パンローリング トップバー パンローリング Top 相場データCD-ROM オプション倶楽部 トレーダーズショップ/書籍、DVD販売 株式コーナー Pan発行書籍 セミナー 相場アプリケーション パンレポート 掲示板 相場リンク集
メールはこちらまで

通勤のお供に投資の仲間たち携帯版を 携帯版 投資の仲間たち

パンローリング 投資の仲間たち

浜口準之助New 林知之優利加太田 創羽根英樹 |  村居孝美 鎌田傳 片岡俊博 ニック 青木智(株の達人)

million club hilton webinar faber report 【オプション倶楽部】OP売坊戦略コース バカラ村式 FX短期トレードテクニック 225オプションディレクトツールキット たけぞうの50億稼いだ男のメルマガ 石原順のメルマガ マーケットの極意 bbtk custom chart パンローリングチャンネル


開催予定のセミナーDVD一覧お買い物ブログのホームに戻る

太田 創

1985年に関西学院大学卒後、三菱銀行(現在の三菱東京UFJ銀行)に入社。その後約10年にわたり、ロンドン、サンパウロ等の欧米の主要金融センターで資金ディーラーとしてトレーディング業務に従事。1998年の帰国後から、現三菱UFJ国際投信/シティグループ/UBS/フィデリティ投信/GCIに勤務。資産運用業界での経験は30年以上。現在は一般社団法人日本つみたて投資協会・代表理事。公式サイト

著書の『 7戦7勝 10万円から始める南山式ETF (上場投信) 投資術』(あっぷる出版社)は、2006年度ブルベア大賞【特別賞】を受賞! 他著書に『毎月3万円で3000万円の「プライベート年金」をつくる 米国つみたて投資』(かんき出版)、『DVD 米国つみたて投資』(パンローリング)。

関連する商品:

太田 創 の「英語で読み解くクールな世界金融経済」

22年は見方割れる:NYダウ最高値ー下げない米株」 22年は見方割れる

12月30日
今日の一文です。

====
米株式市場でダウ工業株30種平均が11月以来の最高値を更新した。2021年は新型コロナウイルスの変異型の感染拡大やインフレ懸念などを抱えながら、投資マネーは株式市場に流入し続けた。
====

↓↓

===
The Dow Jones Industrial Average hit its highest level since November. Money continued to flow into the stock market in 2021, despite the spread of the coronavirus variants and concerns about inflation.
===

What will happen in 2022?
コメント投稿

日本企業のESG債発行、6割増の2.4兆円

12月29日
今日の一文です。

====
2021年はESG(環境・社会・企業統治)を重視する企業や投資家の行動が資金調達にも大きく影響した。
====

↓↓

===
In 2021, the actions of ESG (Environmental, Social and Corporate Governance) oriented companies and investors had a significant impact on fundraising.
===

Is it true? ESGはバズワード(Buzz word)ですからね。
コメント投稿

銀行員、新興企業で修業

12月27日
今日の一文です。

====
三菱UFJ銀行はスタートアップへの出向を通じ、異なる就業文化やスピード感を体感させる。銀行を取り巻く環境が厳しい今の時代。働く意義は何か、外から再発見を促す。
====

↓↓

===
MUFG Bank has been seconding its employees to startups to have them experience a different working pace and culture, which is much speedier than the bank. As the banking industry in Japan faces a tougher environment now, the bank encourage them to learn the outside world so that they can perform better.
===

そもそも、給与が保証されている銀行からの出向じゃあ、退路を断つことはできない(笑)。
コメント投稿

22年度成長率、3.2%に上方修正

12月23日
今日の一文です。

====
政府は23日、2022年度の国内総生産(GDP)成長率を物価変動の影響を除いた実質で3.2%とする経済見通しを閣議了解した。
====

↓↓

===
On 23rd, the Japanese government approved an economic forecast of 3.2% real gross domestic product (GDP) growth in fiscal 2022, excluding the effects of price changes.
===

数字自体は悪くない
コメント投稿

ダイハツ、30年には新車全て電動化

12月21日
今日の一文です。

====
ダイハツ工業は20日、30年には国内新車販売をハイブリッド車(HV)を含めて「100%電動車にする」目標を掲げた。
====

↓↓

===
On Monday 20th, Daihatsu Motor Co. announced that it set a target of "100% electric vehicles" including hybrid vehicles (HV) for new car sales in Japan in 2030.
===

自転車に限らず、自動車はほぼ電動化だろうね。
コメント投稿

22年は日本株優位の声

12月18日
今日の一文です。

====
2022年はグローバル株式市場の中で日本株が優位になるーー。新型コロナウイルス禍から世界が一段と正常化へ向かう中、日本の成長加速や企業業績の改善を追い風にした株高期待が海外勢から強まっている。
====

↓↓

===
Japanese stocks will dominate the global stock market in 2022. As the world moves toward further normalization from the new coronavirus disaster, overseas investors are increasingly expecting stock prices to rise on the back of accelerating growth and improving corporate earnings in Japan.
===

そう、なってほしいですね。

コメント投稿

ステーブルコイン包囲網

12月16日
今日の一文です。

====
ドルや円など既存の法定通貨に価値が連動する「ステーブルコイン」と呼ばれるデジタル資産に対し、主要な国や地域の当局が規制導入の動きを加速している。
====

↓↓

===
Authorities in major countries and regions are accelerating their efforts to introduce regulations on digital assets called "stabled coins," whose value is linked to existing legal tender such as the dollar and yen.
===

法定通貨との動きが、常に1:1であればSCは不要かな 。
コメント投稿

マリオット、高級ホテル全方位

12月14日
今日の一文です。

====
米マリオット・インターナショナルなど外資系のホテルが日本で相次ぎ開業する。インバウンド(訪日外国人)の人気が高いにもかかわらず高級ホテルが手薄な「空白地帯」で新市場を築く。
====

↓↓

===
Foreign-affiliated hotels, including Marriott International of the United States, are opening in Japan. They will create a new market in the "blank zone" where luxury hotels are few in spite of the high popularity of inbound by foreign visitors to Japan.
===

国内旅行者にも喜ばれる
コメント投稿

「荒れる市場」常態化の予兆 米株傾斜の個人に試練

12月12日
今日の一文です。

====
「世界的に株式のボラティリティー(価格変動率)が切り上がるのを覚悟しておく必要がある」。
====

↓↓

===
You must get ready for more volatile global stock markets kicking in.
===

ちょっと、違うかな? 株式市場はいつでもボラタイル(volatile=変動が大きい)ですよ。

コメント投稿

S&P500種は最高値 CPI大幅上昇は想定内で

12月11日
今日の一文です。

====
多くの機関投資家が運用指標とするS&P500種株価指数も反発し、前日比44.57ポイント(1.0%)高の4712.02で終えた。11月18日以来となる過去最高値を更新した。
====

↓↓

===
The S&P 500, a benchmark for many institutional investors, also rebounded, closing at 4712.02, up 44.57 points, or 1.0%, from the previous day, hitting a record high for the first time since Nov. 18.
===

やっぱり、S&P500で十分かな?
コメント投稿

日銀買わずも上がらぬ金利

12月08日
今日の一文です。

====
長期金利が低くとどまっている。世界ではインフレが加速し日本でも物価上昇圧力は高まっている。日銀は国債購入を大幅に減らし、事実上の「金融緩和縮小」に動く。
====

↓↓

===
Japan's long-term interest rates have remained near-zero. Inflation is accelerating around the world, and upward pressure on prices is increasing in Japan as well. The Bank of Japan will drastically reduce its purchases of government bonds, effectively tapering monetary easing.
===

それでも、金利は上がらない。
コメント投稿

NYダウ ことし最大の値上がり オミクロンへの警戒感和らぐ

12月07日
今日の一文です。

====
週明け6日のニューヨーク株式市場は、新たな変異ウイルス、オミクロン株が世界経済に及ぼす影響への警戒感が和らいで買い注文が膨らみ、ダウ平均株価は終値でことし最大の値上がり幅となりました。
====

↓↓

===
The Dow closed the week with its biggest gain of the year, as buying orders swelled on the NYSE on Monday, as caution over the impact of the Omicron variant on the global economy eased.
===

結局、微動だにせず。 (笑)
コメント投稿

CNN fires Chris Cuomo

12月05日
今日の一文です。

====
CNN said Saturday that anchor Chris Cuomo has been "terminated" by the network, "effective immediately."
====

↓↓

===
米CNNは、同局トップのアナウンサーあるクリス・クオモ氏を解雇したと発表した。
===

理由等、 詳しくはこちら。

↓↓

https://edition.cnn.com/2021/12/04/media/cnn-fires-chris-cuomo/index.html
コメント投稿

米社債に「カナリアの警鐘」

12月04日
今日の一文です。

====
米国の社債市場で警戒感がじわり増している。金融環境の悪化を知らせる「炭鉱のカナリア」と呼ばれる低格付け債の価格は年初来安値を更新し、国債に対する利回り差(スプレッド)も拡大する。
====

↓↓

===
U.S. corporate bond markets have been rattling. High yield bonds prices, known as the "canary in the coal mine" that signal a worsening financial environment, have hit a new low since the beginning of the year, and the yield spread against government bonds is widening.
===

Probably not. Look
at this.

https://fred.stlouisfed.org/series/BAMLHYH0A1BBTRIV



コメント投稿

野村證券に投信販売の最前線を聞く

12月02日
今日の一文です。

====
野村證券は、個人向けの営業体制を抜本的に改革し、資産運用について顧客のバランスシート全体に対するアドバイスを行う高付加価値のアドバイスを顧客サービスの中核に据えた営業を目指している。
====

↓↓

===
Nomura Securities has fundamentally reformed its sales structure for individual clients with high-value-added advices for clients' asset management, looking at their entire balance sheets as its core services.
===

No way! Who shows your entire assets to the broker?

コメント投稿
ページのトップへ

太田 創氏の著書

毎月3万円で3000万円の「プライベート年金」をつくる 米国つみたて投資

筋肉バンカー沢村大輔 《誕生編》

筋肉バンカー沢村大輔 《円安編》

お金持ち入門 資産1億円を築く教科書

ETF投資入門 上場投信・徹底活用ガイド

7戦7勝 10万円から始める南山式ETF (上場投信) 投資術

株3ヶ月で年収の半分を稼いだ南山式投資術


太田 創氏のDVD

DVD ETF(上場投信)投資術〜戦術、リスク管理、売買タイミング〜


過去のブログ

  • 22年05月
  • 22年04月
  • 22年03月
  • 22年02月
  • 22年01月
  • 21年12月
  • 21年11月
  • 21年10月
  • 21年09月
  • 21年08月
  • 21年07月
  • 21年06月
  • 21年05月
  • 21年04月
  • 21年03月
  • 21年02月
  • 21年01月
  • 20年12月
  • 20年11月
  • 20年10月
  • 20年09月
  • 20年08月
  • 20年07月
  • 20年06月
  • 20年05月
  • 20年04月
  • 20年03月
  • 20年02月
  • 20年01月
  • 19年12月
  • 19年11月
  • 19年10月
  • 19年09月
  • 19年08月
  • 19年07月
  • 19年06月
  • 19年05月
  • 19年04月
  • 19年03月
  • 19年02月
  • 19年01月
  • 18年12月
  • 18年11月
  • 18年10月
  • 18年09月
  • 18年08月
  • 18年07月
  • 18年06月
  • 18年05月
  • 18年04月
  • 18年03月
  • 18年02月
  • 18年01月
  • 17年12月
  • 17年11月
  • 17年10月
  • 17年09月
  • 17年08月
  • 17年07月
  • 17年06月
  • 17年05月
  • 17年04月
  • 17年03月
  • 17年02月
  • 16年12月
  • 16年11月
  • 16年10月
  • 16年09月
  • 16年08月
  • 16年07月
  • 16年06月
  • 16年05月
  • 16年04月
  • 16年03月
  • 16年02月
  • 16年01月
  • 15年12月
  • 15年11月
  • 15年10月
  • 15年09月
  • 15年08月
  • 15年07月
  • 15年06月
  • 15年05月
  • 15年04月
  • 15年03月
  • 15年02月
  • 15年01月
  • 14年12月
  • 14年11月
  • 14年10月
  • 14年09月
  • 14年08月
  • 14年07月
  • 14年06月
  • 14年05月
  • 14年04月
  • 14年03月
  • 14年02月
  • 10年03月
  • 10年02月
  • 10年01月
  • 09年12月
  • 09年11月
  • 09年07月
  • 09年06月
  • 09年05月
  • 09年04月
  • 09年03月
  • 09年02月
  • 09年01月
  • 08年12月
  • 08年09月
  • 08年08月
  • 08年07月
  • 08年06月
  • 08年05月
  • 08年04月
  • 08年03月
  • 08年02月
  • 08年01月
  • 07年12月
  • 07年11月
  • 07年10月
  • 07年09月
  • 07年08月
  • 07年07月