パンローリング トップバー パンローリング Top 相場データCD-ROM オプション倶楽部 トレーダーズショップ/書籍、DVD販売 株式コーナー Pan発行書籍 セミナー 相場アプリケーション パンレポート 掲示板 相場リンク集
メールはこちらまで

通勤のお供に投資の仲間たち携帯版を 携帯版 投資の仲間たち

パンローリング 投資の仲間たち

林知之New ニック 青木智(株の達人)太田 創BartJACK 鎌田傳 浅川夏樹 村居孝美 長友哲郎角山智優利加
羽根英樹 |  福森哲也 結喜たろう 柏木淳二 塩坂洋一 森田佳佑モーちゃん豊嶋久道 斉藤学 YEN蔵 バカラ村
杉本貴秀吉田恒けむ。徳山秀樹平田啓小口幸伸兄貴西原宏一夕凪池辺雪子石田和靖久保田博幸
藤ノ井俊樹山口祐介阿部俊之鈴木一之sarah岩本祐介中原駿片岡俊博はやぶさ
足立武志 川口一晃 青柳孝直小畑崇弘徃住啓一一角太郎村田雅志不動修太郎FuturesEYE赤裸々セミナー後記

million club hilton webinar faber report larry TV 年率20%を長期的に稼ぐ 日経225オプション教室 バカラ村式 FX短期トレードテクニック 225オプションディレクトツールキット たけぞうの50億稼いだ男のメルマガ 石原順のメルマガ マーケットの極意 bbtk custom chart パンローリングチャンネル


開催予定のセミナーDVD一覧お買い物ブログのホームに戻る

鎌田傳


「ラリー・コナーズ氏(「コナーズの短期売買入門」「魔術師リンダ・ラリーの短期売買入門」)の経営する、TradingMarkets.comでテクニカル・アナリストを務め、現在証券会社に勤務。訳書に、「スイングトレード入門 短期トレードを成功に導く最高のテクニック」(パンローリング)、そして電子書籍「トレード成功のヒント - 米国株式市場の習性と特徴」(パンローリング)がある。」

鎌田傳の「South Bayトレーダー」 日記

1月がマーケットの方向を決める!?

01月30日
あと2時間ほどで今月最後の取引が終わる。20日頃からマーケットは崩れ始め、強い2010年のスタートを期待していた人は、ややガッカリといった状態なのだが、マーク・ハルバート氏はこんなことを書いている。

1月のマーケットは下げで終了しそうだ。現に、ダウ指数が今月をプラスで終わるためには、金曜のマーケットで3%を超えるラリーを展開する必要がある。

相場の諺によれば、1月のマーケットが、その年のマーケットを決める。1月が弱ければ、その年のマーケットは下げるというわけだ。統計的に見た場合、この諺に信憑性はあるのだろうか?過去113年間のダウ指数を調べてみると、諺が当たった回数は72回、言い換えれば的中率は64%だ。


64%を高率と思う思わないは、人それぞれによって違うが、ハルバート氏は興味深い例をあげている。

二人の投資家がいたとしよう。一人は、1月のマーケットが上がった時だけ、2月から12月まで投資する。もう一人の方は、1月のマーケットに関係なく、2月から12月まで投資する。もし、この方法で1897年から2009年まで1万ドル投資したとすると、結果はどうなっただろうか?前者の口座残高は$496,209、後者は$979,220だ。

皆さんは、この結果に驚いただろうか?「1月の下げを気にする人たちがいるが、弱い1月は、けっして悪いニュースではない。どちらにしても、マーケットの方向を決定するのは、1月のマーケットではない」、とハルバート氏は語っている。

(情報源:
http://www.marketwatch.com/story/january-barometer-forecasts-a-down-2010-2010-01-29



ツイッターしてますか?


http://twitter.com/kamada3



コメント投稿

たった35人

01月28日
オンラインのニュースは無料、というのが当たり前の今日この頃だが、NYTimes.comは2011年から有料化される。月々、ある一定の数までの記事は無料で読めるが、その一定数を超えると課金されるというシステムになるらしい。


当然の疑問は、わざわざ金を払って、ニュースを読んでくれる人たちは、はたしてどれくらい存在するのだろうか?こんな実例がある。

2009年10月、ドーラン家によって米国ロングアイランドの新聞Newsdayが、6億5000万ドルで買収された。さっそく newsday.comは有料化され、既に3カ月ほどの月日が流れたが、いったい何人の購読者を獲得できたのだろうか?正解は、たったの35人だ。購読料金は1週間5ドル。円に換算すれば500円に満たない金額だ。

詳しく調べたわけではないから、NYTimes.comにも同様な結果が待っている、と結論することはできない。しかし、有料化への転換は、読者の獲得をいっそう難しくするような気がする。

Noahという人が、こんなことを書き込んでいる。

問題は3つある。

1、35才未満の人たちは、ほとんど新聞(印刷されたものとオンライン版を含む)を読まない。

2、500を超えるサイトから、ニュースを無料で読むことができる。

3、世の中が不景気だから、新聞の購読料金は節約対象になった。

もう一つ書き込みを見てみよう。

・NYTimes.comは、newsday.comより、少なくとも倍の購読者を得ることができると思う。(TailsTooさん)

(情報源:
http://consumerist.com/2010/01/after-3-months-only-35-paying-customers-for-newspapers-web-site.html


http://www.newsday.com/

ツイッターしてますか?


http://twitter.com/kamada3

コメント投稿

起業家必読の15冊

01月23日
(businessinsider.comから抜粋)


・「水源」 アイン・ランド著

・「Out of the Crisis」 W・エドワーズ・デミング著

・「XPエクストリーム・プログラミング入門 ― 変化を受け入れる」 ケント・ベック著

・「Four Steps to the Epiphany」 Steven Gary Blank著

・「なぜ、週4時間働くだけでお金持ちになれるのか?」 ティモシー・フェリス著

・「ストレスフリーの仕事術 ― 仕事と人生をコントロールする52の法則」 デビッド・アレン著

・「Venture Capital Investing: The Complete Handbook for Investing in Private Businesses for Outstanding Profits」 David & Laura Gladstone著

・「Piloting Palm: The Inside Story of Palm, Handspring, and the Birth of the Billion-Dollar Handheld Industry」 Andrea Butter & David Pogue著

・「Founders at Work: Stories of Startups' Early Days」 Jessica Livingston著

・「Structural Holes」 Ronald Burt著

・「Reality Check」 Guy Kawasaki著

・「Peak: How Great Companies Get Their Mojo from Maslow」 Chip Conley著

・「The Happiness Hypothesis」 Jonathan Haidt著

・「君主論」 ニッコロ・マキアヴェリ著

・「禅とオートバイ修理技術」 ロバート・M・パーシグ著


(情報源:
http://www.businessinsider.com/required-reading-for-entrepreneurs-2010-1#the-fountainhead-by-ayn-rand-1)


ツイッターしてますか?


http://twitter.com/kamada3

コメント投稿

仕事に満足できないアメリカ人

01月20日
あなたは、自分の仕事に満足していますか、と聞かれたらどう答えるだろうか。APの報道によると、「イエス」と回答した人は45%におよび、米国史上最低のレベルが記録された。


特に目立つのは若い世代だ。25才未満の人たちを見てみると、64%が自分の仕事に不満足だ、と回答している。

産業審議会のリンダ・バリングトン氏は、「年々増える数値を、経済サイクルで説明することができないだけに不安な状況だ」、と述べている。


アンケートの回答者は、仕事に満足できない理由として、下記の3項目をあげている。

・仕事の内容に面白さが無い

・昇給率がインフレに追いついていない

・健康保険として引かれる金額が多すぎる


その他の回答も見てみよう。

・56%が、同僚が好きだと答えた。1987年、この数値は68%だった。

・51%が上司に満足していると回答した。この数値は20年前、約60%だった。


こんな書き込みがあった。

「私は、仕事があるということだけで幸せだと思う。毎日職探しの私にとって、この統計は悲しい数字だ。」 David Bechtolさん


(情報源:
http://content.usatoday.com/communities/ondeadline/post/2010/01/us-job-satisfaction-falls-to-record-low-of-45/1



株の話、経済の話、何の話だろう?



http://kabukeizainani.blogspot.com/

コメント投稿

2009年の相場から学んだこと

01月14日
「あなたが、去年の相場から教えられたことは何ですか?」、と聞かれたら、皆さんはどう答えるだろうか。kirkreport.comに寄せられた回答を、いくつか見てみよう。


・トレーダーとして大切なことは、値動きの予想をすることではなく、状況に適切に反応することだ。

・他人の意見に頼ってはいけない。重要なのは値動きを追うことだ。

・予想や相場観に固執しないで、マーケットのトレンドに乗ること。

・自分の持つ経済観で相場を判断してはいけない。

・他人の意見に動揺してはいけない。自分のルールでトレードすること。

・皆が同じことを心配しているなら、それは株価に既に織り込まれている。

・ニュースを聞かないこと。マーケットはニュースなど気にしない。

・現在のトレンドを説明できないファンダメンタル・データは無視すること。

・感情的になって株を分析しないこと。

・マーケットは常に正しい。

・自分で考え自分の意見を信じること。

・トレードは確率のゲームだ。

・全てのマーケットに、常に通用するトレード手法など無い。

・ウォール街のアナリストは無視すること。

・トレードで最も重要なのは資金管理だ。

・必ず損切り注文を入れること。

・連銀に逆らうな。

・狙っているパターンが現れるまではトレードをしないこと。


(情報源:
http://www.thekirkreport.com/2010/01/lessons-from-2009-.html



ツイッターしてますか?


http://twitter.com/kamada3

コメント投稿

アダルト産業に関する統計

01月13日

・43%のインターネット利用者がアダルト/ポルノ・サイトにアクセスしている。(女性の比率は三分の一)


・アダルト・サイトでの平均滞在時間は15分。

・970億ドルにのぼるアダルト産業の売上は、28%が中国、27%が韓国、21%が日本、そして14%がアメリカからのもの。

・アダルト映画/ビデオの90%はカリフォルニア州で制作され、その数は年2万におよぶ。

・アダルト映画の女優スターの年収は10万から25万ドル。

・アダルト映画の男優スターの年収は約4万ドル。

・毎週15人のアダルト映画俳優から性病が報告されている。

・アダルト映画に最も多く出演した俳優はロン・ジェレミー氏。



ロン・ジェレミー氏



(情報源:
http://www.onlineeducation.net/porn/



ツイッターしてますか?


http://twitter.com/kamada3








コメント投稿

またまた日本株強気論

01月08日
2010年、なぜ日本の株が買いなのかを説明する4つの理由が、The Pragmatic Capitalistに掲載されている。


1、日本の株式市場は世界で最も嫌われている。現に、2010年の投資姿勢として、ほとんどのアナリストは日本株を勧めていない。これだけ嫌われているということは、ほぼ全ての売り手が売ってしまったことが想定され、そうであるとすれば日本株は上がるしかない。

2、日本株は割安。

・日本株=帳簿価額 x 1.4

・新興市場株=帳簿価額 x 2.2

・中国株=帳簿価額 x 3.2

3、日本が抱える赤字が問題になっているが、短期的に見た場合、これは更なる量的緩和に結びつくから株には好影響となる。

4、現在の円は、ドルやユーロに対して、あまりにも高すぎる。ここからは、円安方向に動くことが予想されるから、日本の輸出が恩恵を受ける。



そして木曜、「円相場、95円前後が適切=水準是正へ日銀と協力-菅新財務相」、というニュースが発表され、ジョシュア・ブラウン氏(thereformedbroker.com)は、こう書いている。

「今日の日本の株式市場は、1989年のピークから、約75%低い位置にある。20年間の低迷、そしてデフレを食い止めるために、日本政府は懸命な努力している。菅新財務相の意図は、円安を実現させることで輸出を刺激し、そして資産価値を上昇させることだ。ここからは、日本のマーケットに、もちろん既に多くの投資家もそうするだろうが、注目して行きたいと思っている。」



(情報源:Japan’s New Kamikaze Central Banker and the Nikkei’s Awakening


http://pragcap.com/4-reasons-why-japan-is-a-good-2010-contrarian-bet


http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2010010700707&m=rss



ツイッターしてますか?


http://twitter.com/kamada3

コメント投稿

アナリストに要注意

01月05日

下記は、「2010年の5大リスク」と題されたコラムの要約。


1、アナリスト

ウォール街のアナリストの意見は、我々投資家を助けていると信じたいところだが、実際は大して役に立っていない。以前も述べたことだが、重要な場面、例えばマーケットの転換点を予想し警報したアナリストはほとんどいない。2008年、マーケットが下降トレンドになっても彼らは強気論を発表し続け、ほぼ大底を打った2009年の初めに、やっと弱気論を発表した。こんなアナリストたちだが、皆口を揃えたように、2010年のマーケットは強いと主張している。


2、救済資金、経済刺激策

銀行、住宅市場、自動車産業、と様々なところへ、連邦政府は膨大な救済資金をつぎ込んできた。救済資金は、単なる一時的な解決策であり、本当の回復を達成するには、企業の独り立ちが必要だ。2010年、連邦政府は、引き続き莫大な救済資金を注ぎ込むことだろう。しかし、この資金がストップするようなら、株式市場は低迷することになりそうだ。


3、中国

力強い経済成長を展開する中国が、世界経済を救う、と言う人たちが多い。しかし、この意見が指摘していることは、2010年、もし中国に何らかの経済問題が生じれば、世界の株式市場は大きな打撃を受けるということだ。


4、債券市場

世界の経済大国であるアメリカと日本は、まるで際限は無いといった勢いで、膨大な金額の国債を発行し続けている。もし2010年、インフレ懸念が単なる懸念ではなく実現化してしまえば、国債市場には売りが殺到する。例えば、米国の国債が徹底的に売られるようなことになれば、国債利回りに連動する住宅ローンの利子が跳ね上がるだけでなく、連銀は景気刺激型の金融政策を継続できなくなる。


5、銀行

既に日本が経験したことだが、衰えた米国銀行システムが、経済回復を大きく妨げる。バランスシートを悪影響から守るために、2010年、相変わらず銀行の貸し渋りが続く。

(情報源:
http://pragcap.com/the-5-biggest-risks-of-2010



株の話、経済の話、何の話だろう?



http://kabukeizainani.blogspot.com/

コメント投稿
ページのトップへ

鎌田傳氏の訳書

トレード成功のヒント - 米国株式市場の習性と特徴

スイングトレード入門 短期トレードを成功に導く最高のテクニック


関連書籍

コナーズの短期売買入門
NEW!!

魔術師リンダ・ラリーの
短期売買入門


関連する商品:


過去のブログ

  • 16年09月
  • 16年08月
  • 16年07月
  • 16年06月
  • 16年05月
  • 16年04月
  • 16年03月
  • 16年02月
  • 16年01月
  • 15年12月
  • 15年11月
  • 15年10月
  • 15年09月
  • 15年08月
  • 15年07月
  • 15年06月
  • 15年05月
  • 15年04月
  • 15年03月
  • 15年02月
  • 15年01月
  • 14年12月
  • 14年11月
  • 14年10月
  • 14年09月
  • 14年08月
  • 14年07月
  • 14年06月
  • 14年05月
  • 14年04月
  • 14年03月
  • 14年02月
  • 14年01月
  • 13年12月
  • 13年11月
  • 13年10月
  • 13年09月
  • 13年08月
  • 13年07月
  • 13年06月
  • 13年05月
  • 13年04月
  • 13年03月
  • 13年02月
  • 13年01月
  • 12年12月
  • 12年11月
  • 12年10月
  • 12年09月
  • 12年08月
  • 12年07月
  • 12年06月
  • 12年05月
  • 12年04月
  • 12年03月
  • 12年02月
  • 12年01月
  • 11年12月
  • 11年11月
  • 11年10月
  • 11年09月
  • 11年08月
  • 11年07月
  • 11年06月
  • 11年05月
  • 11年04月
  • 11年03月
  • 11年02月
  • 11年01月
  • 10年12月
  • 10年11月
  • 10年10月
  • 10年09月
  • 10年08月
  • 10年07月
  • 10年06月
  • 10年05月
  • 10年04月
  • 10年03月
  • 10年02月
  • 10年01月
  • 09年12月
  • 09年11月
  • 09年10月
  • 09年09月
  • 09年08月
  • 09年07月
  • 09年06月
  • 09年05月
  • 09年04月
  • 09年03月
  • 09年02月
  • 09年01月
  • 08年12月
  • 08年11月
  • 08年10月
  • 08年09月
  • 08年08月
  • 08年07月
  • 08年06月
  • 08年05月
  • 08年04月
  • 08年03月
  • 08年02月
  • 08年01月
  • 07年12月