パンローリング トップバー パンローリング Top 相場データCD-ROM オプション倶楽部 トレーダーズショップ/書籍、DVD販売 株式コーナー Pan発行書籍 セミナー 相場アプリケーション パンレポート 掲示板 相場リンク集
メールはこちらまで

通勤のお供に投資の仲間たち携帯版を 携帯版 投資の仲間たち

パンローリング 投資の仲間たち

浜口準之助New 林知之優利加太田 創羽根英樹 |  村居孝美 鎌田傳 片岡俊博 ニック 青木智(株の達人)

million club hilton webinar faber report 【オプション倶楽部】OP売坊戦略コース バカラ村式 FX短期トレードテクニック 225オプションディレクトツールキット たけぞうの50億稼いだ男のメルマガ 石原順のメルマガ マーケットの極意 bbtk custom chart パンローリングチャンネル


開催予定のセミナーDVD一覧お買い物ブログのホームに戻る

浜口準之助
浜口準之助 黄金サイクルと農耕民族型投資戦略 約15年にわたり機関投資家のファンドマネージャーとして株式運用に従事。信託銀行などで主に年金資金の日本株運用を行う。その後約14年にわたり投信運用会社にて投資環境のセミナー講師に携わる傍ら個人投資家として株式運用を行い、「億り人」の仲間入りを果たす。「浜口流コア・サテライト戦略」を提唱し自らも実践している。「醍醐味に満ちたライフワークとして、株式投資に勝るものなし」との基本観から、個人投資家に実践的な株式投資手法の研究を続けている。 社団法人日本証券アナリスト協会検定会員。主な著書に『黄金サイクルと農耕民族型投資戦略』(パンローリング刊)、ブログ 浜口準之助のテツ・ホテル・グルメ・株式運用 をほぼ毎日更新中、こちらでは旅の話もしている。
浜口流コア・サテライト株式運用戦略の実践

第17回 空売り……9107川崎汽船と2022年の半導体製造装置株

11月22日
浜口です。今回は少しショッキングな話も。投資銘柄フォロー・定点観測から始めましょう。まずは前回の当ブログのアップ日(2021年11月8日)以降の「浜口流コア・サテライト戦略」下記2つの図、上は株価が11月5日時点、下はその2週間後、株価が11月19日時点のデータです。


コア・サテライト戦略 株式銘柄群
コア・サテライト戦略 株式銘柄群


ここ2週間、私は以下の投資行動を取りました。

‘本航空と日本製鉄をほぼ売却、ともに100株保有のみとした。
僅かな株数だが、9107川崎汽船のカラ売りを開始した。

上記,砲弔い討蓮日本航空は経済再開銘柄として、国内線は順調に戻りつつある。日本製鉄は中間決算発表があり、今期は史上最高益見通し、かつ業績の上方修正がありました。にもかかわらず、株価は上がりません。なぜか。理由は複数あるんでしょうが…その中の一つ。

これは私の推測ですが、現在の岸田政権の方向性に疑問をもつ投資家が多いことが背景にあるように思われます。選挙中、氏は金融所得課税強化を示唆し、いわゆる「岸田ショック」を起こしました。選挙対策上でしょうか、一旦はこれを先送りしましたが、先週、またこれを行うことを言い出しています。

株式投資の不透明感が高まっています。金融所得課税強化は株安につながる。岸田政権は増税路線。どうなるか・・・この現状を踏まえ、私は一旦、,旅堝阿鮗茲蠅泙靴拭また商船三井・日本郵船は、全売却としました。海運両銘柄については、ここ3回、当ブログで説明してきた通りです。本件については、以下の拙ブログでも触れていますので、参考にしてください。

金融所得課税強化「22年以降に方向性」らしいな……

上記△砲弔い討蓮∪莉吉召个法▲謄貪譽縫紂璽好癲璽縫鵐哀汽謄薀ぅ箸如以下の報道がありました。「日本海事新聞によれば、 現在高止まりしているコンテナ運賃が正常化するのは今後一年半から2年半かかる」一般論としてこれは、海運株にとって好材料ですよね。にもかかわらずこの日の海運株は、寄付きから10時ぐらいまでは堅調さを維持したものの、その後大幅下落した。好材料出尽くしか……そう判断した私は、海運3銘柄の中で、最もファンダメンタルズが脆弱と思われる9107川崎汽船を小株数ながら、試しに空売りしたというわけです。



川崎汽船(9107)


9107川崎汽船の過去3か月の日足です。先週金曜日(11月19日)の株価は10月15日の安値4,660円を下回っていますが、今後どうなるか。なお現状、大きな売り玉を建てることは考えていません。

「この空売りは、結果的に間違いだった」となる可能性も多分にあり、その場合には即刻手仕舞いします。難しい売買であることは承知しており、したがい、皆さんにお勧めするものではありません。

また、念のため確認しておきます。当ブログで披露している投資環境見通し、相場観については、実は方向性として変化があるわけではないのです。景気敏感バリュー株は、徐々に上昇に転じる銘柄が多くなろうと考えます。ただ前述の通り、岸田政権のやりかたが不透明なため、現状はサテライト銘柄の投資を見送っている。従い一旦キャッシュ化し、再投資のタイミングを見計らっている。こんな状況です。繰り返しますが、日本航空・日本製鉄とも業績は底打ち、日本製鉄に至っては史上最高益更新なわけですから。なお、コア銘柄については長期保有を継続します。

これまで紹介してきたもう一つの投資戦略、「商船三井ロング・郵船ショート」については、今回は特にコメントなし、省略します。

さて、ここからは今回のメインテーマのもう一つ、「2022年の半導体製造装置株」について考えてみたいと思います。 2022年に半導体製造装置株が下落する可能性があるかもしれないと。このことを考える上で きっかけとなったレポートがあるのでまずはそれを紹介します。


2022年の物色テーマのリサーチ候補


これは大和証券チーフテクニカルアナリスト木野内さんの 11月8日付レポート「2022年の物色テーマのリサーチ候補」の1ページ目です。 重要と思われる部分に赤線と赤丸をつけておきました。画像が不鮮明ゆえ分かりづらいと困りますので、以下にこの部分を書き出します。


  • 電機に関しては、半導体価格がすでにピークアウトしており、来年1月から4月に台湾TSMCが設備投資計画を減額し、米半導体株(SOX)指数がピークアウトする想定だ。
  • 半導体製造装置は足元ピークアウトし・・・(以下、略します)


米半導体株(SOX)指数は、 こちらをご覧ください。
SOX指数 日足チャート

なんとも過激な想定と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、個人的には、共感できるシナリオです。木野内さんのイメージする展開にもしなれば、それは新たな投資チャンスにつながるかもしれません。 具体的には、8035東京エレクトロン・6857アドバンテストの空売りです。

この点については、2000年に起こったITバブル崩壊が参考になると思います。当時の様子について、拙ブログ「1999年ITバブルの話ITバブルが崩壊したきっかけは何か」で説明していますので、合わせてご覧頂ければと思います。ここでも要点部分を書き出しておきます。一部加筆しています。

結論から言うと、前号「1999年ITバブルの話△覆ITバブルが発生したのか」でコメントした「2000年問題」は発生しなかった。そのため、2000年問題対応関連銘柄が肩透かしとなり、業績拡大期待が一気に後退し、高いPERは容認されなくなり、売り込まれる展開になった。

特にわかりやすいのは半導体と電子部品で、特に半導体は2000年問題で膨大な需要が発生し奪い合いになる可能性すらあるから、電機や自動車などの最終メーカーが半導体について、幅広く過剰発注をしていた。ところが2000年問題が発生しなかったもんだから、過剰発注分はキャンセルが相次ぎ、大幅な売り上げ減につながった。その結果、期待先行で買いあげられていた半導体・半導体製造装置・半導体のテスター・電子部品メーカーの株価は軒並み暴落した。これが日米に共通するITバブル崩壊の実際のところです(引用終わり)

足元では、 広く伝えられているように。半導体不足から、自動車を筆頭に生産が滞る弊害が広く発生しています。このような中では今回も少なからず、半導体の過剰発注が起こっている可能性があります。とすると、前述した「2000年問題発生せず」に伴う、ITバブル崩壊時の半導体関連株大幅下落の再現可能性。これは否定できないところです。実際、トヨタなど一部の自動車会社で、生産がボトムアウトし出したとの声も聞こえだしている状況です。


長くなりました。そろそろ総括を。

  • 日本航空・日本製鉄等の景気敏感バリュー銘柄については 再度、割安な水準で組み入れるタイミングを模索。今後、岸田政権からどんなアナウンスがあるかに注目しています。

  • 米半導体株(SOX)指数は足元、上昇トレンドが続いている。今にも暴落しそうというわけでは、決してありません。このシナリオが現実化するのは、それが起こるにしても2022年に入ってからだと思います。現状、すぐに空売りしろとは全く申し上げておりません。その点、誤解のなきようお願いします。

  • なお、1999年ITバブルと2000年ITバブルについてお知りになりたい方は、以下の拙ブログ、そしてその中にある4つのブログにリンクをご覧ください。参考になると思います。

    今回の相場、先々、1999年ITバブルとその崩壊が教訓になるのなら・・・

  • 加えて、みなさんに知っておいてほしいこと。2000年のITバブル崩壊の時に、逆相関的に相場が始まっている銘柄群がある。それはITとは真逆のオールドエコノミー・景気敏感バリュー株の銘柄。概ね、ここで紹介している銘柄群と重なります。つまり皆さんが、慣れのない東京エレクトロンやアドバンテストの空売りなどしなくても、半導体関連株の下落はバリュー株投資家にとってチャンスになる可能性が高い。少なくとも2000年以降はそうだった。今回のブログは、そのこともお伝えしたいかったのです。



以上です。今回はこの辺で。みなさんの株式運用の参考になれば幸いです。
なお皆さんの株式運用は、くれぐれも自己責任でお願いします。ここは強調させていただきます。


第16回 株価がアナリスト評価に反応しない日本郵船

11月08日
浜口です。今回もまた、投資銘柄フォロー・定点観測から始めましょう。

まずは前回の当ブログのアップ日(2021年10月25日)以降の「浜口流コア・サテライト戦略」下記2つの図、上は株価が10月22日時点、下はその2週間後、株価が11月5日時点のデータです。

9月27日以降、大きく下落した商船三井・日本郵船の株価(以下、両銘柄の株価と記す)はここ2週間は概ね横ばいだったのですが、11月4日の昼に日本郵船が中間決算を発表して以降、再度急落する展開となりました。郵船の決算については、セルサイド・アナリストは知る限り全員「ポジティブ」と評価しているのですが、株価はアナリスト・レポート評価と真逆の展開となっています。前回の結論、「商船三井・日本郵船とも、難しい銘柄になってしまったな」という感がさらに強くなりました。これが当ブログの結論ですが、後段で詳しく触れます。




コア・サテライト戦略 株式銘柄群


コア・サテライト戦略 株式銘柄群


商船三井


日本郵船



当ブログで披露している投資環境見通し、相場観については、方向性として変化ありません。景気敏感バリュー株は足元で乱高下しているが、徐々に上昇に転じる銘柄が多くなろうと考えます。ここに掲載している銘柄群については基本、継続保有で問題なしです。海運株は別途、考えていきます。

もう一つの投資戦略、「商船三井ロング・郵船ショート」について説明します。



二銘柄サヤ


二銘柄サヤ



上のグラフは10月22日時点、下はその2週間後、株価が11月5日時点のデータです。

11月5日時点で商船三井の株価は6,680円、一方で郵船は7,450円と、株価の単純比較では770円ほど郵船が高い状況です。ここで注目すべきは、前回比較では郵船の急落により、両銘柄のさやは10月22日の1,210円から11月5日の770円と急縮小している点です。

私は現在も引き続き、このポジションは持っていません。前回当ブログで、〕港イ商船三井よりも1,210円も上さやというのは近年、ほとんどない状況。⇔礁段舛箸盧週から来週にかけ中間決算発表を迎える。これをきっかけにさやが緩やかに縮小方向に転じる動きになったら、このポジションを徐々に仕掛けよう……としましたが、今回のさやの縮小は、11月4日の郵船の急落により、一気に起こってしまいました。株価・さやとも、とても波高い相場。とてもではありませんが、現状では段階的にさや取りを仕掛ける状況にありません。両銘柄のさや取りは当面、様子見とします。次の展開を待ちましょう。

なおグラフは過去3カ月の商船三井と郵船の株価を示したものです。グラフは日経SmartChartPLUSを用いて、概ね、重なるように作っています。

日経SmartChartPLUS


さて、ここからは今回のメインテーマ、「株価がアナリスト評価に反応しない日本郵船」について考えてみたいと思います。前回のテーマが「高値から30%の暴落!!商船三井・日本郵船の今後は」ですから、両銘柄、特に郵船の相場観について、より失望方向になっていることがわかります。


商船三井
商船三井(チャートギャラリー)


日本郵船
日本郵船(チャートギャラリー)



過去一か月の両銘柄の株価推移を。右の日本郵船、11月4日以降の株価推移に注目してください。お昼12時に良好な中間決算発表があるとの期待感から、前引けにかけ郵船の株価は、8,940円の高値を付けました。しかし後場以降、市場は決算内容を好感せず暴落、大引けは7820円-620円。前場の高値比較からは-1,120円という厳しい下げとなりました。


MorganStanley MUFG



この日の決算発表内容は、市場関係者が大いに注目するところとなりました。11月4日は夜にかけ、決算発表・その後のアナリスト向け会社説明会を受けセルサイド・アナリストのレポート発行らラッシュになりました。私が知る限り、内容は概ね「ポジティブ」「買い推奨」との評価でした。それは以下にお示しする、レポート上の郵船の目標株価からうかがえると思います。

JP Morgan 10,000円、みずほ12,000円、野村 10,500円、三菱UFJMS 9,000円、UBS 10,900円。MS MUFG 10,400円。すべて11月4日株価の遥か上です。以下にお馴染みのMS MUFG証券の海運株アナリスト尾坂さんの11月4日付レポートの一部を貼り付けさせていただきますね。


この通りなんですが……しかし翌11月4日(金)の株価は、7,450円 -370円安となっている。尾坂さん含め、他のアナリストが同じ日に強気のレポートを書いているのに、株価はこれに逆行する動き。なぜなのか。

理由の一つは、ここもと急落しているバルチック海運指数があると思います。


バルチック海運指数

https://www.bloomberg.co.jp/quote/BDIY:IND



しかし……バルチック海運指数は知名度は高いですが、これはバラ積み運賃の指標である一方、今回の日本の海運株の好調さはコンテナ部門がけん引しているわけですから、この指標を見て株価を判断するのは正しくない。だからこそセルサイド・アナリストは、コンテナ指標を見て投資判断をしているわけです。この点については、私が別ブログで書いている以下のアップが参考になると思います。

先週のグローバルコンテナ貨物指数は、6%の上昇だったみたいだ

ではなぜ、アナリストが言うような株価形成にならないのか。

以下は当ブログの「第14回 高値から30%の暴落!!商船三井・日本郵船の今後は」からの引用です。

以下、一部かなり加筆しながら引用します。

1949年以降の郵船の月足

これは Twitter(復活のR@株式投資さん)がこしらえてくれた1949年以降の郵船の月足に一部、私が赤線を加えたものです。

日本郵船はテンバガーを達成後、株価は大きく下落している。こうなると、テンバガー達成後下落=大天井形成との考えも成立するわけです。これはサブシナリオの見方ですが、この場合には、郵船(商船三井もですね)には手出し無用です。

……このサブシナリオが起こってしまった可能性があります。大相場になった後の銘柄の株価は、理屈通りに動かなくなる。それ以降の好材料も「織り込み済み」と判断され、むしろ懸念材料(ここでいうところのバルチック海運指数の急落)がデフォルメされながらも株価材料として取り沙汰される。そんな展開もあり得るわけです。




長くなりました。そろそろ総括を。


  • 両銘柄は大人気化した後、これまでと株価変動のパターンが変わってしまった。両銘柄とも、「取る」のがとてもとても難しい銘柄に変化してしまった。残念だが、このことだけはお伝えしなければならない」……とここ2回に渡りブログで書いてきましたが、この思いは強くなるばかりです。本当です。

  • 「両銘柄の株価は、糸が切れた凧になってしまった」「現実以上に、株価に対する疑心暗鬼が両銘柄株価を動かすようになってしまった」と考えます。こうなるとアナリストが予測しても、その通りにならない可能性がある。そのうちにコンテナ運賃も下落して、終わってみれば。「結局はコンテナ運賃より、株価が先行していたんだね」となりかねないリスクもあります。
    そして最後に、これで3度目になります。前号で書いた以下のことを再強調させていただきます。

  • 覚えておいて欲しいこと……当ブログを開始したのは今年の4月12日であり、当時から私は、両銘柄に注目していました。この頃の両銘柄の株価は、ともに4,000円前後でした。当時から両銘柄に投資している方は、私自身も含め、現時点で資産は増加していると思います。一定の果実は得た。その状況を受け止め、喜んでいただければ嬉しく思います。

  • ここまで、人気化した海運株にフォーカスしブログを書いてきました。次号以降はひとまず海運株から離れたいな。現状、そう思っています。理由は繰り返しですが。「取る」のがとてもとても難しくなった銘柄ばかりコメントし続けるのは不毛と考えるからです。



以上です。今回はこの辺で。みなさんの株式運用の参考になれば幸いです。

なお皆さんの株式運用は、くれぐれも自己責任でお願いします。ここは強調させていただきます。


第15回 難しい銘柄になってしまったな……商船三井・日本郵船

10月25日
浜口です。今回もまた、投資銘柄フォロー・定点観測から始めましょう。

まずは前回の当ブログのアップ日(2021年9月21日)以降の「浜口流コア・サテライト戦略」下記2つの図、上は株価が10月8日時点、下はその2週間後、株価が10月22日時点のデータです。

9月27日にかけ上昇した相場が一旦天井を打ち、その後わずか7日間で約30%前後暴落した商船三井・日本郵船の株価(以下、両銘柄の株価と記す)は、日本郵船はやや上昇・商船三井はやや下落と、まちまちの動きとなっています。今回も両銘柄の投資について考えていきますが、前回の結論、「商船三井・日本郵船とも、難しい銘柄になってしまったな」という感を引き続き禁じえません。これが素直な印象です。これは後段で、詳しく触れます。



コア・サテライト戦略 株式銘柄群


コア・サテライト戦略 株式銘柄群



商船三井
日本郵船



当ブログで披露している投資環境見通し、相場観については、方向性として変化ありません。景気敏感バリュー株は足元で乱高下しているが、徐々に上昇に転じる銘柄が多くなろうと考えます。ここに掲載している銘柄群については基本、継続保有で問題なしです。海運株は別途、考えていきます。

もう一つの投資戦略、「商船三井ロング・日本郵船ショート」について説明します。



二銘柄サヤ


二銘柄サヤ



上のグラフは10月8日時点、下はその2週間後、株価が10月22日時点のデータです。
10月22日時点で商船三井の株価は6,560円、一方で日本郵船は7,770円と、株価の単純比較では1,210円ほど郵船が高い状況です。前回と比較して両銘柄のさやは460円拡大しています。両銘柄の株価比較では、商船三井の方がより人気がない状況ですが、この違いを説明する理由は見当たりませんが…この点は後述します。

私は現在も引き続き、このポジションは持っていません。今後、どうするのか。さやの方向次第では、このポジションを仕掛けてみたいと思っています。なぜか。

日本郵船が商船三井よりも1,210円も上さやというのは、近年、ほとんどない状況です。両銘柄とも今週から来週にかけ、中間決算発表を迎えます。これをきっかけに、さやが緩やかに縮小方向に転じる動きになったら、このポジションを徐々に仕掛けようかなと。どうなるか……

なおグラフは過去3カ月の商船三井と日本郵船の株価を示したものです。グラフは日経SmartChartPLUSを用いて、概ね、重なるように作っています。


日経SmartChartPLUS


さて、ここからは今回のメインテーマ、「難しい銘柄になってしまったな・・・商船三井・日本郵船」について考えてみたいと思います。前回のテーマが「高値から30%の暴落!!商船三井・日本郵船の今後は」ですから、両銘柄の相場観について、やや失望方向になっていることがわかります。


商船三井
商船三井(チャートギャラリー)


日本郵船
日本郵船(チャートギャラリー)



ここに示しているのは、両銘柄の過去6か月のチャートです。両銘柄とも、ファンダメンタルズに大きな変化はない。日本郵船は10月5日にザラ場安値7,000円をつけて戻り歩調のようにも見えますが、商船三井はその後遅れて、10月15日に6,180円の安値を付けます。暴落後の株価は行ったり来たりに見えますが、先週だけを考えてみると、両銘柄とも一日だけ大きく上昇した日があり、それ以外の日は前場30分程度はゆるゆると戻すのですが、その後発作的に急落。引けにかけてはやや戻す。そんな展開の日が多かった。ボラティリティは低下してきているように見えますが、それは9月以降の急落と比較しての話でして、少なくとも両銘柄とも株価がコツンと来て、右肩上がりになりつつある状況ではありません。

日本郵船の方が株価に勢いがありますが、これは前述の通り、商船三井の決算発表日が10月29日(金)であり、日本郵船が11月4日(木)であるため、決算発表に伴い、「材料出尽くしになる心配ごと」を、商船三井はより早めに織り込んでいるとの見方もできなくはありません。前段で説明した「両銘柄のさやの開き」についても、このことが影響しているのかもしれません。


COSCO
COSCO



このグラフは、中国最大の総合海運会社であるCOSCO社(中遠海運控股)の株価推移です。商船三井・日本郵船の株価は9月27日にかけ一旦天井を打っている点で概ねCOSCO社と重なりますので、その日以降のCOSCO社の株価動向が参考になると思います。同社は10月8日に、2021年1-9月期決算の決算発表を行いました(12月が決算期末なんですね)。決算内容は素晴らしく、具体的にはこのリンクをご覧いただきたいのですが、それ以降の株価推移をみると、冴えない展開ですよね。

一方で強気材料もある。国内の海運アナリストは、強気の方が多いですね。その中でお馴染みの方のレポートを。


海運レポート



MorganStanley MUFG証券の海運株アナリスト尾坂さんの10月15日付レポート。割安感強く、Attractiveを再強調とありますね。
長くなりました。そろそろ総括を。



  • 繰り返します。両銘柄は人気化した後、これまでと株価変動のパターンが変わってしまった。両銘柄とも、「取る」のがとても難しい銘柄に変化してしまった。残念だが、このことだけはお伝えしなければならない。ここは大事なところです・・・と前号に書きましたが、この思いは強くなるばかりです。


  • セルサイドアナリストは、「良好なファンダメンタルズに変化なし」と繰り返しますが、この点はもうじきやってくる中間決算の数値、それに基づいたアナリストの見方の変化に注目しましょう。


  • 決算発表は、今期は好業績見通しであることは間違いない。問題は来期以降ですね。出てきた数値に対する株価の反応が「期待以上」となるのか「織り込み済み」となるのかは、事前にはわからない。ただし前述したCOSCO社の事例は、気にはなりますね。


  • 私は現在、両銘柄はそれぞれ100株だけ保有している状況です。まあ試し玉ですね。現状、中間決算プレイには参加しないつもりです。但し私は、君子豹変すを旨としています。決算日にかけてのニュースフロー、決算内容、そして発表後の株価の方向性次第で、再エントリーする可能性はあります。


  • いずれにせよ、10月29日(金)の商船三井、11月4日(木)の日本郵船の決算発表はとても大事です。期待を超えた決算であることをお祈りしますが……これを前後しての玉の捌きはどうするのか。これは皆さんの相場観にお任せしたいと思います。そして最後に、前号で書いた以下のことを再強調させていただきます。


  • 覚えておいて欲しいこと……当ブログを開始したのは今年の4月12日であり、当時から私は、両銘柄に注目していました。この頃の両銘柄の株価は、ともに4,000円前後でした。当時から両銘柄に投資している方は、私自身も含め、現時点で資産は増加していると思います。一定の果実は得た。その状況を受け止め、喜んでいただければ嬉しく思います。



以上です。今回はこの辺で。みなさんの株式運用の参考になれば幸いです。

なお皆さんの株式運用は、くれぐれも自己責任でお願いします。ここは強調させていただきます。


第14回 高値から30%の暴落!!商船三井・日本郵船の今後は

10月11日
浜口です。今回もまた、投資銘柄フォロー・定点観測から始めましょう。

まずは前回の当ブログのアップ日(2021年9月21日)以降の「浜口流コア・サテライト戦略」下記2つの図、上は株価が9月17日時点、下はその2週間後、株価が10月8日時点のデータです。

当ブログで一貫して取り上げている商船三井・日本郵船の株価(以下、両銘柄の株価と記す)は、9月27日にかけ上昇するもここで一旦天井を打ち、その後わずか7日間で約30%前後の暴落、10月5日に長い下ひげで目先の安値をつけ、その後一進一退の動きとなっています。今回は両銘柄の投資について考えていきます。結論から言うと、「商船三井・日本郵船とも、難しい銘柄になってしまったな」というのが素直な印象です。これは後段で、詳しく触れます。



コア・サテライト戦略 株式銘柄群
コア・サテライト戦略 株式銘柄群
商船三井
日本郵船


なお当ブログで披露している投資環境見通し、相場観については、方向性としては変化ありません。これは既報の通りですが、岸田総理の発言は日本株にとってネガティブ、一方で解散総選挙は概して株価にポジティブであることを考えれば、政治要因はほぼ中立と考えます。景気敏感バリュー株は足元で乱高下しているが、徐々に上昇に転じる銘柄が多くなろうと考えます。ここに掲載している銘柄群については基本、継続保有で問題なしです。海運株は別途、考えていきます。
もう一つの投資戦略、「商船三井ロング・日本郵船ショート」について説明します。


二銘柄サヤ
二銘柄サヤ


上のグラフは9月17日時点、下はその2週間後、株価が10月8日時点のデータです。

10月8日時点で商船三井の株価は6,690円、一方で日本郵船は7,440円と、株価の単純比較では750円ほど郵船が高い状況です。前回と比較して両銘柄のさやは100円縮小するも、両銘柄の株価が大きく下落する中、先週金曜日大引けという断面の株価で比較しても、さやに傾向的なものが見て取れる状況にないと考えます。

私は現在も引き続き、「商船三井ロング・日本郵船ショート」ポジションは持っていません。今後、どうするのか。これもここ何回か、ブログでも書いているのと同じですが。

さやの方向次第では、この「商船三井ロング・日本郵船ショート」ポジションを再度仕掛けたいと思っています。しかし足元では、両銘柄とも激しい値動きが続いており、安心してさや取りを仕掛けられる状況ではなく、かつ現状では両銘柄のさやの方向性が見いだせないため、この戦略は様子見としています。

なおグラフは過去3カ月の商船三井と日本郵船の株価を示したものです。グラフは日経SmartChartPLUSを用いて、概ね、重なるように作っています。

日経SmartChartPLUS

さて、ここからは今回のメインテーマ、「高値から30%の暴落!!商船三井・日本郵船の今後は」について考えてみたいと思います。前回のテーマが「いよいよ大相場に発展するのか。商船三井・日本郵船の株価」ですから、両銘柄の相場つきが大きく変化していることがわかります。


商船三井 30年足商船三井(チャートギャラリー)
日本郵船 30年足日本郵船(チャートギャラリー)


冒頭で、「商船三井・日本郵船とも難しい銘柄になってしまったな」と書きました。なぜそう考えるのか。

ここに示しているのは、両銘柄の過去6か月のチャートです。両銘柄とも、ファンダメンタルズに大きな変化はない。にもかかわらず9月27日を天井に、株価は暴落したわけです。この点については、私が日々更新しているブログでも、コメントしています。例えば、10月3日には:

【下げ止まりか?】テクニカルの面から見た日本郵船、商船三井の株価


を書き、かねてから海運株のスピード調整を唱えていたSMBC日興証券のテクニカルアナリストの大御所・吉野さんの8月17日付けレポートをもとに、日本郵船・商船三井の株価分析をしています。吉野さんの見解を要約すると以下の通り。今回の両銘柄の下落値幅を概ね当てており、さすがだなと思わさせられました。


  • 海運大手の売買高を伴った急騰は、将来の上値余地の大きさを示唆
  • ただし、日本郵船、商船三井ともに短期的にはもう一段上昇して一服か。
  • 当面の上げは(一部略)、日本郵船が 9,460〜10,710 円処、商船三井が 9,540 円処までで頭打ちとなる公算が大きい。いずれかの水準で頭打ちとなると、短期的には 2,600〜2,700 円幅かそれ以上の反落が生じる可能性があるが、調整が一巡した後、2022 年にはさらに上昇波動が拡大する可能性があろう。


さて、以上の見方に加えて、チャート用いた売買方法として、古くから、「3割高下に向かえ」と言われるものがあります。どういう意味か。

「個別株式の株価変動において『3割』は、上げにしても下げにしても一つの転機になる。したがって、ある出発点から3割上がったところは売り、3割下がったところは買いのサインと見るという考え方です」この考え方は意外にハマりがいいなと私は個人的に考えるのですが、これを両銘柄に当てはめるとどうか。

商船三井の高値は10,060円、安値は6,360円ですから36%の下落。日本郵船の高値は11,300円、安値は7,000円ですから38%の下落。「3割高下に向かえ」の点からも、両銘柄の10月5日の安値は、「コツンと来た」と言えなくもないのです。

加えて3度目の業績上方修正が程なくありそうなこと、今上半期決算発表が10月末近くにかけてあり、おそらくはポジティブな内容になりそうであることを念頭におけば、ここもとの「3割下落に向かう」のは、有効な投資戦略なのかもしれません。これをメインシナリオとします。

しかし、気になる部分もある。9月26日(天井をつける1日前ですね)に
やったぜ!!!祝!9101 日本郵船、テンバガー達成!! を書いています。

この中では、ここのところ当ブログでも紹介している Twitter(復活のR@株式投資さん)がこしらえてくれたグラフに一部、私が赤線を加えたもので説明をしています。これですね。



復活のR@株式投資さん


この9月26日の「テンバガー・ブログ」は、今後の日本郵船の株価上昇を期待し書いたものですが、実際にはその後、株価は大きく下落している。そうなると、「テンバガー達成」が逆の意味を持つことにもなる。テンバガー達成後下落=大天井形成ではないのか?との考えも成立するわけです。こちらをサブシナリオとします。このシナリオでは、両銘柄には手出し無用です。
長くなりました。そろそろ総括を。


  • 両銘柄は人気化して、これまでと株価変動のパターンが変わってしまった。両銘柄とも、「取る」のがとても難しい銘柄に変化してしまった。残念だが、このことだけはお伝えしなければならない。ここは大事なところです。
  • 「良好なファンダメンタルズに変化なし」と考えれば「3割高下に向かえ」に従い買い玉は持続するメインシナリオ。一方で「テンバガー達成=大天井形成ではないか」と考えるサブシナリオなら、買い玉は手仕舞い。どちらもあり得ると思います。
  • そのどちらを選ぶべきかは、正直、難しい。現状、強気のメインシナリオにやや分があるように思いますが……だからこそ、メインシナリオであるわけですが……ここからの投資行動は、皆さんの判断に委ねたいと思います。お伝えできるのはそこまでです。ちなみに私は現状、両銘柄のポジションは一旦大幅に縮小し、一部は日本製鉄やJAL等に資金を移動しています。またキャッシュポジションも増やしています。
  • 従い、今後の展開により。両銘柄のポジションを拡大させる可能性があります(もちろん、縮小させる可能性もあります)。会社側からの嬉しいアナウンスを待ちたいところです。機動的にいきたいと思います。
  • 覚えておいて欲しいこと……当ブログを開始したのは今年の4月12日であり、当時から私は、両銘柄に注目していました。この頃の両銘柄の株価は、ともに4,000円前後でした。当時から両銘柄に投資している方は、私自身も含め、現時点で資産は増加していると思います。一定の果実は得た。その状況を受け止め、喜んでいただければ嬉しく思います。


以上です。今回はこの辺で。みなさんの株式運用の参考になれば幸いです。
なお皆さんの株式運用は、くれぐれも自己責任でお願いします。ここは強調させていただきます。


ページのトップへ

浜口準之助氏の著書

黄金サイクルと農耕民族型投資戦略


過去のブログ

  • 21年09月
  • 21年08月
  • 21年07月
  • 21年06月
  • 21年05月
  • 21年04月