パンローリング トップバー パンローリング Top 相場データCD-ROM オプション倶楽部 トレーダーズショップ/書籍、DVD販売 株式コーナー Pan発行書籍 セミナー 相場アプリケーション パンレポート 掲示板 相場リンク集
メールはこちらまで

通勤のお供に投資の仲間たち携帯版を 携帯版 投資の仲間たち

パンローリング 投資の仲間たち

浜口準之助New 林知之優利加太田 創羽根英樹 |  村居孝美 鎌田傳 片岡俊博 ニック 青木智(株の達人)

million club hilton webinar faber report 【オプション倶楽部】OP売坊戦略コース バカラ村式 FX短期トレードテクニック 225オプションディレクトツールキット たけぞうの50億稼いだ男のメルマガ 石原順のメルマガ マーケットの極意 bbtk custom chart パンローリングチャンネル


開催予定のセミナーDVD一覧お買い物ブログのホームに戻る

塩坂洋一


ロビンスカップの日本版オンライン商品先物競技会にMystery Tigerのハンドルネームにて、第1回大会では297%の運用成績で4位、第2回大会では30%で8位、第3回大会では499,84%(半年で元本は六倍、同期間の日経平均はマイナス19.3%)の収益率で優勝するなど、素晴らしい運用成績を収めた真の実力者。株式先物・商品先物トレードの傍ら、業界紙への寄稿やラジオでもマーケットコメンテーターとして活躍。豊富な実践ノウハウを有しており、現在ではポピュラーとなったシーズナル分析、限月別アノマリー分析の先駆者として有名。日本テクニカルアナリスト協会検定会員。

『投機術・覚書』

ポイントその後

05月28日
さて、連休中のポイントのところから、更新がだいぶ開いてしまった。

相場は生活の中で様々な要因が働き何が幸いや禍になるか分からない。
私に限って謂えば、今回は他の要因が幸いなものとなった。

本欄でも時折紹介することがあるが、BAB出版の月刊誌、月刊秘伝に
ここ1年半ほど隔月で“合気”書簡問答という連載を持っているが、
6月中旬に発行される2012年7月号で本編の最終回を迎えるにあたり、
その最終稿の締日への仕上げや対談日程、また、横浜の瀬戸神社に
於ける奉納演武、稽古指導などで忙しく、相場建玉はちょうど釣竿の
先に浮をつける如く、市場の流れを感じ計る意味で、最小限の建玉で
泳いでいた。

実際に出たのは5/18からで、全て買いから入っている。

幾つかの中から、ある某社に於ける推移は以下。

1.ガソリン・12年11限・買・2012/5/18・11:25・ザ・1・\61,890
2・ガソリン・12年11限・買・2012/5/18・11:54・ザ・1・\61,990
3.ガソリン・12年11限・買・2012/5/23・17:33・ザ・1・\61,510
4.ガソリン・12年11限・買・2012/5/24・03:26・ザ・1・\61,100・- ---\0\0\0 \0
5.ガソリン・12年11限・買・2012/5/24・17:00・ザ・1・\60,940・- ---\0\0\0 \0
6.ガソリン・12年11限・買・2012/5/24・22:51・ザ・1・\61,230
7.ガソリン・12年11限・買・2012/5/25・17:30・ザ・1・\61,860・- ---\0\0\0 \0

1.ガソリン・12年11限・売2012/5/24・17:01・ザ・1・\60,880・\-50,500・\900・\44・\-51,444
2.ガソリン・12年11限・売2012/5/24・17:00・ザ・1・\60,960・\-51,500・\900・\44・\-52,444
3.ガソリン・12年11限・売2012/5/23・17:40・ザ・1・\61,740・\11,500 ・\900・\44・\10,556
ガソリン・12年11限・売2012/5/25・09:31・ザ・1・\61,760・\26,500 ・\900・\44・\25,556

帳尻-67,776
値洗+94,500
合計+26,724

\61,100、\60,940、\61,860、3単位(枚)を持って若干プラスの状態である。
逆張りパターンで入ったパフォーマンスは誉められたものではないが、なんとか
形にはしたというところである。

振り返れば、何が正解だったかは一目瞭然である。

結局、一番の正解は、「小刻み」04月16日の日記で書いた ・・・

>むしろ、本日の陰線で超短期の戻りが早くも終わり、逆にこのあとの夜間で窓開けの
>下げや70,000円割れを見るとすスッポ抜ける懸念が出てくるので、途転売りに転ずる
>ことも厭うべきではなくなる。

●4月16日の翌日に70,000円切ったところから素直に途転売りをしていれば
よかったということになる。
しかし、頭で分かっていても、1月から大勢買い方針で大きくとってきた
身体に染みついた癖が、買でとったあとの途転売りで往復をうまく取ろうとする
心を止めた、、、といったことになるのである。

●05月06日の日記では目標値65,000円というところが翌日7日、一気に実現したが、
さすがに大陰線1本で仕掛けるところではなく、65,000円を3日ほど固めることが
出来るか否か、それを見ているうちにまた7日安値64,120円を下切ってきたので、
見送り。ここ(11日)でも本来は「売り追撃」が正解であるが、1,000円〜2,000円の
戻りを取ろうとの不埒な考えがあった為に、買はしなかったが売りもしなかったという
ことになった訳である。

●では5月18日から買い出動した理由は何か。
詳細は端折るが、この先限大陰線は関門観測法で止足になる可能性(確率)が比較的
高かったことが一つ。そこで見越し買で少し早く出動した。
もう一つの大きな理由が当限となっている6月限の価格帯別出来高より、当限の
64,310円が底に届いた確率が高かったことである。(その後、6月限はこの18日を
底値として反発し、納会を迎えていた)また、ここでも65,000円という数字が
一つのキーポイントとなっている。

その後、5/18の買玉は損切(60,990ロスカット)を入れつつ、建玉の入れ替えが
成るようにBOX注文操作、一部は小利食いが入っている。
途中、23日に63,000円台に戻ったところで利食っていれば、楽チンだったのだが、
このときは63,500円以上に利食い注文を出し放しにしてあったので入らずに下落、
結果的にロスカットとなっている。(2単位)
当限要因(底値)を踏まえ、24日〈チャート上は25日夜間罫線)関門観測法
(18日からの)が活き返る陽線先取りにより買い直し。

さて、11月限の3単位限在買玉だが負けない内に利食うのも良いが、そもそもの
戻りがあれば、真空地帯(価格帯別出来高を見ればよい)を埋めて、62,500円〜63,000円〜
64,000円が見えている(と決め打つ)相場で対応。
其々の玉は適値にロスカットは入れておくが、シナリオ通りなら、当初答えベストの
「途転売り」の取り分には及ばないものの、ベターの64,120円割れ追撃売りに
相当する利食い分くらいにはなる計算である。

正解だった「途転売り」を逃したものの、対して相場に張り付かないで行なう
遊泳建玉としては、こんなところでもよいのではないかと思っている。

5/28 AM0:40記
コメント投稿

ポイント

05月06日
さて、4月16日以来の更新であるが、東京ガソリンは前回述べた・・・

>むしろ、本日の陰線で超短期の戻りが早くも終わり、逆にこのあとの夜間で窓開けの
>下げや70,000円割れを見るとすスッポ抜ける懸念が出てくるので、途転売りに転ずる
>ことも厭うべきではなくなる。

このあと、翌17日の罫線が「70,000円割れ」となり、そのあと70,000円台に戻したが
71,000円を超えられずに69,000円台に再突入した4月24日からは途転売りの相場になった。
個人的にはGW入りを控えて、上下に振ってくる輩がいる可能性を考え、ポジションは
とらずに静観していたが、結果的には少しタイムラグをおいて、海外発でスッポ抜けた
印象である。さて、週明けは売られるのであるが、当初(4/16日記時点)のスッポ抜けた
場合の目標予想値は65,000円であった。
一気に来る、あるいは行き過ぎもあるかと思うが、そこで逆張りの網を張る作戦で
1,000円〜2,000円の幅を頂くという方針でよいだろう。
コメント投稿
ページのトップへ

関連する商品:

塩坂氏の書籍

賢者の商品先物トレード


塩坂氏のオススメ
セミナーDVD

林則行氏のセミナーDVD
公式化したシンプルな
相場アプローチ


塩坂氏のセミナーDVD

DVD 日本古来のテクニカル分析 罫線売買法セミナー

DVD チャンピオントレーダーのトレード技術 【罫線の実践法】

DVD リアルマネーコンテスト優勝者が語る勝利の投資術


オーディオブック

マーケットの魔術師
日出る国の勝者たち Vol.01
『勝ち組のディーリング』

CD版 / ダウンロード版


過去のブログ

  • 14年07月
  • 14年01月
  • 13年10月
  • 13年09月
  • 13年08月
  • 13年05月
  • 13年02月
  • 12年12月
  • 12年11月
  • 12年10月
  • 12年09月
  • 12年08月
  • 12年07月
  • 12年06月
  • 12年05月
  • 12年04月
  • 12年03月
  • 12年02月
  • 12年01月
  • 11年11月
  • 11年09月
  • 11年08月
  • 11年07月
  • 11年06月
  • 11年05月
  • 11年04月
  • 11年03月
  • 11年02月
  • 11年01月
  • 10年12月
  • 10年11月
  • 10年10月
  • 10年09月
  • 10年08月
  • 10年07月
  • 10年06月
  • 10年05月
  • 10年04月
  • 10年03月
  • 10年02月
  • 10年01月
  • 09年12月
  • 09年11月
  • 09年10月
  • 09年09月
  • 09年08月
  • 09年07月
  • 09年06月
  • 09年05月
  • 09年04月
  • 09年03月
  • 09年02月
  • 09年01月
  • 08年12月
  • 08年11月
  • 08年10月
  • 08年09月
  • 08年08月
  • 08年07月
  • 08年06月
  • 08年05月
  • 08年04月
  • 08年03月
  • 08年02月
  • 08年01月
  • 07年12月
  • 07年11月
  • 07年10月
  • 07年09月
  • 07年08月
  • 07年06月