パンローリング トップバー パンローリング Top 相場データCD-ROM オプション倶楽部 トレーダーズショップ/書籍、DVD販売 株式コーナー Pan発行書籍 セミナー 相場アプリケーション パンレポート 掲示板 相場リンク集
メールはこちらまで

通勤のお供に投資の仲間たち携帯版を 携帯版 投資の仲間たち

パンローリング 投資の仲間たち

林知之New ニック 青木智(株の達人)太田 創BartJACK 鎌田傳 浅川夏樹 村居孝美 長友哲郎角山智優利加
羽根英樹 |  福森哲也 結喜たろう 柏木淳二 塩坂洋一 森田佳佑モーちゃん豊嶋久道 斉藤学 YEN蔵 バカラ村
杉本貴秀吉田恒けむ。徳山秀樹平田啓小口幸伸兄貴西原宏一夕凪池辺雪子石田和靖久保田博幸
藤ノ井俊樹山口祐介阿部俊之鈴木一之sarah岩本祐介中原駿片岡俊博はやぶさ
足立武志 川口一晃 青柳孝直小畑崇弘徃住啓一一角太郎村田雅志不動修太郎FuturesEYE赤裸々セミナー後記

million club hilton webinar etsuko fx express faber report larry TV バカラ村式 FX短期トレードテクニック 225オプションディレクトツールキット 投資戦略フェアEXPO2019 custom chart custom chart


開催予定のセミナーDVD一覧お買い物ブログのホームに戻る

オプション倶楽部


2005年7月に発足した会員制のオプション勉強会。
一般の投資倶楽部や投資顧問と異なり、倶楽部会員に対して投資助言を行うのが目的ではない。
会員のオプションに関する知識を向上させ、オプション取引の実践能力や取引技能を高めること、会員自らの力でオプション取引によって利益をあげる能力を身につけ、さらにその能力を継続して磨くことを目的にしている。
発行されるニュースレターは、「米国株式、株価指数、LEAPS(米国長期オプション、日経225、日本円通貨オプション、日本銘柄ADR(預託証券)オプション」など、他では見ることができない多種多様な内容で発行される。
さらに、オプション初級者のためのコースを設け、オプションの啓蒙活動も行っている。


  オプション倶楽部サイト⇒http://www.optionclub.net/

関連する商品:

「オプションの極意」日記

OPS

09月27日
オプション倶楽部のBLOGはあまりにも面白くない、という評判が聞こえてきそうだ。われわれもそう思いながらいつも堅い話をここで紹介してきたので、ちょっと趣向を変えようか、と思っている。われわれは今年もここまで順調だが、対外的に、あまり、儲け話をするのは好きではない。少しは興味をひくような話をしてみたい。そもそもオプションは一般投資家の多くにとって無縁の世界かもしれない。理由は、難しく複雑そうに見えるからだ。FXや株の方がずっとシンプルに見える。FXはシンプルで小金でも勝負できるのが多くの投資家に受けいられている理由の一つであろう。われわれはオプションが専門なので、オプションが一番だと思っている。

実は、オプションはそんなに難しくはない。基本は安いプレミアムを買って高く売るだけだ。その反対も可能だが、小資金の個人投資家なら基本的には「安く買って高く売る」戦略しかできない。しかし、それで十分だろう。例えば、AMZN(われわれのお得意の銘柄の一つだが・・)は9/25現在、90ドル50セントである。これを100株買うのに必要なお金は9050ドル(手数料を除く)。コールオプションなら、10月限100コール(=権利行使100ドルのコールオプション)は1枚(=100株に相当)65ドル程度。レバレッジは140倍程度だ。もっとも、われわれはこのようなオプションは買わないが・・。われわれが買うなら権利行使価格がもっと低いコール、たとえば、85コールを買う。10月限(=10月が期限)は7ドルなので、700ドルで株式100株投資とほとんど同じ効果を得ることができる。一方、空売りの代わりに、プットを買う。今度は1月限100ドルプットを買う。1枚(100株の空売りに相当)で1000ドルあればこの空売りと同じ効果が期待できるトレードが可能なのだ。信用取引では証拠金が9050ドルの半分=4525ドルかかる。いかがだろうか?小金で高い値段の株式の売買ができる。

以上のコール買いとプット買いを組み合わせてサヤ取りも可能だ。われわれがOPSと呼んでいるサヤ取りである。株式のサヤ取りなら大きな資金が要るが、これはオプションでやることに意味がある。例えば、ある銘柄を空売りして同時にある別の銘柄の株を買う「株式サヤ取り」信用取引を利用してやると最少ロット100株ずつのサヤ取りで資金は約1万ドル必要だ。代わりにオプションを利用すれば1000〜1500ドルの資金量でそれと全く同じ効果のあるサヤ取りポジションを組める。そして、リスクは株式サヤ取りよりずっと小さく、期待利益は株式サヤ取りと同じである。
コメント投稿

ボラティリティの波に乗る

09月21日
「トレード」を「株価変動とボラティリティあるいはそれらのサヤ(スプレッド)の波に乗って利益をあげること」と定義するなら、このような目的を遂げる技能を身につけるには、ラーニングカーブ(学習曲線)の中にいる間に、守らなければならないことがある。それは「手を広げない」ということ、一つの銘柄と一つの手法・戦略に特化するということである。

これは今までに何度も繰り返し述べてきたことであるが、上達しない人は初めから手を広げる人に多いので強調したい。「投資」とは異なる「トレード」で利益を生むのは、結局のところ「技術」なのだ。この技術は一夜にして身につくものではない。ひとつのことに集中し、自分の「専門」(銘柄の専門、手法・戦略の専門)をもち、同じことを繰り返し実行することではじめて技術が身につき、さらに、向上させることができる。その技術こそが基調な財産になるだろう。

さて、オプショントレードについては、様々なことが述べられているが、われわれに関する限り、結局、それは「ボラティリティの売買」である。買い戦略だろうが、売り戦略だろうが、スプレッドだろうが、結局はボラティリティを売買することなのだ。われわれは株価の波とは異なるボラティリティの波に乗るための技術を磨いている。ボラティリティの波は大きく歪むので、これほど面白いものはない。

(以上、オプション倶楽部ニュースレターから一部抜粋)

コメント投稿

ひとつ知って、ふか〜く知って・・・

09月13日
ベストセラー『思考の整理学』の著者、外山滋比古氏が文藝春秋(2009年)十月号に寄稿した「あなたを救う忘れる力」からの抜粋である。
「知識を習得するということは、いってみれば、ものを食べるようなものである。食べすぎると消化不良をおこしてしまう。そればかりか、食べるだけ食べて、エネルギーを消費しなければ、すぐ栄養過多になる。知的メタボリックだ。
元来、知識は有用なものである。そこから何か新しいものを考え出したり、作りだすことができれば、その知識は生きているといえよう。
しかし、自分が消費したり、利用することができないほどに、知識を貯めこんでしまうと、体と同じように、メタボリックになってしまう。
知識の蓄積ではコンピューターに勝てるわけもないのに、知的メタボリックになろうとしている人の何と多いことか。
単に知識を集めて、量的な増大を喜んでいるのは、栄養のあるものをたくさん食べればいいと思いこむようなもので、幼稚な考えである。」(以上、同誌325頁より引用)

オプションは他の金融商品と比べると複雑で、どういうわけか、知的な人に受けるようでオプションに関する多くの知識をもつ知的な投資家が多いのは事実である。しかし、相場(マネーゲーム)の世界では知識がどんなにあっても勝てない。マネーゲームで最も大切なことは一つのことを深く知ることだ。「ひとつ知って、ふか〜く知って。」(故人大原麗子のCM“ちょっと愛して、なが〜く愛して”を捩った)そして、知識よりも「実行力」の方がずっと大切なのである。われわれの経験から言わせていただくと、知ってからやるよりやってから考える、あるいはやりながら考えるタイプの人の方が伸びる。

(オプション倶楽部ニュースレターより抜粋)
コメント投稿

ストラングルスワップ

09月05日
スプレッド取引にはいろいろあるが、
倶楽部はその中で「ストラングルスワップ」を最も好み、
過去、長年にわたってこのスプレッドが最も勝率が高く、
最も多く利益を上げている。
われわれに関して言えば、最も仕掛け易く、
わかり易いのが最大の理由かもしれない。

「ストラングスワップ」はATMを対象にした限月間のプレミアムのサヤ取りを
コールとプットの両方で仕掛ける戦略であり、
期近限月を買って、期先限限月を売る。
これが利益になるのはそれらのスプレッドの合計が縮小した場合である。
では、どのような場合に縮小するのか?
ひとつはIVが減少したときであり、
もう一つは株価が中心(ATM)から上下いずれかに大きく変動した場合、
またはそれらの2つが同時に起こった場合だ。
反対に、IVが上昇した場合や株価があまり変動しない場合における
タイムディケイによってスプレッド合計が拡大して損失が発生する。

このスプレッドがなぜ仕掛けやすいのか?
これはあくまでわれわれの経験による感覚から来る意見に過ぎないので、
それを割り引いて聞いてほしい。
われわれは上述のVIXオプションでもそうであるが、
ボラティリティを売る戦略
(VIXプットを「買う」戦略はボラティリティを「売る」戦略と同じである)
を好む。
その理由は、大きく増加したボラティリティはやがて(あまり時間をおかずに)
減少に向かう傾向が強い。
高い水準のボラティリティはやがて低い水準へと向かう。
これが逆だと時間がかかるし、仕掛けのポイントが明確でない。

ストラングルスワップは「ボラティリティを売る戦略」の一種だと考えると
わかり易いかもしれない。
また、仕掛けのポイントもわかり易いかもしれない。

(以上、オプション倶楽部ニュースレターから一部抜粋)
コメント投稿
ページのトップへ

増田丞美監修
オプション倶楽部

オプション倶楽部会員


初級者からのオプション取引 通信講座 第八期生

NEW!!

増田丞美氏の新着セミナー

優位性の上にトレード技術で 勝ちとるオプション取引 増田丞美 投資戦略フェア2011

優位性の上にトレード技術で
勝ちとるオプション取引
投資戦略フェア2011
2011年2月19日(土)開催

NEW!!


増田丞美氏新着DVD

DVD 日経225オプションを用いて相場の波に乗る技法


オプション倶楽部新着DVD

DVD ボラティリティ売買セミナー

DVD オプション売買実践セミナー
〜脱・中級者を目指す
トレーニング講座〜

DVD 個人投資家のための日経225オプション取引の基礎


オプション倶楽部関連書籍

【オプション入門書 】



マンガ オプション売買入門の入門2 [実践編]



マンガ オプション売買入門の入門



私はこうして投資を学んだ



DVDブック 資産運用としてのオプション取引入門



最新版 オプション売買入門

【オプション中級書 】



プロが教えるオプション売買の実践



オプション売買学習ノート



最新版 オプション売買の実践

【オプション実践書 】



オプション売買の実践<株式編>
変化に適応したトレード戦略



オプション倶楽部の投資法



オプションボラティリティ売買入門



カプランのオプション売買戦略

【日経225オプション書籍 】



オプション売買の実践 <日経225編>



日経225オプション取引 基本と実践


オプション倶楽部関連のDVD



DVD 株式オプションの魅力と戦術
―急騰・急落がおいしいと思える理由



DVD 日経225オプション取引のコツ



DVD 外国株取引入門



DVD オプション売買入門セミナー



DVD カリスマ投資家一問一答



DVD オプション倶楽部の勉強会 総復習編



DVD オプション倶楽部のLEAPSとNOPS戦略



DVD アメリカ株のオプション売買セミナー



DVD 第2回 オプション売買入門セミナー



DVD 日経225オプション売買セミナー [入門編]



DVD 日経225オプション売買セミナー [実践編]


過去のブログ

  • 09年09月
  • 09年06月
  • 09年05月
  • 09年04月
  • 08年10月
  • 08年09月
  • 08年07月
  • 08年06月
  • 08年05月
  • 08年04月
  • 08年03月
  • 08年02月
  • 08年01月
  • 07年12月
  • 07年11月
  • 07年10月
  • 07年09月
  • 07年08月
  • 07年06月
  • 07年05月
  • 07年01月