パンローリング トップバー パンローリング Top 相場データCD-ROM オプション倶楽部 トレーダーズショップ/書籍、DVD販売 株式コーナー Pan発行書籍 セミナー 相場アプリケーション パンレポート 掲示板 相場リンク集
メールはこちらまで

通勤のお供に投資の仲間たち携帯版を 携帯版 投資の仲間たち

パンローリング 投資の仲間たち

ニックNew 青木智(株の達人)New太田 創BartJACK 鎌田傳 浅川夏樹 村居孝美 長友哲郎角山智優利加
羽根英樹 |  福森哲也 結喜たろう 柏木淳二 塩坂洋一 森田佳佑モーちゃん豊嶋久道 斉藤学 YEN蔵 バカラ村
杉本貴秀吉田恒けむ。徳山秀樹平田啓小口幸伸兄貴西原宏一夕凪池辺雪子石田和靖久保田博幸
藤ノ井俊樹山口祐介阿部俊之鈴木一之sarah岩本祐介中原駿片岡俊博はやぶさ
足立武志 川口一晃 青柳孝直小畑崇弘徃住啓一一角太郎村田雅志不動修太郎FuturesEYE赤裸々セミナー後記

million club hilton webinar option club etsuko fx express faber report larry TV 感謝祭DVD予約 三沢誠のリアルタイム・ストラテジー 感謝祭大阪 バカラ村式 FX短期トレードテクニック 株のデイトレ・スイングトレード 通信スクール


開催予定のセミナーDVD一覧お買い物ブログのホームに戻る

太田 創

1985年に関西学院大学卒後、三菱銀行(現在の三菱東京UFJ銀行)に入社。3年半の国内支店勤務の後、約10年にわたり、ロンドン、サンパウロ等の欧米の主要金融センターで資金ディーラーとしてトレーディング業務に従事。1998年の帰国後から、国内系およびシティグループ/フィデリティ投信等の外資系資産運用会社に勤務。資産運用業界での経験は25年以上。

著書の『 7戦7勝 10万円から始める南山式ETF (上場投信) 投資術』は、2006年度ブルベア大賞【特別賞】を受賞!

関連する商品:

太田 創 の「英語で読み解くクールな世界金融経済」

Chapter One: Who is behind one of the biggest scams in history?

02月29日
今日の一文です。





全文読む価値ありです。


==============
It's one of the world's longest-running cons. Hundreds of millions of dollars stolen from some of the world's most vulnerable people -- the sick, the elderly and the poor -- who all thought they had found a savior in a mysterious woman named Maria Duval.
==============


↓↓

==============
おそらく最も長く続いているサギ事件だ。世界中の弱者ー病人、老人、貧乏人ーが救世主として疑わないその女性は、何百万ドルものカネを巻き上げている。

彼女の名前はマリア・デュバルという。
=============



サギ・パターンは変わらず・・・ (^_^;....


コメント投稿

PF IRÁ INVESTIGAR FHC POR PAGAMENTOS A MIRIAN DUTRA

02月27日
今日の一文です。





ブラジルのレアル・プラン導入の立役者が不倫+汚職疑惑で・・・(^_^;....


==============
A Polícia Federal decidiu investigar o ex-presidente Fernando Henrique Cardoso por envio de dinheiro à sua ex-amante, Mirian Dutra, no exterior; em entrevistas, a jornalista revelou que FHC depositou US$ 100 mil na conta da empresa Brasif, controladora de free shops em aeroportos do País, que repassava mensalmente a ela por meio de um contrato fictício de trabalho, nunca cumprido; Mirian morava na Espanha com o filho Tomás, que diz ser de FHC
==============


↓↓

==============
ブラジル連邦警察は、前大統領のカルドーゾ氏が元愛人のミリアン・デュトラに不正資金から手当を送っていたとして調査を開始した。ジャーナリストであるデュトラ女史は、カルドーゾ氏がブラジルの空港免税店を経営するブラシフ社に10万ドルを送り、そこから給料をもらっていたと暴露したのだ。

デュトラ女史は現在息子のトーマスとスペインに住んでいる。
=============



ゼニ×愛・・・、いつまで・・・(^_^;....





コメント投稿

Iran calls Saudi oil production freeze a 'joke'

02月25日
今日の一文です。





今は原油がスーパースター・・・(^_^;....


==============
Iran's oil minister Bijan Zangeneh on Tuesday called the Saudi Arabia-led idea for countries to freeze production a "joke," according to Iranian state broadcaster Press TV.

Iran's mocking of the oil freeze came at the same time as the top Saudi oil official was in the U.S. trumpeting the idea.
"The freeze is the beginning of a process," Saudi oil minister Ali al-Naimi said during a highly-anticipated speech on Tuesday at the IHS CERAWeek oil conference in Houston.
==============


↓↓

==============
イラン国営放送の報道番組で、ザンゲネ・イラン石油相はサウジアラビアによる原油生産の凍結案をジョークだとこき下ろした。その時、サウジアラビアはまさにアメリカに生産凍結を打診していたのだ。

一方、アリアルナミ・サウジアラビア石油相は、”生産凍結は始まりに過ぎない”、とヒューストンの原油生産者の業界会議でぶち上げている。
=============



個人的には、化石燃料の終わりの始まりかと存じます。(o^。^o)

コメント投稿

ドイツ銀はもっと大きな問題の症状の一つにすぎない

02月24日
今日の一文です。





たしかに・・・。(^_^;....


==============
ドイツ銀行の株と社債を今週襲った動揺は決して、ドイツ銀だけに理由があるわけではない。同様のことが他の市場で、近いうちに起こることはあり得る。

根本的に、ドイツ銀について何かが変わったわけではない。同行の将来の収益力に関する疑問は先週も今週も同程度に大きい。にもかかわらず株価は乱高下した。
==============


↓↓

==============
The turbulence that shook Deutsche Bank's stocks and bonds has not been caused by its performance itself. What happened to the bank will happen to the others.

Basically, nothing has changed in Deutsche Bank as a question to their weak profitability has been great for the last two weeks. Even though, their stock prices were bumpy ride.
=============



コメント投稿

Donald Trump on protester: 'I'd like to punch him in the face'

02月24日
今日の一文です。





一読の価値あり!?


==============
Donald Trump unleashed tough rhetoric against his rivals as well as a protester at a Monday night rally, the even before the Nevada caucuses.

"I'd like to punch him in the face," Trump said, remarking that a man disrupting his rally was escorted out with a smile on his face. "He's smiling, having a good time."
==============


↓↓

==============
またまたお得意の詭弁で、ドナルド・トランプ氏が共和党候補者と反トランプ主義者に噛みついた。しかも、ネバダ州の党員集会前にだ。


「全く、ヤツの顔にパンチを浴びせたいよ」


彼の演説を中断させ、笑顔を浮かべながらつまみ出された男に対しトランプ氏は憤懣やるかたない。

「ヤツは薄笑いしてたんだ。きっと変態だぜ。」

=============






コメント投稿

英首相、「Brexit」回避に向けEUから合意取り付け-首脳会議

02月20日
今日の一文です。





さすがイギリス。外交上手。


==============
ブリュッセルで19日まで2日間にわたり開催された欧州連合(EU)首脳会議で、域内首脳は英国のEU残留を確保することを目指した合意に達した。

これを受けキャメロン英首相は6月にもEU残留の是非をめぐる国民投票を実施する可能性が出てきた。
==============


↓↓

==============
At the EU summit held in Brussels for two days until Friday, EU leaders reached an agreement aimed at keeping UK in the bloc.

Prime Minister David James Cameron will call a referendum on EU membership as soon as in June.
=============










コメント投稿

China is pumping billions into Latin America, but many of its investments are tanking.

02月18日
今日の一文です。





Tankingは、「ダメになる」と言う意味です。


==============
Last year alone, China offered $65 billion to Latin America, it biggest bet yet. Many see the move as a power play to counter the U.S. influence in the region.

Perhaps the best example of China's growing ambitions -- and problems -- in the region is its plan to construct a railroad stretching 3,300 miles from Brazil's Atlantic coast to Peru's Pacific Coast.
==============


↓↓

==============
昨年1年だけで、中国はかつてない規模で7兆円も中南米に投資した。同地域で最も影響力のあるアメリカに対抗するための大きな賭けである。

おそらく中国が狙う最も大きな利権は、ブラジルからペルーに抜ける5500キロにも及ぶ鉄道敷設案件だろう。
=============



インドネシア鉄道と一緒かな? (^_^;....


コメント投稿

内需系企業に投資積極化の動き、日本製への人気が追い風

02月17日
今日の一文です。





Buy Japan!!


==============
訪日外国人によるインバウンド需要の盛り上がりなどを追い風に、内需系企業が積極的な投資拡大に動いている。

日本製製品の良さが見直され、国内外でニーズが高まっていると判断、海外事業を拡大するチャンスとして対外投資を進める企業もある。
==============


↓↓

==============
In the light of increasing number of foreign visitors to Japan, companies whose business is based on domestic demands are aggressively expanding their investments elsewhere.

Not only in Japan, some companies are also looking for opportunities to scale up their businesses in overseas, judging that there are globally increasing needs for products and services offered by Japanese companies.
=============



Cool Japan!

コメント投稿

ジム・ロジャースが吠えた! Central bankers 'don't have a clue'

02月16日
今日の一文です。





ジム・ロジャースが吠えた!!


==============
Famed investor Jim Rogers is warning that financial Armageddon is just around the corner, and it's being fueled by moronic central bankers.

"We're all going to pay a horrible price for the incompetence of these central bankers," he said Monday in a TV interview with CNNMoney's Nina dos Santos. "We got a bunch of academics and bureaucrats who don't have a clue what they're doing."
==============


↓↓

==============
著名投資家のジム・ロジャースは、金融市場の崩壊はもうすぐそこで、犯人はドアホな中銀首脳だと警鐘を鳴らす。

「世界中の中銀がマイナス金利を導入して、インフレと経済を底上げしようとしている。だが、そんなもんワークしない。結局、株価を上げて、証券マンがランボルギーニを買うのを後押ししているだけ。」
=============



Cool!

コメント投稿

これだけ相場が大荒れでも・・・あの投資戦略が奏功!!

02月15日
今日の一文です。





GCIエンダウメントファンド(成長型/安定型)の1月末基準の月次報告書です。

↓↓

http://www.gci.jp/files/news/news_104.pdf



==============
これだけ相場が大荒れでも、昨年9月末に設定したファンドの基準価額はほぼ10,000円をキープしています。

これが、”エンダウメント投資戦略”の狙いとするところで、中長期的な観点で信託財産の成長を企図しています。

今月はオルタナティブ戦略と為替ヘッジ部分が奏功し、パフォーマンスを底支えしました。
==============


↓↓

==============
This month our alternative strategies and currency hedging worked to support the performance in such a turbulent market, keeping the current NAV around 10,000 yen.

The fund was launched Sept. 25th last year at 10,000 yen. This is exactly what we have been aiming for.
=============










コメント投稿

野村HD株がアベノミクス前の水準まで下落、反転の契機となるか

02月14日
今日の一文です。





わかりやすい株価の動きです。 (^_^;....


==============
野村ホールディングスの株価が12日、450円を割り込んだ。

これは2012年12月、デフレからの脱却を柱とするアベノミクスを打ち出した安倍晋三自民党総裁が首相に就任する前の水準だ。
==============


↓↓

==============
On Friday, Nomura Holdings Inc. shares dropped below 450 yen.

Nomura is now trading at the same level as before Shinzo Abe became prime minister in December, 2012 when he ushered in an economic-stimulus policy that he hoped would turn around the deflationary economy.
=============



Lost three years・・・

コメント投稿

第3回 無料資産運用セミナー開催のご案内 ! 『 エンダウメント投資戦略のすすめ!』

02月10日
詳しくは、こちらをご覧くださいね。

↓↓


http://www.seminarjyoho.com/course_show_171074.html









コメント投稿

<日銀のマイナス金利導入による資産運用へのインパクト:その2> <BOJ's negative interest rate adoption : What will affect our investments? #2>

02月09日
下記をクリックしてね。
Please click below.


http://www.ivyapproach.jp/entry/2016/02/09/060000














コメント投稿

ゆうちょ銀、9日に金利下げ=日銀マイナス金利影響拡大

02月08日
今日の一文です。





いまもって、マイナス金利導入の意味が分かりません・・・。この国では、プラスという意味での「確定利付き」と言う言葉が死語になりました・・・(^_^;....


==============
ゆうちょ銀行は8日、通常貯金や定額貯金、定期貯金などの金利を9日から一斉に引き下げると発表した。

普通預金に当たる通常貯金は0.020%(従来0.030%)に引き下げ、2007年の郵政民営化以降では最低の水準とする。
==============


↓↓

==============
Japan Post Bank announced that it had decided to lower all the deposits interest rates from 9 Feb.

The interest rate for ordinary deposit will be 0.02%(0.03% before), which has been the lowest since its privatization in 2007.
=============



Just sad...

コメント投稿

Oil-rich Venezuela is now importing U.S. oil

02月07日
今日の一文です。





世界最大の埋蔵量を誇るベネズエラは、実は石油の輸入国なのです。

なぜなら・・・↓↓


==============
But the oil extracted in Venezuela is very heavy and hard to refine and then sell to other countries.

Venezuela needs to first mix its heavy oil with lighter types of crude to balance out the quality, according to Nilofar Saidi, an oil market analyst at ClipperData.
==============


↓↓

==============
だが、ベネズエラ産の原油は重質油であるため精製が難しく、輸出も困難だ。

原油市場アナリストによれば、ベネズエラ産の重質油には、軽量油を混合させて品質管理を行う必要があるとのことだ。結局、それは精製コストの上昇につながる。
=============



被害者は全世界で1億人とも言われています・・・。








コメント投稿

その1:日銀のマイナス金利導入による資産運用へのインパクト English follows Japanese

02月05日
ついに日銀がマイナス金利を導入しました。

http://www.boj.or.jp/announcements/release_2016/k160129b.pdf




黒田総裁もマイナス金利については否定的な考えを持っていたということですから、日本での導入はないと見られていたのにもかかわらず、です。

実は筆者も、マイナス金利の導入はないと見ていました。


その理由は、


(1)すでに質的・量的金融緩和を進めており、技術的にこれ以上の金融緩和を進められない。
(2)マイナス金利が金融緩和につながり、バブルではない資金需要を掘り起こすかどうか不明。というか、無理。


であるということの二点があったからです。


しかし、果たして日銀はマイナス金利を導入してしまいました。これを踏まえ、投資家や潜在投資家はどのように資産運用に臨むべきかを考えてみたいと思います。


まず、第一に資産運用のメニューが減ってしまいました。
具体的には、10年までの金利がほぼマイナスになったことで、国債で運用するのは利回りという点では、あまり意味をなさなくなっています。安全第一の国債の利回りがマイナスになれば、投資対象が限られてくるのは自明です。


また、すでに報道もされているように、短期金利に追随するMMF(マネー・マネジメント・ファンド)も2月1日から受付が出来なくなってきています。
MRF(マネー・リザーブ・ファンド)は証券口座の預かり金を運用することになっていますが、利回りがマイナスになれば、預かり金に付利されないことも十分考えられます。


一方、一部引き下げられているものの、銀行の預金には今のところ利息は付くようです。これは、たとえ日銀の当座預金がマイナス(利息を払う)用になっても、一律すべての当座預金残高に対してマイナス金利を適用するわけではないからで(下図)、ある程度の利ざやがあれば、付利できるということですね。


まとめますと、一般投資家にとっては次の3点を考慮して投資を考える必要がありそうですね。


(1)銀行預金を除き、手堅く金利を稼ぐ方法はなくなった。
(2)運用手法が「リスクを取るか取らないか」の二者択一になる可能性が高い。
(3)それほどリスクを取れない方には、ミドルリスク・ミドルリターンの投資信託、もしくは運用方法を考えなければならない。


また、投資信託においては、これまで以上に手数料引き下げ圧力がかかると考えられます。市場の短期金利がマイナスであるのに、いかに対面取引とは言え、数%以上の手数料や信託報酬を投資家から徴求するのは困難だからです。


ということで、「貯蓄から投資へ」の流れになりそうなのですが、その鍵は日銀のマイナス金利導入をきっかけに、日本人の運用メンタリティが投資へ向くかどうかになるでしょう。


国内での投資対象試算が限られているということと、海外資産への投資は為替リスクを負うということを鑑みれば、投資家層が大きく広がると考えるのは早計です。


しかしながら、マイナス金利下という制約の中で、プロも一般投資家もさまざまな運用方法を試す機会が到来したと、前向きに考えてはいかがでしょうか。


<BOJ's negative interest rate adoption : What will affect our investments? #1>
At last, Bank of Japan adopted negative interest rate last Friday.



http://www.boj.or.jp/en/announcements/release_2016/k160129b.pdf

http://www.boj.or.jp/announcements/release_2016/k160129b.pdf



The negative interest would not have been adopted because people assumed that Haruhiko Kuroda, Governor of BOJ, was not willing to choose that monetary policy, which I thought too it was impossible.



Two reasons:



Due to the massive QQEs in underway, technically, it is impossible to ease furthermore.
(2)The negative interest policy does not guarantee whether to stimulate economy, in which the capital needs are domestically limited.



Even though, the BOJ has used the policy. Then, let’s think about how this monetary policy affect investments and investors.



First of all, the numbers of asset classes have reduced. The negative yields are already seen up to 10-year JGBs, which do not make sense to invest in the bonds. JGB is the safest investment instrument not only for institutional investors but also individual investors. As reported, the Ministry of Finance has announced that it stopped issuance of JGBs for individual investors this week



Also, some Money Management Funds, which is similar to MMF in the US, have stopped accepting subscriptions since Feb.1.

Then, Money Reserved Funds, which are cash equivalents in securities account, will not pay interest if they perform negatively.



While, banks still pay interest to the deposits, even if they cut it significantly. This is supported by the BOJ’s decision that does not apply negative interest to all deposit balance the banks leave in the current account of the BOJ. So, only a few interest will be paid for the time being.



Summarizing such situations, individual investors should think about the following facts when they invest.



(1)No safer investments exist anymore, except bank deposit.

(2)Take risks or not.

(3)Conservative investors should find middle-risk middle-return investments.



In addition, I believe that there will be a pressure to reduce sales charges and administration fees of investment trusts as the fees level are too expensive, compared to the negative interest rates in the market.



All in all, I hope “From deposit to investment” movement will appear again in this environment but all depends on Japanese mentality toward investments.

It is too early to judge people switch soon their risk-aversion minds on investment.



However, I strongly believe that we, both professionals and ordinary individual investors, have a great opportunity to try to invest in various investment products and instruments to make money. Like or not, we are in the midst of historic negative interest era.
コメント投稿

China's Biggest Ponzi Scheme Shows Rot in Internet Financing

02月04日
今日の一文です。




中国のシャドウバンキングが収束した?と思ったら、今度は中国初グローバル個人向け資産運用サギです。これも古典的なPonzzi Scheme(自転車操業サギ)っす。


==============
Almost overnight, Ding Ning and Zhang Min struck it rich with the hot new thing in Chinese finance. In 18 short months, they transformed an old-line industrial company into an Internet phenomenon through the seeming magic of peer-to-peer lending.

It was all a lie -- a vast Ponzi scheme that appears to have been orchestrated by the Bernie Madoffs of China.
==============


↓↓

==============
ディン・ニンとザン・ミンは中国金融市場で熱狂的な金融商品を売り出すことで、一夜のうちに金持ちになっていた。1年半足らずで、この2人は古くさいメーカーをインターネットで最もホットなクラウドファンディング企業のトップに導いた。

だが、それは全て、中国のマドフが主導した自転車操業サギだったのだ。
=============



被害者は全世界で1億人とも言われています・・・。



コメント投稿

宮崎産キャビアが世界市場にデビュー Japan Is Making a Bid to Be a Caviar World Power

02月03日
今日の一文です。





これを本当のイノベーションと言うのですな。However、技術の向上で、天然モノが養殖に変わるということ。これまたデフレ要因です。


____| ̄|○


==============
旧ソ連から約30年前に輸入されたチョウザメを使って開始された養殖実験がようやく実を結び、宮崎県でキャビアの生産が始まっている。キャビアは世界中で珍重される高級食材。
宮崎県産キャビアは輸出される見通しで、市場で優位に立つロシアやイラン産と競合することになりそうだ。
==============


↓↓

==============
With sturgeon imported from the Soviet Union about three decades ago, an aquaculture experiment in Miyazaki Prefecture in Japan has finally succeeded and started producing caviar for shipment, competing the Russian and Iranian caviar that dominate the high-end market in the world.
=============




http://www.bloomberg.com/news/articles/2016-02-02/soviet-fish-eggs-inspire-japanese-bid-for-world-power-in-caviar

コメント投稿

China Eases Mortgage Down Payment to 20% for First Homes

02月02日
今日の一文です。





Down Payment は頭金のこと。でも、日本じゃ頭金ゼロでも借りられるんだよねえ・・・。
なので、不動産市場のてこ入れは、頭金の多寡ではないんです。

中国、相当しんどいです。


==============
China’s central bank said it will allow banks to cut the minimum required mortgage down payment to 20 percent from 25 percent for first-home purchases to the lowest level ever as it steps up support for the property market.
==============


↓↓

==============
中国人民銀行は、第一次購入者による住宅ローン借入時の頭金下限率を25%から20%に引き下げた。過去最低水準となり、不動産市場のてこ入れにつながると見られている。
=============











コメント投稿

2/25(木) 1830-1930 無料資産運用セミナー開催:「 エンダウメント投資戦略のすすめ!』

02月01日
みなさん、ぜひご参加くださいね。


お問い合わせ・申し込みはこちらからどうぞ。

メール:toushin@gci.jp
電話:03-3556-5040
フェイスブック・イベントページ:
https://www.facebook.com/events/1525400174456427/



詳しくは、こちらからもどうぞ!


http://www.gci.jp/files/news/news_103.pdf





コメント投稿
ページのトップへ

太田 創氏の著書

筋肉バンカー沢村大輔 《誕生編》

筋肉バンカー沢村大輔 《円安編》

お金持ち入門 資産1億円を築く教科書

ETF投資入門 上場投信・徹底活用ガイド

7戦7勝 10万円から始める南山式ETF (上場投信) 投資術

株3ヶ月で年収の半分を稼いだ南山式投資術


太田 創氏のDVD

DVD ETF(上場投信)投資術〜戦術、リスク管理、売買タイミング〜


過去のブログ

  • 17年04月
  • 17年03月
  • 17年02月
  • 16年12月
  • 16年11月
  • 16年10月
  • 16年09月
  • 16年08月
  • 16年07月
  • 16年06月
  • 16年05月
  • 16年04月
  • 16年03月
  • 16年02月
  • 16年01月
  • 15年12月
  • 15年11月
  • 15年10月
  • 15年09月
  • 15年08月
  • 15年07月
  • 15年06月
  • 15年05月
  • 15年04月
  • 15年03月
  • 15年02月
  • 15年01月
  • 14年12月
  • 14年11月
  • 14年10月
  • 14年09月
  • 14年08月
  • 14年07月
  • 14年06月
  • 14年05月
  • 14年04月
  • 14年03月
  • 14年02月
  • 10年03月
  • 10年02月
  • 10年01月
  • 09年12月
  • 09年11月
  • 09年07月
  • 09年06月
  • 09年05月
  • 09年04月
  • 09年03月
  • 09年02月
  • 09年01月
  • 08年12月
  • 08年09月
  • 08年08月
  • 08年07月
  • 08年06月
  • 08年05月
  • 08年04月
  • 08年03月
  • 08年02月
  • 08年01月
  • 07年12月
  • 07年11月
  • 07年10月
  • 07年09月
  • 07年08月
  • 07年07月