パンローリング トップバー パンローリング Top 相場データCD-ROM オプション倶楽部 トレーダーズショップ/書籍、DVD販売 株式コーナー Pan発行書籍 セミナー 相場アプリケーション パンレポート 掲示板 相場リンク集
メールはこちらまで

通勤のお供に投資の仲間たち携帯版を 携帯版 投資の仲間たち

パンローリング 投資の仲間たち

林知之New ニック 青木智(株の達人)太田 創BartJACK 鎌田傳 浅川夏樹 村居孝美 長友哲郎角山智優利加
羽根英樹 |  福森哲也 結喜たろう 柏木淳二 塩坂洋一 森田佳佑モーちゃん豊嶋久道 斉藤学 YEN蔵 バカラ村
杉本貴秀吉田恒けむ。徳山秀樹平田啓小口幸伸兄貴西原宏一夕凪池辺雪子石田和靖久保田博幸
藤ノ井俊樹山口祐介阿部俊之鈴木一之sarah岩本祐介中原駿片岡俊博はやぶさ
足立武志 川口一晃 青柳孝直小畑崇弘徃住啓一一角太郎村田雅志不動修太郎FuturesEYE赤裸々セミナー後記

million club hilton webinar etsuko fx express faber report larry TV バカラ村式 FX短期トレードテクニック 225オプションディレクトツールキット 投資戦略フェアEXPO2019 custom chart custom chart


開催予定のセミナーDVD一覧お買い物ブログのホームに戻る

オプション倶楽部


2005年7月に発足した会員制のオプション勉強会。
一般の投資倶楽部や投資顧問と異なり、倶楽部会員に対して投資助言を行うのが目的ではない。
会員のオプションに関する知識を向上させ、オプション取引の実践能力や取引技能を高めること、会員自らの力でオプション取引によって利益をあげる能力を身につけ、さらにその能力を継続して磨くことを目的にしている。
発行されるニュースレターは、「米国株式、株価指数、LEAPS(米国長期オプション、日経225、日本円通貨オプション、日本銘柄ADR(預託証券)オプション」など、他では見ることができない多種多様な内容で発行される。
さらに、オプション初級者のためのコースを設け、オプションの啓蒙活動も行っている。


  オプション倶楽部サイト⇒http://www.optionclub.net/

関連する商品:

「オプションの極意」日記

LEAPS

01月23日
昨年後半から米国株式市場の変動が激しくなり、今年は年初より波乱の展開となっています。株式市場は1月相場が非常に重要で、その年の展開を占うとさえ言われています。S&P500でみると株式市場は昨年末の水準と比較して既に10%超下落しました。長期のブルトレンド(強気相場)はまだ継続していますが、これが終焉を迎える可能性もあります。目安はS%P500が高値から15%下落した時点です。しかし、既に、高値から10%以上下落しているので、短期トレンドが上昇に転換しても高値を更新するのに時間がかかるであろうと思われます。少なくとも過去の統計はそれを支持しています。
LEAPSは最も単純なプット売り戦略で過去長期にわたって成果を上げてきました。しかし、昨年のサブプライム問題による株価の下落に端を発し、この単純ながら威力のあった戦略に翳り(かげり)が見えてきました。そこで、オプション倶楽部としては、従来の戦略を見直しました。今年から本格的に取り上げる従来のLEAPS戦略と異なる戦略は通常の株式オプション取引戦略と類似しています。最大の違いは、「通常オプション」(Non-LEAPS=LEAPSでないオプション)かLEAPSかの違いです。

今、なぜ、従来のLEAPSプット売り戦略を見直す必要があるのか?株式市場は10年、20年に1度大きな変節を迎える。比較的記憶に新しいのは1987年10月のブラックマンデー、最近では2000年のITバブルの崩壊で、いずれも株式市場は暴落した。もっとも、LEAPSが誕生したのは1990年以降なので、1987年時にはLEAPSは存在しなかったので、LEAPSプット売り戦略が最も大きなダメージを受けたのは2000年のバブル崩壊によるものだが。。。オプション倶楽部(前身)が本格的にLEAPS戦略を実践したのは2000年のITバブル崩壊以降なので、同戦略は2000年から2007年まで文字通り成功を収めてきた戦略だった。

LEAPSはなお個人投資家には有利であろうと思われます。LEAPSはやはり個人投資家に向いている金融商品なのです。その根拠は上述したLEAPSの特性の中にあります。時間が充分にあるオプションだということです。オプションを売る戦略においては、時間価値が充分にある、かなり離れた権利行使価格を選択することができます。プレミアムは充分にあります。LEAPSを組み合わせて、株式投資や株式の空売りと同じ効果を得るポジションも可能です。株式そのものを売買するならLEAPSの方がいいではないかとさえ思われるのです。
(1/19 記)

コメント投稿

日経225オプションと米国株式オプション

01月15日
皆さんがオプション取引で利益を上げるにはこのゲームのルールの本質をよく理解し、次にその理解を実践に役に立てて利益をあげるだけの技能を身につけることです。自分で努力せずに他力本願では絶対に身につきません。逆に、努力すれば誰にでも身につきます。
第二に、日経225オプションについては以下のことを理解してください。日経225オプションはS&P500オプションに代表される米国株価指数オプションや米国株式オプション、米国ETFオプションとはその市場構造、価格付け、マーケットの参加者の層や構造において大きく異なります。結論を先に言えば、前述のゲームのルールの本質を理解しそれを活用できるだけの技能があれば、米国オプション市場の方が遥かに利益を上げやすいのです。当倶楽部の監修者は米国オプション市場も日経225オプション市場も両方ともに十分な経験がありますが、米国オプション市場では、控えめに言っても日経225オプション取引の5分の1以下の労力で、米国オプション市場で利益を上げることができると自らの経験から言っています。日経225オプションを取引するなと言いたいのではありません。皆さんの中で、米国市場で取引することを厭わないなら、日経225オプションの代わりに欧米市場のオプションを取引されたらいかがでしょうか。

日経225オプションだけを取引され、今後もそれだけを継続して取引していく方へ:日経225オプションを同じオプション市場だと理解してはいけません。この市場は特殊なのです。その特殊性を理解することです。今後、毎回このことに触れ、解説していく予定です。

― オプション倶楽部ニュースレターから抜粋 ―

http://www.optionclub.net/
コメント投稿

S&P500

01月07日
株価指数オプションで「売り戦略」を実行してみたい方は、
S&P500先物オプションなどを対象にしてみるのは、いかがでしょうか?
同戦略に最も向いた市場のひとつです。
日経225オプションよりもS&P500オプションの方が向いていると思います。

また、先物オプションではなく現物オプションで実行されたい方は、
SPYを代用することができます。
現物オプションと先物オプションの最大の違いは、後者は証拠金率が低いということです。
日経225オプションとの違いは、権利行使価格の刻み、ファーOTMオプションの流動性、価格形成等で、S&P500オプションの方が遥かにベターだと思われます。

S&P500先物オプションは倍率250倍の通常サイズのものと倍率50倍のミニサイズのものがあります。
前者はピット取引で後者はGLOBEX(電子取引市場)取引です。いずれも流動性は十分にあります。違いはもうひとつあります。前者は相当にファーOTMまで取引されていますが、後者は前者に比べて限られています。

例えば、S&P500先物オプション(SP)では3月限865Pまで取引されていますが、ミニS&P500オプション(ES)では1175Pまでしか取引されていません。倶楽部ではSP(通常サイズ)を対象に解説します。SPもESも価格付けは同じです
コメント投稿

2008年相場・・・

01月03日
新年あけましておめでとうございます。

増田が住む、ここニューヨークでは日本より2日早く、
1月2日に新年相場の幕が開きました。

金融市場は、ダウがNY時間午前10時半現在昨年末比▼100ポイント、
Tボンドが昨年末+1ポイントというように株式が売られて債券が買われる、
やや波乱の幕開けの様相です。

一方、商品市況は、NY原油先物が昨年末比2ドル高の98ドルを超え、
今年も健在ぶりをうかがわせます。
やはり、原油価格は100ドル超えを狙う展開のようです。
ゴールド、シルバーといった貴金属市場、穀物市場も強含みで推移しています。
「商品の時代」はまだまだ続きそうです。

2008年は米国大統領選挙が行われます。民主党の候補者争いが白熱しており、黒人のオバマ氏が怒涛の追い上げでクリントン女史をついに抜いたようです。
今年の相場も盛り沢山、いろいろな展開が予想されます。
株式市場は商品市場の強さに反比例して弱含む展開が予想されますが、長く続いてきた米国のブル相場はまだ終わっていないという内容の記事がここ米国の全国紙USATODAYに出ています。

いずれにせよ、オプション市場ではボラティリティが盛り上がれば「市場の歪み」を狙って利益を得る好機が増えるでしょう。
コメント投稿
ページのトップへ

増田丞美監修
オプション倶楽部

オプション倶楽部会員


初級者からのオプション取引 通信講座 第八期生

NEW!!

増田丞美氏の新着セミナー

優位性の上にトレード技術で 勝ちとるオプション取引 増田丞美 投資戦略フェア2011

優位性の上にトレード技術で
勝ちとるオプション取引
投資戦略フェア2011
2011年2月19日(土)開催

NEW!!


増田丞美氏新着DVD

DVD 日経225オプションを用いて相場の波に乗る技法


オプション倶楽部新着DVD

DVD ボラティリティ売買セミナー

DVD オプション売買実践セミナー
〜脱・中級者を目指す
トレーニング講座〜

DVD 個人投資家のための日経225オプション取引の基礎


オプション倶楽部関連書籍

【オプション入門書 】



マンガ オプション売買入門の入門2 [実践編]



マンガ オプション売買入門の入門



私はこうして投資を学んだ



DVDブック 資産運用としてのオプション取引入門



最新版 オプション売買入門

【オプション中級書 】



プロが教えるオプション売買の実践



オプション売買学習ノート



最新版 オプション売買の実践

【オプション実践書 】



オプション売買の実践<株式編>
変化に適応したトレード戦略



オプション倶楽部の投資法



オプションボラティリティ売買入門



カプランのオプション売買戦略

【日経225オプション書籍 】



オプション売買の実践 <日経225編>



日経225オプション取引 基本と実践


オプション倶楽部関連のDVD



DVD 株式オプションの魅力と戦術
―急騰・急落がおいしいと思える理由



DVD 日経225オプション取引のコツ



DVD 外国株取引入門



DVD オプション売買入門セミナー



DVD カリスマ投資家一問一答



DVD オプション倶楽部の勉強会 総復習編



DVD オプション倶楽部のLEAPSとNOPS戦略



DVD アメリカ株のオプション売買セミナー



DVD 第2回 オプション売買入門セミナー



DVD 日経225オプション売買セミナー [入門編]



DVD 日経225オプション売買セミナー [実践編]


過去のブログ

  • 09年09月
  • 09年06月
  • 09年05月
  • 09年04月
  • 08年10月
  • 08年09月
  • 08年07月
  • 08年06月
  • 08年05月
  • 08年04月
  • 08年03月
  • 08年02月
  • 08年01月
  • 07年12月
  • 07年11月
  • 07年10月
  • 07年09月
  • 07年08月
  • 07年06月
  • 07年05月
  • 07年01月