パンローリング トップバー パンローリング Top 相場データCD-ROM オプション倶楽部 トレーダーズショップ/書籍、DVD販売 株式コーナー Pan発行書籍 セミナー 相場アプリケーション パンレポート 掲示板 相場リンク集
メールはこちらまで

通勤のお供に投資の仲間たち携帯版を 携帯版 投資の仲間たち

パンローリング 投資の仲間たち

林知之New ニック 青木智(株の達人)太田 創BartJACK 鎌田傳 浅川夏樹 村居孝美 長友哲郎角山智優利加
羽根英樹 |  福森哲也 結喜たろう 柏木淳二 塩坂洋一 森田佳佑モーちゃん豊嶋久道 斉藤学 YEN蔵 バカラ村
杉本貴秀吉田恒けむ。徳山秀樹平田啓小口幸伸兄貴西原宏一夕凪池辺雪子石田和靖久保田博幸
藤ノ井俊樹山口祐介阿部俊之鈴木一之sarah岩本祐介中原駿片岡俊博はやぶさ
足立武志 川口一晃 青柳孝直小畑崇弘徃住啓一一角太郎村田雅志不動修太郎FuturesEYE赤裸々セミナー後記

million club hilton webinar faber report larry TV 年率20%を長期的に稼ぐ 日経225オプション教室 バカラ村式 FX短期トレードテクニック 225オプションディレクトツールキット たけぞうの50億稼いだ男のメルマガ 石原順のメルマガ マーケットの極意 資産拡大フェア2019 投資戦略フェアEXPO2019大阪 bbtk custom chart パンローリングチャンネル


開催予定のセミナーDVD一覧お買い物ブログのホームに戻る

林知之
うねり取り 基本と実践 1963年東京都杉並区生まれ。1976年から商品のサヤ取りを始め、相場の世界に入る。FAIクラブの誕生とともに株式へ移行、証券会社3社で営業を経て、2000年に林投資研究所の代表取締役に就任する。
一般社団法人投資顧問業協会において、業務第五部会員、自主規制第五部会員、関東部会幹事を兼任。
『林知之の番組ブログ』

うねり取り練習帖 第14回 中源線建玉法基礎講座(第2回) トレンド転換の補助ルール(42分転換と再転換)

08月16日


「例外」への対応が重要

トレンドの転換点をどのように判断するか──中源線では、終値だけを直線で結んだ折れ線チャートで、シンプルな判定を行います。

これが、中源線の大きな特徴で、非常にわかりやすく、実践者が値動きを観察するときの感覚と一致する“実用的”なルールをつくり上げています。

ただ、シンプルなだけに、想定する値動きパターンに当てはまらないケースも起こり得ます。売買ルールを数式化する試みでは、必ずぶち当たる問題です。

ここで、基本の発想を複雑にすると混乱してしまいます。
「数式だけ」で考える姿勢が強まり、コントロールが効かなくなるのです。

中源線は、メインの判断基準をあえてシンプルな状態にとどめ、その利点を損なわないように補助ルールを設けています。

また、トレンドの転換を判断した値動きが、意外なことに一時的な変化だった場合、判定を覆すことをいとわずに対応することが求められます。こういった現実的な問題も、今回紹介した補助ルールにうまく盛り込まれているのです。

詳しくは番組をご覧ください。

うねり取り練習帖 第14回 中源線建玉法基礎講座(第2回) トレンド転換の補助ルール(42分転換と再転換)








中源線を知るにはこれ!
『入門の入門 中源線投資法』
基本のルールを惜しみなく公開






コメント投稿

うねり取り練習帖 第13回 中源線建玉法基礎講座(第1回) 変化点を探せ 〜普通転換

08月02日


大切なのは「確固たる判断」

1日後でも、1週間後でも、1カ月後でも……未来の価格をピタッと当てて競争に勝とうとしたら、おそらくタイムマシンを開発する以外に方法がないでしょう。

でも、ポジションを取るためには、カチッとした判断が必要です。
自分なりの基準で、「きっとこう動く」と。

しかし、やはり迷ってしまう・・・だったら、機械的に判断する方法があります。

それが、「中源線建玉法」(ちゅうげんせんたてぎょくほう)です。

下の3つのチャートをご覧ください。







どれも、同じ銘柄、同じ期間で、上から、ローソク足、終値の折れ線チャート、そして中源線です。

終値だけを直線で結ぶシンプルな折れ線チャートを使い、上げ下げのジグザグをパターン分析してトレンドを判断するのが中源線。
明確なルールによって、買い線(赤)と売り線(黒)の2色に分かれます。

どんな投資家も、どんなチャート分析法も、「トレンドの転換点」が最大の関心事でしょう。

中源線は、いったいどんな基準でトレンドを判断しているのか──詳しくは番組をご覧ください。

うねり取り練習帖 第13回 中源線建玉法基礎講座(第1回) 変化点を探せ 〜普通転換








中源線を知るにはこれ!
『入門の入門 中源線投資法』
基本のルールを惜しみなく公開






コメント投稿

うねり取り練習帖 第12回 うねり取りの「り」 うねり取りと中源線

07月19日


これぞ、うねり取りの実践

今回は、これまでに説明してきた古典的なうねり取りで、「値動きのなかを実際にどう泳いでいくか」に触れました。

下の図のような複雑な売買パターンを、いくつも取り上げて実践的解説を試みたのです。



単純な練習を繰り返すことが求められますが、自由闊達(かったつ)なポジション操作をしていくのが「うねり取り」だということがわかります。

これを、もっとシンプルに、もっとやさしく実行できないか──この答えが、「中源線建玉法」(ちゅうげんせんたてぎょくほう)です。

「中源線建玉法」は、うねり取りを機械的に実行するための手法、完全にルール化された売買メソッドです。そして、そのルールはすべて公開しています。



詳しくは番組をご覧ください。

うねり取り練習帖 第12回 うねり取りの「り」 うねり取りと中源線







コメント投稿

うねり取り練習帖 第11回 うねり取りの「と」 順張りか逆張りか

07月05日


正解・不正解の判定は難しい

逆張りがプロの技、順張りは素人のダメ売買……こんな認識もあるようですが、まったくちがいます!

そもそも、具体的にどんな売買を逆張りと呼ぶのか、順張りとはどう定義づけられるのか。

誰にも明日の株価さえわからないのだから、カンタンに「よい」「わるい」などといえないのが相場の世界です。

儲けるためには「安く買って高く売る」といわれますが、本当にこれが通用するのでしょうか?

下の図は、番組の中で示したクイズです。

まだ見ていない人は、「どこで買いますか?」という漠然な問いに、自分なりに答えてみてください。

すでに見た人は、あらためて考えてみてください。



詳しくは番組をご覧ください。

うねり取り練習帖 第11回 うねり取りの「と」 順張りか逆張りか







コメント投稿
ページのトップへ

林知之氏の番組


林知之氏の著書

らくらく2倍の低位株


入門の入門 中源線投資法


億トレIII〜プロ投資家のアタマの中


DVD 中源線建玉法 基本コース



過去のブログ

  • 19年06月
  • 19年05月
  • 19年04月
  • 19年03月
  • 19年02月