パンローリング トップバー パンローリング Top 相場データCD-ROM オプション倶楽部 トレーダーズショップ/書籍、DVD販売 株式コーナー Pan発行書籍 セミナー 相場アプリケーション パンレポート 掲示板 相場リンク集
メールはこちらまで

通勤のお供に投資の仲間たち携帯版を 携帯版 投資の仲間たち

パンローリング 投資の仲間たち

林知之New ニック 青木智(株の達人)太田 創BartJACK 鎌田傳 浅川夏樹 村居孝美 長友哲郎角山智優利加
羽根英樹 |  福森哲也 結喜たろう 柏木淳二 塩坂洋一 森田佳佑モーちゃん豊嶋久道 斉藤学 YEN蔵 バカラ村
杉本貴秀吉田恒けむ。徳山秀樹平田啓小口幸伸兄貴西原宏一夕凪池辺雪子石田和靖久保田博幸
藤ノ井俊樹山口祐介阿部俊之鈴木一之sarah岩本祐介中原駿片岡俊博はやぶさ
足立武志 川口一晃 青柳孝直小畑崇弘徃住啓一一角太郎村田雅志不動修太郎FuturesEYE赤裸々セミナー後記

million club hilton webinar etsuko fx express faber report larry TV 年率20%を長期的に稼ぐ 日経225オプション教室 バカラ村式 FX短期トレードテクニック 225オプションディレクトツールキット たけぞうの50億稼いだ男のメルマガ 石原順のメルマガ マーケットの極意 北浜投資塾 対面イベント 投資戦略フェアEXPO2019大阪 custom chart custom chart


開催予定のセミナーDVD一覧お買い物ブログのホームに戻る

片岡俊博

1995年に 株式投資を始め、1997年に商品先物を始める。ラリー・ウィリアムズなどを世に出したリアルマネー選手権であるロビンスカップの日本版、オンライン商品先物競技会にシュンくん☆のハンドルネームにて、第3回大会では初参加で285%のパフォーマンスを出し三位入賞、第4回大会では543%で2位入賞。
トレードが出来る時間は、朝と夜の勤務 時間外と、昼休みに限られるので、その時間に注文出来る技法のみでのトレードを続け、現在に至る。

片岡俊博の「シュンくん☆日記」

最近の商品先物

01月22日
商品先物の流動性が、どんどん減っていて、どうにもならなくなっています。一体どうなっているのかと思ってしまうほど、人気がありません。

商品先物のメリットは、板寄銘柄なら、引け成りが成立しやすい等のメリットがあります。日経平均先物ミニやトピックス先物ですら、ザラ場引けが多く、寄り引けをやるのなら、商品先物の板寄せだと私は思っていました。

また、サヤ取りを個別株でやるのも良いが、流動性やファンダメンタルズ(=業務内容)の変化などを管理しない限り、固定した銘柄間のサヤ取りは危険です。その点、商品先物の方が向いています。

なんだか、流動性を上げようとしている商品先物業界だと思うが、後手後手に回っているような気がします。

PANレポートでも活躍中のTさんに私の案の話しをしましたが、その案は、商品先物は前場9:00〜10:00 夜場10:00〜12:00 明場:1:00〜4:00の3回で十分な気がします。また、終値の決定は、板寄せに戻って欲しいと思っています。10:10と4:10からスタートで、板寄せを行う訳です。指成は、この板寄せで決定させればいいだけなのです。

で、板寄せは、今のシステムでは人が必要ですが、これを自動化出来ない物かと思います。それにより、人件費を抑えて欲しいです。システム的には、「A〜B円・C〜D円」と言う感じでトレードできたらと思います。それで、大口投資家だけ、ハナ取りを出来るようにすればいいと思うのです。

とにかく今の商品先物は流動性が無い以上は、私が先物をやる時は、サヤ取りならNTスプレッドかオプションで、片張りなら225ミニ先物でやる事になります。あとは、個別株同士のサヤ取りです。これらは、面白いですね。
コメント投稿
ページのトップへ

このページに関連する商品:


片岡俊博氏のセミナーDVD

DVD 日経225オプション つなぎ売買とサヤの実践セミナー

DVD 自動発注システム構築セミナー【売買プログラム作成編】

DVD 第一回 自動発注システム構築セミナー

DVD 株式と商品のサヤ取りセミナー


過去のブログ

  • 18年03月
  • 18年01月
  • 17年12月
  • 17年11月
  • 16年01月
  • 15年12月
  • 15年11月
  • 11年03月
  • 09年09月
  • 09年08月
  • 09年01月
  • 08年12月
  • 08年11月
  • 08年10月
  • 08年09月
  • 08年04月
  • 08年03月
  • 07年10月
  • 07年09月
  • 07年07月
  • 07年06月