パンローリング トップバー パンローリング Top 相場データCD-ROM オプション倶楽部 トレーダーズショップ/書籍、DVD販売 株式コーナー Pan発行書籍 セミナー 相場アプリケーション パンレポート 掲示板 相場リンク集
メールはこちらまで

通勤のお供に投資の仲間たち携帯版を 携帯版 投資の仲間たち

パンローリング 投資の仲間たち

林知之New ニック 青木智(株の達人)太田 創BartJACK 鎌田傳 浅川夏樹 村居孝美 長友哲郎角山智優利加
羽根英樹 |  福森哲也 結喜たろう 柏木淳二 塩坂洋一 森田佳佑モーちゃん豊嶋久道 斉藤学 YEN蔵 バカラ村
杉本貴秀吉田恒けむ。徳山秀樹平田啓小口幸伸兄貴西原宏一夕凪池辺雪子石田和靖久保田博幸
藤ノ井俊樹山口祐介阿部俊之鈴木一之sarah岩本祐介中原駿片岡俊博はやぶさ
足立武志 川口一晃 青柳孝直小畑崇弘徃住啓一一角太郎村田雅志不動修太郎FuturesEYE赤裸々セミナー後記

million club hilton webinar etsuko fx express faber report larry TV バカラ村式 FX短期トレードテクニック 225オプションディレクトツールキット 投資戦略フェアEXPO2019 custom chart custom chart


開催予定のセミナーDVD一覧お買い物ブログのホームに戻る

角山智



個人投資家。建築資材メーカーのシステム部門にてSE(システム・エンジニア)として17年間のサラリーマン生活を送る。週末を利用したバリュー投資により、ここ3年間で資産を4倍に増やした。2005年秋に独立を果たし、株式投資セミナー等で活動中。 著書『超特価バリュー株「福袋銘柄」で儲ける週末投資術』(秀和システム刊)はブルベア大賞2005を受賞。他にも『株価4倍「割安成長株」で儲ける収益バリュー投資術』(秀和システム刊)が多大な支持を集める。 また、DVDに日経マネー、ダイヤモンドZaiなど、掲載誌多数。

角山智の「株本執筆記」

低PER銘柄を買えば儲かるの?

03月21日
今回は、PERについてです。

【質問】

低PER銘柄を買えば儲かるの?

【回答】

統計データによれば、グループとしての低PER銘柄は、長期的なリターンが高いとされています。

しかしながら、この結果を個別銘柄に当てはめるのはどうかと思います。

試しに、低PER銘柄をスクリーニングで抽出してみれば、上位には「この会社、大丈夫なの?」といった企業が含まれているはずです。

もちろん、破たんしなければ見返りは高いのでしょうが、そこまでリスクを取ることはおすすめできないです。

一般的に、PERにはその企業の「実力に応じた」倍率がついていると考えて、ほぼ間違いありません。

「単に、PERが安いから」といった理由で投資することは、避けた方が無難です。また、PERの極端に低い銘柄(5倍以下とか)には、それなりの理由が存在するものです。

皆さんは、食事に出向いたとき「3,000円のコースにしては、この内容なら大満足だ」という評価をしますね。

投資もまったく同じです。PERの高低だけでなく、総合的な判断が求められるのです。





コメント投稿

減損損失って何?

03月11日
今回は、最近やたら目に付く損失です。

【質問】

減損損失って何?

【回答】

少し前の話です。

実家の近くに焼肉チェーンが進出したことがありました。農地を買い取ったのか、ロードサイドに駐車場付きの店を構えます。

「こんな立地のよくないところで大丈夫だろうか?」そう思った矢先に、BSE騒ぎが起こります。

その後は、まさに閑古鳥が鳴いている状況となりました。ランチタイムといえども、お客は数名程度。どう考えても赤字です。

もう時間の問題でした。やがて、店から明かりが消えます。しばらくは譲渡先を探していたのでしょうが、立地の悪さはいかんともしがたく、結局は更地にされてしまったのです。

*****

さて、本題に移りましょう。

減損損失とは、収益性の低下した固定資産(工場・店舗など)の帳簿価格を回収可能額まで減額する処理です。

たとえば、外食チェーンにて赤字店舗を閉鎖する場合、その店舗は「売却可能な値段」まで減額されます。

先ほどの焼肉チェーンでは、売れるどころか、解体費用までかかったわけですから、まさに丸損ですね。

また、製造業であれば、ある事業から撤退する場合、関連する製造設備を譲渡あるいは破棄する必要があります。この場合も減損損失が発生します。

減損損失は、業績の悪化した企業で発生することが多いです。特に、リストラ(事業の再構築)を伴うケースでは、驚くほど巨額の特別損失を計上することがあります。





コメント投稿

バフェットはナンピン買いをすすめているの?

03月07日
前回の続きです。ご質問を再掲します。

【質問】

バリュー投資では、ナンピン買いをするべきという理論もあるようで、実際にそのような形で投資をしておられる方もおられるようです。この「バリュー投資だからナンピン買い」という理論は、そもそも誰が唱えた理論なのでしょうか。

例えば、グレアムやバフェットが、ナンピン買いをしていたとか、そのようなことが有るのでしょうか。

【回答】

今回は、バフェットについてお答えします。

バフェットは、株価の下がったときに買うことが多いです。

●アメリカン・エキスプレス・・・詐欺事件に巻き込まれ、株価が急落した1964年に投資
●ワシントン・ポスト・・・株式市場が暴落した1973年〜1974年に投資
●ウェルズ・ファーゴ・・・銀行業界にとって散々な年であった1990年に投資

ただし、バフェットは事業家の目で企業を見ており、経営陣との接触も行います。例えるのであれば、三菱商事など総合商社の事業投資に近いイメージです。

参考にするのはかまいませんが、私たち個人投資家とバフェットではスキルも資金量もまったく違います。その点には注意してください。

コメント投稿
ページのトップへ

角山智氏の新着商品

角山智の銘柄分析力
強化トレーニング
NEW!!


角山智氏のセミナーDVD

DVD コア・サテライト戦略

DVD バリュー投資戦略 キャッシュフローとビジネスモデル編

DVD 相場環境に適応するためのバリュー投資戦略

DVD バリュー投資セミナー
「黄金の3ステップ」で鍛える銘柄選択力


角山智氏の著書

資産運用の強化書

バリュー投資の強化書
良いビジネスを安く買い、高く売るための分析手法

超特価バリュー株「福袋銘柄」で儲ける週末投資術

黄金の3ステップでもうかる はじめてのバリュー株

バリュー株で勝つための図解「決算書&企業価値」分析ドリル


オーディオブック

マーケットの魔術師
〜日出る国の勝者たち〜 Vol.12
『バリュー株の収束相場をモノにする!』
CD版/ダウンロード版

過去のブログ

  • 15年03月
  • 10年06月
  • 09年11月
  • 09年10月
  • 09年09月
  • 09年08月
  • 09年07月
  • 09年06月
  • 09年05月
  • 09年04月
  • 09年03月
  • 09年02月
  • 09年01月
  • 08年12月
  • 08年11月
  • 08年10月
  • 08年09月
  • 08年08月
  • 08年07月
  • 08年06月
  • 08年05月
  • 08年04月
  • 08年02月
  • 08年01月
  • 07年12月
  • 07年11月
  • 07年10月