パンローリング トップバー パンローリング Top 相場データCD-ROM オプション倶楽部 トレーダーズショップ/書籍、DVD販売 株式コーナー Pan発行書籍 セミナー 相場アプリケーション パンレポート 掲示板 相場リンク集
メールはこちらまで

通勤のお供に投資の仲間たち携帯版を 携帯版 投資の仲間たち

パンローリング 投資の仲間たち

ニックNew 青木智(株の達人)New太田 創BartJACK 鎌田傳 浅川夏樹 村居孝美 長友哲郎角山智優利加
羽根英樹 |  福森哲也 結喜たろう 柏木淳二 塩坂洋一 森田佳佑モーちゃん豊嶋久道 斉藤学 YEN蔵 バカラ村
杉本貴秀吉田恒けむ。徳山秀樹平田啓小口幸伸兄貴西原宏一夕凪池辺雪子石田和靖久保田博幸
藤ノ井俊樹山口祐介阿部俊之鈴木一之sarah岩本祐介中原駿片岡俊博はやぶさ
足立武志 川口一晃 青柳孝直小畑崇弘徃住啓一一角太郎村田雅志不動修太郎FuturesEYE赤裸々セミナー後記

million club hilton webinar option club etsuko fx express faber report larry TV 三沢誠のリアルタイム・ストラテジー バカラ村式 FX短期トレードテクニック 株のデイトレ・スイングトレード 通信スクール 225オプションディレクトツールキット 投資戦略フェアEXPO2018


開催予定のセミナーDVD一覧お買い物ブログのホームに戻る

徳山秀樹


電子書籍 徳山秀樹のデイトレード運用法

約12年間のサラリーマン生活を経て、2001年に専業トレーダーとして独立。
約20年の株式投資経験とサラリーマン時代に培った管理手法をもとに 、株式投資の不確実性を極力排除して年間1000万円以上の収益を安定して上げ続けている。
現在はこのデイトレード理論を、自動売買システムにして運用中。
著書に『電子書籍 徳山秀樹のデイトレード運用法』がある。

徳山秀樹の個別株自動売買システム運用記

下げを帳消し

04月30日
最近の祝日は月曜日が増えたので、昨日のように週央にぽつんと1日だけ休みが入ると結構戸惑ってしまう。休み前に急落した東京市場に対してNY市場はプラスで返ってきたことで、今朝は大幅ギャップアップで始まり休み前の下げを帳消しにしてしまった。

持ち越し決済は当然勝利であるが、持ち越し額をかなり抑えていたので素直に喜ぶことは出来ない。デイトレも比較的好感触だったものの伸びきれず、かなり不完全燃焼であった。(11:00記)
コメント投稿

なぜ強い?

04月28日
相変わらずニュースは豚インフルエンザ一色。週明けのNY市場は小幅安で明日は祝日となれば上がる要素はないと思いデイトレは売り中心にしたのだが、指数は短時間に100円以上も上げてきた。

これにより逃げ回るだけのトレードどなったが、何とかしのいだ。もはや後場もやる気はあまりないが、安いものを少しおさえておく程度はしておくつもり。(11:10記)
コメント投稿

意外と健闘

04月27日
週末は豚インフルエンザのニュース一色という感じだったが、株式市場は関連銘柄が話題になるなど意外と前向きで、全体的にもGW連休期間にもかかわらず堅調という印象の前場だった。

こうした流れで持ち越し決済が好調で、持ち越し額は注力した前日からは大幅に落としたにもかかわらず、決済益では上回った。デイトレは素早い決済に徹して無理をしなかったが、後場は連休中の逆日歩や踏み上げが狙えそうなものがないか探していきたい。(11:00記)
コメント投稿

やや残念

04月24日
昨日の後場は押し目からの反発の流れに一気に乗って攻めまくり、過去最高レベルの持ち越し金額&含み益となった。ミニ先物によるヘッジも4枚に達し、かなり緊張感があったのだが、NY市場は小幅ながら高く引けてくれた。

これで今日こそ大勝と喜んだのだが、今朝の決済では昨日の余韻から期待されたほどの伸びはなく、一応満足いく金額ながらも平凡な利益率でかなり残念な結果だった。もう一杯一杯だったのだろうか?寄り後は下げてきたのでデイトレは売り主体に攻めて反撃したのだが、押し目にはしつこく買いが入ってくるようで崩れない。結局こちらも薄利で買い戻して矛を収めた。後場に再び期待したい。(11:00記)


私の投資術を紹介したオーディオブックがパンローリングから発売中です。
[オーディオブックCD] マーケットの魔術師 〜日出る国の勝者たち〜 Vol.09
ポジション・ニュートラルから紡ぎだす日々の確実収益術〜徳山秀樹、清水昭男
CD版
ダウンロード版
コメント投稿

まだ木曜日

04月23日
今日は金曜日かと思っていたのにまだ木曜日。GW連休までもう一頑張りしないといけない。

NY市場は引けにかけて失速してしまったようだがCMEが相変わらず強めで今朝も結局やや高く始まった。しかしほぼ寄り天となって前場はマイナス圏で終えそう。トレードは昨日とほぼ同じような展開だが、後場はしっかり見ていきたい。(10:50記)
コメント投稿

期待外れ

04月22日
昨日の前場は久しぶりにまとまった調整となり、このままGW連休を意識した展開となっていくのかとも考えたが、後場になるとジワジワ切り返してきた。カラ売りも多く入っているということなので、連休中の逆日歩などを考えると早めに買い戻したい向きもあるのだろうか?

NY市場は反発してきた。昨日の引けにかけての流れからもっとギャップアップして始まるのかと思ったが、実際はあまり伸びずに持ち越し決済も平凡な利益率にとどまった。デイトレも殆ど動けず、やや期待外れに終わりそう。(10:50記)
コメント投稿

NY急反落

04月21日
週明けのNY市場が急反落となった。これはしっかり想定していたので余裕の対応といいたいところだが、どうもうまくいかなかった。

持ち越し決済は当然マイナス。これをデイトレで取り返す作戦で、早めに売りを入れたり十分に突っ込んだところを買ったり忙しく対応するのだが、今日はどちらも簡単には利食いできない難しい展開で参ってしまった。

9000目前に足踏みが続いていたタイミングだったので一斉に逃げ出した感じだが、これから徐々にGW連休も迫ってくるので安易な押し目買いは慎んでいくつもり。(11:00記)
コメント投稿

もう一頑張り

04月20日
週末はゆっくり休んでリフレッシュできた。ゴールデンウィークも迫ってきたが、今週はしっかり働いて稼いでおきたいところ。

週末のNY市場は小幅高だったので、高水準の持ち越し決済は平凡な利益率ながらも満足できる金額に達した。その後は寄り天の動きとなり、売り中心に入ったデイトレでも少ないながら無難に利益を積み増すことができ、前週に続き出足は良好となった。後場はいつも通り慎重に対処する予定。(11:00記)
コメント投稿

外部環境で右往左往

04月17日
昨日の日経平均は放物線を描いて引けにかけて下げたが、NY市場がしぶとく続伸だったこともあって今朝は一転ギャップアップで始まった。外部環境に大きく左右される東京市場お得意の動きになってきた感じ。

持ち越し決済はようやく標準的な利益率に回復したものの、持ち越し額が少ないので満足できない。デイトレも右往左往しながら頑張ったが、利益はやはり伸びない。今週は良かったのは週初だけだったが、来週も相場の調整におびえる同様の展開を懸念しているので、持ち越し仕込みだけはしっかりやっておきたい。(11:00記)


私の投資術を紹介したオーディオブックがパンローリングから発売中です。
[オーディオブックCD] マーケットの魔術師 〜日出る国の勝者たち〜 Vol.09
ポジション・ニュートラルから紡ぎだす日々の確実収益術〜徳山秀樹、清水昭男
CD版
ダウンロード版
コメント投稿

さらに戦意喪失

04月16日
昨日の後場から夕場にかけての堅調な動きは前日と同じような感じで、今度はNY市場も反発してきた。こうした好条件にもかかわらず持ち越し決済はなぜか低調で、ますます戦意を喪失してしまった。

前場は9000を突破する堅調な動きとなったが、これにも乗れない。後場は通院に伴う外出もあり、ちょっとお手上げ状態である。(11:00記)
コメント投稿

戦意喪失

04月15日
昨日の後場は下げ止まりとみて持ち越し量を増やしてみたのだが、NY市場は残念ながら下落してしまい報われなかった。デイトレもぱっとせずに結果を残せずガッカリしている。少し冷静に様子をみたほうがいいかもしれない。(11:00記)
コメント投稿

NY次第

04月14日
連休明けのNY市場は安く始まったものの、引けにかけて回復してきたようだ。CMEは最近の特徴でかなり高いが、とりあえず9000の壁を意識して売り・買い両睨みのデイトレ対応で、NY市場の引け後に材料(GS)の出たダウ先物の動きを中心に見ることにした。

出足から個別は指数ほど強くなく指数もすぐに失速したので、買いは早々に諦めて売りでとる作戦はうまくいったが、エントリーが少なく利益は限定的だった。後場は引き続きダウ先物に左右されそうで難しいが、大きく動くようなら拾ってみたい。(11:00記)
コメント投稿

思ったより強い週明け

04月13日
週末のNY市場は休場であったが、持ち越し決済は意外と健闘した。ダウ先物の動きなどからデイトレは売り中心にエントリーしたのだが、指数はすぐに反発傾向となってきたので慌てて買い戻すこととなった。思ったより強かったが、今週は9000の壁や先週のSQ値を意識した慎重な対応を考えている。(11:00記)
コメント投稿

SQ通過

04月10日
NY市場は大幅続伸で、今日は9000オーバーでのスタートとなった。当然持ち越し決済も大勝利かと思ったら、意外にもまったくふるわなかった。SQの影響があるのだろうか?、非常に失望した。

デイトレもその影響で買いが予想外に多くなったのだが、こちらは3月のメジャーSQのように上手くはいかず、寄り天の展開から逃げ回るだけで踏んだり蹴ったりの1日となってしまった。今週は連日晴天だったのに、なんだかトレードは曇天続きだった。(11:00記)


私の投資術を紹介したオーディオブックがパンローリングから発売中です。
[オーディオブックCD] マーケットの魔術師 〜日出る国の勝者たち〜 Vol.09
ポジション・ニュートラルから紡ぎだす日々の確実収益術〜徳山秀樹、清水昭男
CD版
ダウンロード版
コメント投稿

SQ目前

04月09日
昨日はズルズル下げる弱い展開であったが、NY市場が小反発となった今日は一転して底堅くなった。いずれにしてもデイトレ買いではなかなかとりにくい。SQは気になるが、後場は持ち越し仕込みに注力するしかなさそう。(11:00記)
コメント投稿

NY続落

04月08日
NY市場が続落で、ようやく押し目買いのチャンスが巡ってきたと意気込んだ。まずは先発隊のデイトレで強弱感を見極めてみることにしたが、思ったより弱かった。

ちょっと嫌な感じだったので粘ることなく手仕舞っていった。それらをほぼ終えた10時以降に反発する流れであったが、まだちょっと怪しい。後場はもう少し流れを見てから判断したい。(11:00記)
コメント投稿

やりにくい

04月07日
高いところを買うのは得意でないので、一度押してくれることを望んでいるのだが、なかなか思い通りの展開にはならない。週明けのNY市場は小反落であったが、東京市場の前場は少し押せばすかさず反発してくるので思い切っていけない。後場もこんな調子だと非常にやりにくそう。(11:00記)
コメント投稿

乗り切れない

04月06日
金曜日の夕場では糸の切れた凧のように上げていき、NY市場も小幅ながら続伸であった。このため今朝も高く始まったのだが、持ち越しの決済益はあまり伸びずに残念だった。デイトレは相変わらずまったく乗れないので、前場は手持ち無沙汰でどうも面白くない。

今週はSQが控えている。これまでの展開ならば買い方が圧倒的に有利にみえるが、油断は禁物なので乗り切れないからといって焦って安易な行動は慎み、慎重さを心掛けたい。(11:00記)
コメント投稿

さらにやりにくい

04月03日
NY市場は大幅続伸で、もはやついていけない。今朝も高く始まったが、持ち越し決済の利益はそれほど伸びない。デイトレも難しく、ぱっとしない感じで前場を過ごした。週末でここからさらに伸びるとは考えにくいが、タイミングをよく見極めて週末の持ち越しを考えたい。(11:00記)


私の投資術を紹介したオーディオブックがパンローリングから発売中です。
[オーディオブックCD] マーケットの魔術師 〜日出る国の勝者たち〜 Vol.09
ポジション・ニュートラルから紡ぎだす日々の確実収益術〜徳山秀樹、清水昭男
CD版
ダウンロード版
コメント投稿

やりにくい

04月02日
NY市場は続伸で、昨日書いた相場観の裏目が続いている。だがタイミングが悪いのか、デイトレの買いでとるのもなかなか難しく、手をこまねいて見ている状態で前場を過ごした。

後場はスイング仕込みで巻き返したいが、こちらも既に高くなっているのを追うので、梯子を外されそうでやりにくそう。(11:00記)
コメント投稿

動きに翻弄

04月01日
今週は前半(3月末まで)が高く、後半(4月)は安いという相場観だったのだが、見事に裏切られている。今日はNY反発でCMEも高水準なのでギャップアップスタートかと思ったら、あまり高いスタートではなかった。

こうした不透明な状況でスイング決済はうまく乗り切ったものの、デイトレは大混乱で売りも買いも損切りという状態でなす術がなかった。結局その後は上げてきたが、完全に動きに翻弄されてしまっているので少し落ち着きたい。(11:00記)
コメント投稿
ページのトップへ

このページに関連する商品:

徳山氏の著書

電子書籍
徳山秀樹のデイトレード運用法
NEW!!


毎日5万円を株で稼ぎ続ける方法


オーディオブック

マーケットの魔術師
日出る国の勝者たち Vol.09
『ポジション・ニュートラルから紡ぎだす日々の確実収益術』
CD版 / ダウンロード版


徳山氏の電子書籍

私のデイトレード手法紹介

過去のブログ

  • 11年09月
  • 11年08月
  • 11年07月
  • 11年06月
  • 11年05月
  • 11年02月
  • 11年01月
  • 10年12月
  • 10年11月
  • 10年10月
  • 10年09月
  • 10年08月
  • 10年07月
  • 10年06月
  • 10年05月
  • 10年04月
  • 10年03月
  • 10年02月
  • 10年01月
  • 09年12月
  • 09年11月
  • 09年10月
  • 09年09月
  • 09年08月
  • 09年07月
  • 09年06月
  • 09年05月
  • 09年04月
  • 09年03月
  • 09年02月
  • 09年01月
  • 08年12月
  • 08年11月
  • 08年10月
  • 08年09月
  • 08年08月
  • 08年07月
  • 08年06月
  • 08年05月
  • 08年04月
  • 08年03月
  • 08年02月
  • 08年01月
  • 07年12月
  • 07年11月
  • 07年10月
  • 07年09月
  • 07年08月
  • 07年07月
  • 07年06月
  • 07年05月