パンローリング トップバー パンローリング Top 相場データCD-ROM オプション倶楽部 トレーダーズショップ/書籍、DVD販売 株式コーナー Pan発行書籍 セミナー 相場アプリケーション パンレポート 掲示板 相場リンク集
メールはこちらまで

通勤のお供に投資の仲間たち携帯版を 携帯版 投資の仲間たち

パンローリング 投資の仲間たち

林知之New ニック 青木智(株の達人)太田 創BartJACK 鎌田傳 浅川夏樹 村居孝美 長友哲郎角山智優利加
羽根英樹 |  福森哲也 結喜たろう 柏木淳二 塩坂洋一 森田佳佑モーちゃん豊嶋久道 斉藤学 YEN蔵 バカラ村
杉本貴秀吉田恒けむ。徳山秀樹平田啓小口幸伸兄貴西原宏一夕凪池辺雪子石田和靖久保田博幸
藤ノ井俊樹山口祐介阿部俊之鈴木一之sarah岩本祐介中原駿片岡俊博はやぶさ
足立武志 川口一晃 青柳孝直小畑崇弘徃住啓一一角太郎村田雅志不動修太郎FuturesEYE赤裸々セミナー後記

million club hilton webinar etsuko fx express faber report larry TV バカラ村式 FX短期トレードテクニック 225オプションディレクトツールキット 投資戦略フェアEXPO2019 custom chart custom chart


開催予定のセミナーDVD一覧お買い物ブログのホームに戻る

浅川夏樹
グローバル化時代の資産運用 ハッピーリタイアメントを目指して

銀座クラブホステス、会社経営者の顔を持つ個人投資家。多彩な経験を活かし「フジサンケイ ビジネスアイ 日曜版」「日経BPオンライン」「Futures Japan」に投資コラムを連載中。著書に『ETF 世界を舞台にした金融商品で資産運用』、『グローバル化時代の資産運用』(パンローリング)、『夜の銀座の資本論』(中公新書ラクレ)、『円が元に呑み込まれる日』(実業之日本社)などがある。

News お茶屋Bar 楓 オープンしました。
主催サイト グローバル化時代の資産運用
Outlook for Tomorrow
コラムロイター“攻めの不動産投資”

浅川夏樹の「海外の気になる金融ニュース」

お茶屋BAR オープンしました

07月26日
暑中お見舞申し上げます。

銀座にお茶屋BAR 楓をオープンしました。

久しく、現場で働くことがなかったのですが、昔からのお客様にいらしていただき有難い日々です。お茶屋BARというコンセプトは、席料はいただきますが、食事の出前、お酒の持込みをすれば食材の仕入ロスとお酒の在庫を少なくすれば、やっていけるかな・・と思ったからです。

銀座の飲食店に出前を頼むと、どこのお店も快く引受けてくださり、380円のお茶漬から、焼鳥、寿司、中華、和食・・なんでもメニューが揃ってしまいました。

不動産契約から内装デザイン、オープンまで2カ月半であっという間でした。銀座にいらしたら是非、遊びにいらしてください。


楓(かえで)
東京都中央区銀座8-7-16 Y.A.D GINZA 1F
03-5537-2226
月〜金:18:00〜26:00
土 :18:00〜23:00
http://www.ochayabar.com/

コメント投稿

arabian business.com:Dubai real estate could face 'double dip' - Fitch ドバイ不動産二番底も

07月19日
arabian business.com:Dubai real estate could face 'double dip' - Fitch

格付け機関、フィッチ・レーティングスは、ドバイの不動産セクターにはいわゆる「二番底」の景気後退局面入りの危険性があるとし、同国の不動産市場が2012/13年度までは低迷が続くとの見通しを示した。

同国の不動産セクターの見通しはネガティブを継続するとしたうえで、2011/12年には社債の償還を控えていることから、同国企業は「厳しい」資金調達リスクを抱えているとした。

在ドバイのフィッチ欧州中東アフリカ(EMEA)企業担当ディレクター、アル・ナトゥール氏は、「状況は平常化しつつある兆候が見られ、債務再編や返済期限の延長などの措置が採られているものの、フィッチは、(ドバイの不動産)セクターの見通しをネガティブのまま維持する」とした。

<MEMO>
不動産は下落しているものの、原油価格は期待がもてるかもしれません。商品先物取引委員会(CFTC)の週刊コミットメント・レポートによれば、7月13日までの週のニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX、ナイメックス)のロング・ポジションは、ネットベースで67%増加、2007年2月以来の高い水準。原油先物価格は、先週の取引で5営業日のうち4営業日で前日比マイナスとっている。

CFTCによれば、7月13日に終了した週のNYMEXのヘッジファンドと大手投機筋のネット・ロング・ポジション(オプションを含む)は8万4455枚となっている。4月に年初来高値の1バレルあたり86.84ドルを付けた際には、投機筋は買い建てポジションを56%減らし、ネット・ロング(オプションを含む)は7月6日の週に5万503枚と、1年超ぶりの低水準となっていた。
コメント投稿

GLOBAL PENSION : CalPERS records 11.4% return 米カルパース 11.4%のリターン

07月17日
LOBAL PENSION : CalPERS records 11.4% return

米カリフォルニア州職員退職年金基金(カルパース)は、不動産関連投資で37%のマイナスを記録したにもかかわらず、今年上半期に11.4%のリターンを挙げた。

カルパースの年間リターン目標は7.75%で、過去20年間で一度も下回ったことはない。

不動産運用は37.1%のマイナス、カルパースの資産1.3%に相当するという。同基金のファンド時価総額資産は、2000億ドル。

カルパースのグローバル債券運用は19.5%、プライベート・エクイティは30.9%、公開株は14.4%、コモディティ、インフラ、インフレ連動債は2.7%、それぞれ上昇している。

<MEMO>
年金運用では最大手のカルパースですが、ポートフォリオ比率は参考になります。今年前半は債券運用に軍配があがったようです。
コメント投稿

Bloomberg: Gold May Extend Gains to a Record $1,385 on Channel: Technical Analysis 金価格の予想

07月11日
Bloomberg: Gold May Extend Gains to a Record $1,385 on Channel: Technical Analysis

バークレイズ・キャピタルのテクニカル分析によれば、金(ゴールド)価格が年内に史上最高値のオンス当たり1385ドルにまで上昇する可能性がある。

バークレイズは、金が21日移動平均線を上抜けした後も「強基調」の見方を維持しており、高値と安値を結んで構成されるトレンド・チャネルを見れば、今後12%の上昇の可能性を示している。

バークレイズのマクニール・カレー氏を含むアナリスト・チーム6月28日付けのリサーチノートで、「強気市場の高値追いが続くとみている。上値は、20カ月のチャネルの上値抵抗線がある1385ドルを視野に入れている。投機筋も、ロング・ポジションを積みましている」と指摘した。

<MEMO>
ジムロジャース氏は、金価格は2000ドルと予想しています。

ノーベル経済学者のポール・クルーグマン氏は、新規の量的緩和策を実施するか、あるいは民間市場から資産を購入するためにマネーサプライを増大することの必要性を訴えている。こうした政府施策は、過去18カ月のあいだ、金(ゴールド)価格を押し上げていた材料とし、こうした金融政策を採用した場合には、長期的には通貨の価値を押し下げることにつながる。
コメント投稿

ヘッジファンドと株式の相関

07月06日
HFM Week

ヘッジファンドと株式市場とのコーリレーション(相関関係)は、金融危機以前のレベルにまで高まっており、投資家のあいだでは、分散投資の必要性を問う声が上がっている。

ダウ・ジョーンズ・クレディ・スイス・ヘッジファンド指数とダウ・ジョーンズSTOXX50との相関関係は4年ぶり、MSCIワールド指数とは16年ぶりの高水準となっている。

例外は、ヘッジファンドとTOPIXとの相関関係で、特にロング/ショートとの関係は2月に4.5%にまで下げている。それ以降は、ゆるやかだが上昇している。

<MEMO>
ヘッジファンドが株式との相関関係が高まっていることから、オプション市場で運用ETFに資金が流入しています。

iPath S&P500 VIX Short-Term Futures (VXX)直近3カ月で42.6%の上昇
コメント投稿
ページのトップへ

浅川氏の著書

ETF 世界を舞台にした金融商品
著者インタビュー

グローバル化時代の資産運用
ハッピーリタイアメントを目指して

オーディオブック
夜の銀座の資本論

円が元に呑み込まれる日

わたし、かわいいお金を海外投資でふやしました。銀座ホステスの華麗なる資産形成術

オーディオブック
銀座式 恋とお金の秘密手帖


オーディオブック

マーケットの魔術師
日出る国の勝者たち Vol.05
『投資の多様化で安定収益/銀座ロジックの投資術』
CD版 / ダウンロード版


このページに関連する商品:


過去のブログ

  • 11年06月
  • 11年05月
  • 11年04月
  • 11年03月
  • 11年02月
  • 11年01月
  • 10年12月
  • 10年11月
  • 10年10月
  • 10年09月
  • 10年08月
  • 10年07月
  • 10年06月
  • 10年05月
  • 10年04月
  • 10年03月
  • 10年02月
  • 10年01月
  • 09年12月
  • 09年11月
  • 09年10月
  • 09年09月
  • 09年08月
  • 09年07月
  • 09年06月
  • 09年05月
  • 09年04月
  • 09年03月
  • 09年02月
  • 09年01月
  • 08年12月
  • 08年11月
  • 08年10月
  • 08年09月