススメできません。理由は、
[濘頁枦でない
∈8紂⊃邑減少が見込まれる中、おそらくは国内でしか展開できていないネット銀行には投資する理由に乏しい
G枦利回りで、投資妙味に欠ける・・・と考えます。

以上です。なお皆さんの株式運用は、くれぐれも自己責任でお願いします。ここは再強調させていただきます。今回はこの辺で。みなさんの株式運用の参考になれば幸いです。




2024年前半の日本株投資戦略

01月22日
浜口です。さて、まずは今回も定点観測を。前回の当ブログのアップ日(2023年12月25日)以降の「浜口流コア・サテライト戦略」銘柄について、左は株価が12月29日時点、右は1月19日時点のデータです。


コア・サテライト戦略 株式銘柄群


この期間の断面で見れば、商社株・銀行株とも上昇していることがわかります。

ここ一月で私が行った売買は、特にありません。

デイトレについては、引き続きわずかな株数を小ロットで行った程度です。私の現在のデイトレは、保有している現物株の中から、寄り前の気配が低いものを買いから入るスタイルが基本であるため、いわゆる「寄り天」になると良くないわけです。従い、ここのところは、デイトレは小さなロットで、非常に慎重に行うに留まりました。


8306三菱UFJフィナンシャル・グループ


日本株の相場観については、長期的には今回も基本、変化なしです。
日本は、景気後退になる可能性は低く、米国のインフレ懸念は日本に脱デフレをもたらし、加えて海外観光客の増加等、経済再活動につながり、今年年前半にかけ、日本株はここで紹介している高配当バリュー株を中心とした、堅調な相場展開を予測しています。「浜口の相場観は、いつも同じだよな」と受け止められている向きも多いことでしょう。しかしながらこのことは、現在の日本株市場が私が想定した通りに推移している証左と受け止めていただきたいと思います。

なお、現在テクノロジー株が大幅上昇していますが、私はこれら銘柄には組しません。現在保有している銘柄で十分儲かっている一方、私自身が分析面で優位性を持っていない業種の保有には消極的だからです。

以下にお示しする12月26日時点の三井住友フィナンシャルグループ(8316)の株価推移からも見て取れますが、同銘柄は長期トレンドこそ右肩上がりを維持していますが、9月半ば以降は調整局面となっています。この背景については前述していますので、再度ご確認ください。



8316三井住友FG
三井住友FG(8316)


1月21日に行ったX(Twitter)のスペース内容



さて、ここからは今回のテーマ、「1月21日に行ったX(Twitter)のスペース内容」について。
私は1月21日夜8時から1時間、「今年前半の日本株投資戦略」と言うテーマでX(Twitter)でスペースを行いました。そこで出てきた質問の主なものについて、どうお答えしたかとをここで説明したいと思います。




Q: ゆうちょ銀行についてどう考えるか?

浜口: ゆうちょ銀行は、預金金額では日本一ですが、大規模法人に融資することが不可能であり、現状、運用はほとんどが国債で行われています。国内金利が低いことからもわかる通り利益率も低く、累進配当ではないため、この銘柄に投資する価値は乏しいと考えます。

Q: テクノロジー株についてどう考えるか?

浜口: 確かに昨年後半以降、テクノジー株がバリュー株をアウトフォームしている状況です。ただし私はあくまでバリュー株投資家ですし、2024年に関してはテクノロジー株とバリュー株が循環物色されると考えています。皆さんは1989年、日本株のバブルの時のPERをご存知ですか?約70倍です。一方で人気のテクノロジー銘柄については、半導体検査装置の6758アドバンテストのPERは70倍台、米エヌビディアに至っては338倍ですから、この業種を買う気になりません。割高だと考えます。

Q: 浜口さんは、長期投資として三菱UFJ銀行を薦めていないにもかかわらず、デイトレはもっぱら三菱UFJ銀行で行っている理由はなんですか?

浜口: 昨年の銀行株は、前半は上昇局面だったものの、9月以降は、高値持ち合いの状況です。そんな中、3メガ銀行の中で最も寄り付き天井になりづらい銘柄が三菱UFJ銀行だからです。

もっとも、最近の私は、寄り付きから買いを入れていません。5分足で株価を見ながら、もし寄り付き天井であれば、株価が下げ止まったと思われた段階で成り行き買いを行っています。この方法が現状、1番合理的と考えます。


以上です。なお皆さんの株式運用は、くれぐれも自己責任でお願いします。ここは再強調させていただきます。今回はこの辺で。みなさんの株式運用の参考になれば幸いです。


第69回 12月30日に浜口がTwitterで行ったSpace内容

01月05日
浜口です。あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
さて、まずは今回も定点観測を。前回の当ブログのアップ日(2023年12月25日)以降の「浜口流コア・サテライト戦略」銘柄について、左は株価が12月15日時点、右は12月29日時点のデータです。


コア・サテライト戦略 株式銘柄群


この期間の断面で見れば、商社株・銀行株ともほぼ横ばいであることがわかります。
ここ一月で私が行った売買ですが、三菱商事と三井物産の比率を大きく下げ、その分を銀行株に当てています。両者がPBR 1倍を上回っている一方、メガバンク株はPBR1倍を下回っているからです。PBR一倍割れ撲滅運動が東証のもとに発表され、それを金融庁はお墨付きをつける中、銀行は金融庁に逆らうことができませんから、銀行株に優位性があると思い、こういった入れ替えを行いました。

一方、日本株のマーケット地合いは目先的には良くないと思われたことから、デイトレについては、わずかな回数を小ロットで行った程度です。私の現在のデイトレは、保有している現物株の中から寄り前の気配が低いものを買いから入るスタイルであるため、いわゆる「寄り天」になると良くないわけです。従い、ここのところは、デイトレは小さなロットで、非常に慎重に行うに留まりました。


8306三菱UFJフィナンシャル・グループ三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306)


日本株の相場観については、長期的には今回も基本、変化なしです。日本は、景気後退になる可能性は低く、米国のインフレ懸念は日本に脱デフレをもたらし、加えて海外観光客の増加等、経済再活動につながり、今年年前半にかけ、日本株はここで紹介している高配当バリュー株を中心とした、堅調な相場展開を予測しています。「浜口の相場観は、いつも同じだよな」と受け止められている向きも多いことでしょう。しかしながらこのことは、現在の日本株市場が私が想定した通りに推移している証左と受け止めていただきたいと思います。

以下にお示しする12月26日時点の三井住友FG(8316)の株価推移からも見て取れますが、同銘柄は長期トレンドこそ右肩上がりを維持していますが、9月半ば以降は調整局面となっています。この背景については前述していますので、再度ご確認ください。

さて、ここからは今回のテーマ、「12月30日に浜口がTwitterで行ったSpace内容」について。
私は12月30日夜8時から1時間、「今年の振り返りと来年前半の日本株投資戦略」というテーマでスペースを行いました。そこで出てきた質問の主なものについて、どうお答えしたかとをここで説明したいと思います。

Q:日野自動車が上がっていないが、今後の展望は。

浜口:日野自動車については、


【好印象】7205日野自動車の個人投資家向け説明会に参加してきたけどな


昨日、日野自動車の個人投資家向け説明会に行ってきました。
私は、国土交通省が日野自動車の業務改善命令を受け入れて、日野自動車が元に戻るのはいつか?と質問をしました。
これに関しての社長の説明は、「これは国土交通省が決定することであり私自身が言及する立場にはないが、個人的には、1年先ぐらいだろう」とのことでした。
まあ、好印象ではありましたね。これを受け私は、乗せ玉するタイミングを図ります。


に書いてある通りですが、残念ながら年内に国土交通省からのアナウンスがありませんでしたね。でもこれは時間の問題で再生防止策は認められ、最も売れ筋であるエンジンを積んだ車の再生策が認められる事は間違いありませんから、もうしばらくお待ち下さい。

Q:三井住友信託銀行についてどう思うか。こちらも累進配当を標榜しているが。

浜口:三井住友信託は、私が以前ファンドマネージャーをしていたところですが、奇遇ですね。今日その先輩に昼会ってきました。兼ねてから彼は、ここは三井住友FGと合併すると言われていて、もしそれが実現したならば、合併比率は1:1ということですから、これが実現すれば、株価はかなり値上がりすると思う。仮に値上がりしないとしても、現在のPR 0.7倍、配当利回り4.06%を考えると、投資対象として入れていいと思いますね。

Q:最近、銀行株の株価が冴えないように思えるが、どう考えるか?

浜口:おっしゃる通りですが、アメリカの長期金利が下がっていることが影響していると思います。加えて、これは期間限定と思いますが、ここもとの円高がネガティブに影響しています。銀行も海外部門で相当稼いでますからね。円換算した利益が減少している。ただ今後については、アメリカは金利を下げる予定なわけですから、それはアメリカの景気浮上効果につながる。そうなると米国の金利も上がってきて、日米金利差拡大で円安・ドル高になるし、金利が上昇するから国内長期金利もその影響を受けて上昇し、ひいては銀行株価の上昇につながる。そう考えますので、現在の銀行株の株価が冴えない状況は期間限定だと考えていまして、まだお持ちじゃない方は絶好の買い場だと考えます。

それにしても437人、そしてそれ以降の録音も含めると1339人というから、結構な人数聞いてもらえたわけでね。

以上です。なお皆さんの株式運用は、くれぐれも自己責任でお願いします。ここは再強調させていただきます。今回はこの辺で。みなさんの株式運用の参考になれば幸いです。

ページのトップへ

浜口準之助氏の著書

黄金サイクルと農耕民族型投資戦略


過去のブログ

  • 23年11月
  • 23年10月
  • 23年09月
  • 23年08月
  • 23年07月
  • 23年06月
  • 23年05月
  • 23年04月
  • 23年03月
  • 23年02月
  • 23年01月
  • 22年12月
  • 22年11月
  • 22年10月
  • 22年09月
  • 22年08月
  • 22年07月
  • 22年06月
  • 22年05月
  • 22年04月
  • 22年03月
  • 22年02月
  • 22年01月
  • 21年12月
  • 21年11月
  • 21年10月
  • 21年09月
  • 21年08月
  • 21年07月
  • 21年06月
  • 21年05月
  • 21年04月