パンローリング トップバー パンローリング Top 相場データCD-ROM オプション倶楽部 トレーダーズショップ/書籍、DVD販売 株式コーナー Pan発行書籍 セミナー 相場アプリケーション パンレポート 掲示板 相場リンク集
メールはこちらまで

通勤のお供に投資の仲間たち携帯版を 携帯版 投資の仲間たち

パンローリング 投資の仲間たち

林知之New ニック 青木智(株の達人)太田 創BartJACK 鎌田傳 浅川夏樹 村居孝美 長友哲郎角山智優利加
羽根英樹 |  福森哲也 結喜たろう 柏木淳二 塩坂洋一 森田佳佑モーちゃん豊嶋久道 斉藤学 YEN蔵 バカラ村
杉本貴秀吉田恒けむ。徳山秀樹平田啓小口幸伸兄貴西原宏一夕凪池辺雪子石田和靖久保田博幸
藤ノ井俊樹山口祐介阿部俊之鈴木一之sarah岩本祐介中原駿片岡俊博はやぶさ
足立武志 川口一晃 青柳孝直小畑崇弘徃住啓一一角太郎村田雅志不動修太郎FuturesEYE赤裸々セミナー後記

million club hilton webinar etsuko fx express faber report larry TV 年率20%を長期的に稼ぐ 日経225オプション教室 バカラ村式 FX短期トレードテクニック 225オプションディレクトツールキット たけぞうの50億稼いだ男のメルマガ 石原順のメルマガ マーケットの極意 北浜投資塾 対面イベント 投資戦略フェアEXPO2019大阪 custom chart custom chart


開催予定のセミナーDVD一覧お買い物ブログのホームに戻る

角山智



個人投資家。建築資材メーカーのシステム部門にてSE(システム・エンジニア)として17年間のサラリーマン生活を送る。週末を利用したバリュー投資により、ここ3年間で資産を4倍に増やした。2005年秋に独立を果たし、株式投資セミナー等で活動中。 著書『超特価バリュー株「福袋銘柄」で儲ける週末投資術』(秀和システム刊)はブルベア大賞2005を受賞。他にも『株価4倍「割安成長株」で儲ける収益バリュー投資術』(秀和システム刊)が多大な支持を集める。 また、DVDに日経マネー、ダイヤモンドZaiなど、掲載誌多数。

角山智の「株本執筆記」

なぜ、景気が悪いのに株があがるの?

04月27日
【質問】

日経平均は、3月10日に7,054円の安値をつけた後、1か月後の4月10日には8,964円まで戻しています。

これだけ景気が悪いのに、どうして株があがったのでしょうか?

【回答】

今回のような相場は、金融相場と呼ばれます。

FRBや日銀の金融緩和を続けているので、市場にはお金があふれています。

ところが、世の中は不景気につき、設備投資などの資金需要がほとんどありません。

そこで、ジャブジャブになったお金は株式市場に向かいます。今まで散々売られたこともあり「そのうち、業績も回復するだろう」という期待で買われるのです。

物色の対象は、金利敏感株や低位大型株です。これまで売り込まれてきた大型の景気循環株も買われます。

ゆえに「業績の悪い銘柄ほど買われる」という不思議な現象が起こります。いわゆる「不景気の株高」です。

*****

このような相場は、ファンダメンタル分析派にはやっかいです。「ときには、自分達には理解できないゲームもある」と割り切ることが一番でしょうか。

やがて景気が回復してくれば、企業業績に対して素直に反応する業績相場が訪れますから、それまで待つのも一案です。

逆に、テクニカル分析派は得意かもしれませんね。需給で動く相場なら、腕のみせどころです。

コメント投稿

低PBR銘柄を買えば儲かるの?

04月14日
今回は、PBRについてです。

【質問】

低PBR銘柄を買えば儲かるの?

【回答】

統計データによれば、グループとしての低PBR銘柄は、長期的なリターンが高いとされています。

そして、この事実は狭義のバリュー投資(低PBR銘柄への投資)に対する根拠にもなっています。

*****

では、どのような銘柄が低PBRとなるのでしょうか?

答えは、ROEの低い銘柄です。でかい図体(=純資産)で、稼ぎが少ないから、図体の評価も低いのです。

そこで、稼ぎが少ないのが「たまたま」なのか「いつも」なのかを見極める必要があります。

景気循環株の業績ボトムや一時的な業績不振であれば「たまたま」です。このようなケースでは、そのうちたくさん稼いでくれるでしょうから、バリュー投資のチャンスと考えることができます。

一方、構造的な問題を抱えている企業であれば「いつも」です。業績のぱっとしない状態が当たり前の銘柄は、投資家から嫌われたまま「万年割安株」として放置されがちです(物色されるのは、上げ相場の最終局面になります)。

*****

以上のように、PBRについても「単に低PBRである」といった理由で投資することは避けたいものです。

「低PER銘柄を買えば儲かるの?」でも触れましたとおり、投資では総合的な判断が求められます。
コメント投稿

株主優待銘柄はお得なの?

04月01日
【質問】

会社によっては、食事券などの株主優待がもらえると聞いたけど、これってお得なの?

【回答】

個人投資家には、株主優待銘柄が人気のようですね。

ついに、あの会社四季報にも「株主優待を含めた実質高利回りランキング」が掲載されるようになりました。

2009年春号で確認してみたところ、10%以上の高利回り銘柄がゴロゴロしています。

一見、美味しそうに思え、投資してみたくなる気持ちはよく分かります。

*****

でも、その前に、ちょっと考えてみてください。なぜ、企業は株主優待を行うのでしょうか?

主な理由は、次の2つです。

●自社の製品・サービスをよく知ってもらいたい
●株主数を増やしたい

自社製品PRの典型例は、外食産業の食事券です。来店を促し、次回以降も利用してもらえることや、口コミにて評判をひろめてもらうことを期待しています。

なじみのない企業では、株主数(上場基準にもなっている)を増やしたいことから、自社の製品・サービスと関係のない優待を行います。一番効果的なのは、金券をつけることです。

つまり、企業も何らかの「見返り」を狙っており、タダではありません。

*****

昨今では、株価の下落による「株主優待を含めた実質高利回り」の高まりで別の問題が発生するようになりました。

利回りの高くなる最低単位のみ保有する個人株主が増え、食事券などはネットオークションに出される(使い切られる)始末です。

企業にとっては、株主優待が思わぬコストの増加となり、跳ね返ってきたのです。

もともと「株主優待を含めた実質高利回り」が上がったのは、業績不振による株価の下落が原因です。

これ以上、収益を圧迫されることは避けたいはずです。第一、機関投資家は個人優遇の株主優待に対していい顔をしていません。

そこで、業績不振を理由に、株主優待の改悪・廃止が相次いでいます。減配を伴うこともあり、優待株好きの投資家にとっては踏んだりけったりですね。

*****

さらに、優待株投資には、次のような問題点もあります。

●食事券の優待が魅力的な外食産業は、参入障壁が低く、成長の持続性に懸念がある
●金券を優待につける「なじみのない企業」は収益の変動要因をつかみにくい(「よく分からない会社だけど、優待をもらうため投資している」ことになりがち)
●優待目的のため、銘柄分析が甘くなりがちである。損切りもできない

*****

以上から、株主優待銘柄は、一概にお得とは言い切れません。優待は、あくまで「おまけ」程度と考えるべきでしょう。

コメント投稿
ページのトップへ

角山智氏の新着商品

角山智の銘柄分析力
強化トレーニング
NEW!!


角山智氏のセミナーDVD

DVD コア・サテライト戦略

DVD バリュー投資戦略 キャッシュフローとビジネスモデル編

DVD 相場環境に適応するためのバリュー投資戦略

DVD バリュー投資セミナー
「黄金の3ステップ」で鍛える銘柄選択力


角山智氏の著書

資産運用の強化書

バリュー投資の強化書
良いビジネスを安く買い、高く売るための分析手法

超特価バリュー株「福袋銘柄」で儲ける週末投資術

黄金の3ステップでもうかる はじめてのバリュー株

バリュー株で勝つための図解「決算書&企業価値」分析ドリル


オーディオブック

マーケットの魔術師
〜日出る国の勝者たち〜 Vol.12
『バリュー株の収束相場をモノにする!』
CD版/ダウンロード版

過去のブログ

  • 15年03月
  • 10年06月
  • 09年11月
  • 09年10月
  • 09年09月
  • 09年08月
  • 09年07月
  • 09年06月
  • 09年05月
  • 09年04月
  • 09年03月
  • 09年02月
  • 09年01月
  • 08年12月
  • 08年11月
  • 08年10月
  • 08年09月
  • 08年08月
  • 08年07月
  • 08年06月
  • 08年05月
  • 08年04月
  • 08年02月
  • 08年01月
  • 07年12月
  • 07年11月
  • 07年10月