パンローリング トップバー パンローリング Top 相場データCD-ROM オプション倶楽部 トレーダーズショップ/書籍、DVD販売 株式コーナー Pan発行書籍 セミナー 相場アプリケーション パンレポート 掲示板 相場リンク集
メールはこちらまで

通勤のお供に投資の仲間たち携帯版を 携帯版 投資の仲間たち

パンローリング 投資の仲間たち

浜口準之助New 林知之優利加太田 創羽根英樹 |  村居孝美 鎌田傳 片岡俊博 ニック 青木智(株の達人)

million club hilton webinar faber report 【オプション倶楽部】OP売坊戦略コース バカラ村式 FX短期トレードテクニック 225オプションディレクトツールキット たけぞうの50億稼いだ男のメルマガ 石原順のメルマガ マーケットの極意 bbtk custom chart パンローリングチャンネル


開催予定のセミナーDVD一覧お買い物ブログのホームに戻る

浜口準之助
浜口準之助 黄金サイクルと農耕民族型投資戦略 約15年にわたり機関投資家のファンドマネージャーとして株式運用に従事。信託銀行などで主に年金資金の日本株運用を行う。その後約14年にわたり投信運用会社にて投資環境のセミナー講師に携わる傍ら個人投資家として株式運用を行い、「億り人」の仲間入りを果たす。「浜口流コア・サテライト戦略」を提唱し自らも実践している。「醍醐味に満ちたライフワークとして、株式投資に勝るものなし」との基本観から、個人投資家に実践的な株式投資手法の研究を続けている。 社団法人日本証券アナリスト協会検定会員。主な著書に『黄金サイクルと農耕民族型投資戦略』(パンローリング刊)、ブログ 浜口準之助のテツ・ホテル・グルメ・株式運用 をほぼ毎日更新中、こちらでは旅の話もしている。
浜口流コア・サテライト株式運用戦略の実践

第5回 いよいよ「ワクチン相場」に突入か?

05月31日
浜口です。今回はまず、前回の当ブログのアップ日(2021年5月19日)以降の「浜口流コア・サテライト戦略」銘柄フォローを行います。株価は、5月28日時点が最新データです。



このたび、サテライト銘柄として、9201 日本航空(以下、JALと略す)を加えました。タイトルにあります通り、日本株はいよいよ、「ワクチン相場」に突入しつつあると考えるからです。その恩恵を受ける銘柄として、JALは適しているなと考えます。

空運株に投資するのであれば、JALかANAの二択になると思いますが、JALです。理由は、JALは海外運航部門の比率がANA比較で低いためです。ワクチン接種率増加に伴う空の便の旅客移動は、国内が先行し、海外は遅れることになると考えます。

それ以外のここに掲載されている銘柄については、株価が一部、上下しているものもありますが、基本的には持続で問題ないと思います。



これはモルガン・スタンレーMUFG証券の海運株アナリスト尾坂さんの5月28日付レポート。重要な箇所は、ピンクのマーカーを引いています。中でも、「21年度1Q決算では、海運各社の業績上方修正が期待される」とある点が注目されます。21年度1Qは今年の4月〜6月であるため、決算発表時期は7月であると想定されます。

さて、前回ご紹介した投資戦略、「商船三井ロング・日本郵船ショートの株式運用戦略商船」については、両銘柄のさやが拡大中です。



5月28日時点では、商船三井の株価は4,375円、一方で日本郵船は4,500円と、株価の単純比較では125円ほど、日本郵船の株価が高い状況です。前回レポート発行日(5月18日)の両銘柄の終値比較では、さやが105円ほど拡大しています。 このポジションについては、前回のレポートでも書いた通り、逆張りの形でポジションを段階的に増やしていって良いと考えます。その増やし方については、投資資金の額、さやに対する相場観等含め、みなさんの考えに委ねたいと思います。

なおグラフは過去3カ月の商船三井と日本郵船の株価を示したものです。グラフは日経SmartChartPLUSを用いて、概ね、重なるように作っています。
日経SmartChartPLUS

さて、ここからは今回のメインテーマ、「いよいよワクチン相場に突入か?」について考えてみたいと思います。



これは大和証券のストラテジスト、木野内さんの5月27日付レポート。「日本でもワクチン相場開始のサイン点灯」と。参考になると思います。ピンクのマーカー部分をご覧ください。

世界的に、ワクチン接種回数が人口比で8%を越えた段階から景況感が良くなる。それにより、株式市場はワクチン相場が始まるとのことです。そして日本も昨日(5月26日)、その段階を迎えたとのこと。違和感ないシナリオですね。

要は「後出しジャンケン」みたいなものです。すでにワクチン接種が先行した英米の例が参考になります。英米が先行して景気回復・株価上昇局面を迎えていますが、東京株式市場もこれを後追いすると考えます。この点については、当ブログで5月11日に書いた第3回「時間の問題でワクチン相場に突入、その場合の本命はJAL・ANAか」でも説明していますので、こちらも併せてお読みください。

ブログの第3回では、「日本株については、ここもとの景気敏感バリュー株相場についてはどこかで一服する場面があるかもしれませんが、9月か10月位から再加速する可能性が高いと考えます。この再加速する時期は、前倒しになるかもしれません。相場は、現状でイメージで可能な先行きを、常に前倒しで織り込みに行くからです」と書いています。これについて、現状私は、この「前倒し織り込みシナリオ」に向かう可能性が高いと考えます。

以上です。今回はこの辺で。みなさんの株式運用の参考になれば幸いです。

なお皆さんの株式運用資産運用は、くれぐれも自己責任でお願いします。

第4回 商船三井ロング・日本郵船ショートの株式運用戦略

05月19日
浜口です。

今回はまず、前回の当ブログのアップ日(2021年5月7日)以降の「浜口流コア・サテライト戦略」銘柄の定点観測を行います。株価は5月18日引け値を用いています。



注目されるのは、配当利回りです。コア3銘柄の利回りが高いのは言うを待ちませんんが、サテライトである日本郵船と商船三井の配当利回りも上がってきました。両銘柄とも業績好調に伴い、増配を発表したからですね。サテライト銘柄はキャピタルゲインを狙うのが主目的ではありますが、これは嬉しい話です。

ここに掲載されている銘柄については、株価が一部、上下しているものありますが、基本的には持続で問題ないと思います。ここのところの業績見通しや株価の変化については、前回の当ブログ記事で説明していますので、そちらをご確認ください。

さて、ここからは今回のメインテーマ、「商船三井ロング・日本郵船ショートの株式運用戦略」について考えてみたいと思います。コア・サテライト戦略の区別では、サテライト戦略の毛色も変わったものとご理解ください。



グラフは過去3カ月の商船三井と日本郵船の株価を示したものです。
グラフは日経SmartChartPLUSを用いて、概ね、重なるように作っています。
日経SmartChartPLUS

これを見ると、両銘柄の株価は趨勢的に上昇しているとは言え、その上昇度合いはその局面その局面において差が出る時がある。例えば、これは終わってからわかることですが、今年の4月13日ごろ(黄色線の部分です)は、商船三井の株価は日本郵船に対しかなり割負けていたけれども、これがGWごろにかけて挽回してきた。つまり4月13日ごろのタイミングで「商船三井ロング日本郵船ショート」のロング&ショート戦略をしかけていれば、GWごろには利食いできたわけです。そしてここもと、同様に両銘柄の「さや」は開き、再度、仕掛けのタイミングを迎えていると、私は考えています。

両銘柄とも先週に決算発表を行い、似たような前期業績・今期業績見通しを出しています。これは見方を変えれば、両銘柄とも一イベント終わった状況であり、当面は両銘柄の個別材料は足下で出にくい状況。そんな中でさやが開いているわけですから、当ロング&ショートを仕掛けるのにも、良いタイミングだなと考えるわけです。

昨日(5月18日)の両銘柄の終値は、商船三井が4,395円、+85円、一方で日本郵船が4,415円、+ 140円なので、昨日も「さや」が開いていることがわかります。一方で、両銘柄とも株価は近い水準にあることから、1回の仕掛けについては、両銘柄とも素直に同株数で行えばいいと思います。 さて、以下、注意点をいくつか。

仕掛けるタイミングは、両銘柄と同時になる「引け成り」がベスト。
仕掛けについては何度かに分けて、逆張り的に建玉を増やしていくのがいい。
利食いの手仕舞いタイミングもやはり「引け成り」がベスト。

以上です。今回はこの辺で。みなさんの株式運用の参考になれば幸いです。

なお皆さんの株式運用資産運用は、くれぐれも自己責任でお願いします。





第3回 時間の問題でワクチン相場に突入、その場合の本命はJAL・ANAか

05月11日
浜口です。
今回はまず、前回の当ブログのアップ日(2021年4月27日)以降の「浜口流コア・サテライト戦略」銘柄フォローを行います。株価は、5月7日時点が最新データです。



三井住友FG・めぶきFGとも、コア銘柄としてはまずまず。株価は2021年3月の新コロ暴落後底打ち、ここもとはGW明け以降、堅調な動き。問題なし。持続です。



サテライト銘柄の日本郵船と商船三井は、ここもと、株価は新高値更新中。問題なし。まだ相場から降りるところではない。持続です。




商船三井と三菱商事は、決算発表に関連してちょっとドラマがありました。以下、説明します。



商船三井。4月30日正午に決算発表があり、前場に大幅高していた株価は一転、後場寄り付きに急落。しかしそれから5分経過した頃から株価は再度上昇に転じ大幅高。引け値は結局4,320円、前日比210円高(+5.02%)でした。

決算発表時、商船三井の社長は「保守的な予想ではあるが……」とコメントしながらも、来期業績について日経にあるような減益見通しを発表。一方でこの日の引け後、MorganStanley MUFG証券の海運株アナリスト尾坂さんが海運業界レポートをリリース。以下にこのレポート内の、商船三井の決算に関する要点を列記します。ピンクのマーカー部分ですね。



  • 事前想定どおりの「保守的」な21年度会社計画が公表された。
  • 「ONE」は21年ガイダンス未公表、詳細な前提値が不明。
    商船三井については、(本日後場の急落をもって)「悪材料出尽くし」で、海運業界の強気スタンスを継続。


要は、「ONE」は21年ガイダンス未公表な中、商船三井が公表した25%減益見通しについては、社長自ら「保守的」と言ってる。アナリストも尾坂さんはじめ、他の面々もあらかた「保守的」と書いてる。「保守的」ということで、社長もアナリストも一致してるのなら……その通りなんでしょうね。株価はそれを織り込んだ展開になったということです。



なお「ONE」については、4月27日付け当ブログの第2回 「浜口流コア・サテライト戦略の投資比率、そして日本郵船の株価見通し」をご覧ください。また当決算発表に前後しての商船三井株の動きについては、浜口準之助のテツ・ホテル・グルメ・株式運用の「2021年4月30日 日本郵船と商船三井、引けてみたら、共に年初来高値更新だったな」も参考にしてください。

さて、一方で、コア銘柄の中で驚かされたのは三菱商事。金曜日午後2時ごろ決算発表があり、主に子会社のローソン減損処理から、20年度決算は純利益が68%減とのことで、株価は急落しました。本件については、配当は前期と据え置き。減益は一時的なもので、来期以降は「いつもの三菱商事」に戻ると考えます。コア銘柄として長期保有で問題ないと考えます。MorganStanley MUFG証券の総合商社株アナリスト渡部さんのレポートも参考にしてください。

さて、ここからは今回のメインテーマ、「ワクチン相場」について考えてみたいと思います。



5月8日付日経一面にある通り、国内でも6月からいよいよ、本格的な新コロワクチン接種が始まります。「7ヶ月程度で接種を終える計算」というから、6月開始だと12月には接種が終わることになります。米英では、ワクチン接種率が50%を超えたあたりから景気回復が鮮明化しだしました。この状況を日本に当てはめると、9月か10月頃と考えられます。ここもとの景気敏感バリュー株相場については今後、どこかで一服する場面があるかもしれませんが、9月か10月位から再加速する可能性が高いと考えます。この再加速する時期は、前倒しになるかもしれません。相場は、現状でイメージ可能な先行きを、常に前倒しで織り込みに行くからです。

このような中、日本郵船と商船三井は引き続き投資妙味が大きいと考えますが、どこかで日本の空運株にも出番がくると考えます。JALは5月7日に決算発表がありました。来期の業績は未定と言うアナウンス。これだけを見るとポジティブな印象はありませんが、間違いなく言えることは。日本も海外先進国にワンテンポ遅れながらも、国を挙げてワクチン接種を着実に進めていく。その中で日本の空運株にもやがて、投資機会が出てくる。そう考えます。J.P.Morgan証券の空運株アナリスト姫野さんのレポートも参考にしてください。



グラフは、かたや米国の大手空運会社・アメリカン航空、かたや日本のJALの2年足です。両銘柄とも、新コロ暴落後の2020年5月から6月の安値を起点にすると、5月7日現在の株価上昇率はアメリカン航空が266%である一方、JALは71%にとどまっており、JALの出遅れ感が顕著です。

この理由は明らかです。



米国ではワクチン接種が進んでいるため、飛行機による人の移動が日本に先行して活発化している。日本はワクチン接種が遅れている現状から、JALの株価は低水準に位置しているということです。投資家の立場からは、この状況を逆手に取ってやれば良いんだろうな考えます。ここからは、アメリカン航空よりもJAL(ANAでもいいです)に投資するほうがいい。相場の上値余地が大きいということです。

以上、説明したきたことを踏まえると、JAL・ANAの株価が上昇に転じるのは時間の問題です。私は、JAL・ANAの株価が take offするタイミングを見極め、優れたサテライト銘柄として投資したいなと考え、試し玉を入れています。

以上です。今回はこの辺で。みなさんの株式運用の参考になれば幸いです。
なお皆さんの株式運用資産運用は、くれぐれも自己責任でお願いします。

ページのトップへ

浜口準之助氏の著書

黄金サイクルと農耕民族型投資戦略


過去のブログ

  • 22年10月
  • 22年09月
  • 22年08月
  • 22年07月
  • 22年06月
  • 22年05月
  • 22年04月
  • 22年03月
  • 22年02月
  • 22年01月
  • 21年12月
  • 21年11月
  • 21年10月
  • 21年09月
  • 21年08月
  • 21年07月
  • 21年06月
  • 21年05月
  • 21年04月