パンローリング トップバー パンローリング Top 相場データCD-ROM オプション倶楽部 トレーダーズショップ/書籍、DVD販売 株式コーナー Pan発行書籍 セミナー 相場アプリケーション パンレポート 掲示板 相場リンク集
メールはこちらまで

通勤のお供に投資の仲間たち携帯版を 携帯版 投資の仲間たち

パンローリング 投資の仲間たち

林知之New ニック 青木智(株の達人)太田 創BartJACK 鎌田傳 浅川夏樹 村居孝美 長友哲郎角山智優利加
羽根英樹 |  福森哲也 結喜たろう 柏木淳二 塩坂洋一 森田佳佑モーちゃん豊嶋久道 斉藤学 YEN蔵 バカラ村
杉本貴秀吉田恒けむ。徳山秀樹平田啓小口幸伸兄貴西原宏一夕凪池辺雪子石田和靖久保田博幸
藤ノ井俊樹山口祐介阿部俊之鈴木一之sarah岩本祐介中原駿片岡俊博はやぶさ
足立武志 川口一晃 青柳孝直小畑崇弘徃住啓一一角太郎村田雅志不動修太郎FuturesEYE赤裸々セミナー後記

million club hilton webinar faber report larry TV 年率20%を長期的に稼ぐ 日経225オプション教室 バカラ村式 FX短期トレードテクニック 225オプションディレクトツールキット たけぞうの50億稼いだ男のメルマガ 石原順のメルマガ マーケットの極意 bbtk custom chart パンローリングチャンネル


開催予定のセミナーDVD一覧お買い物ブログのホームに戻る

鎌田傳


「ラリー・コナーズ氏(「コナーズの短期売買入門」「魔術師リンダ・ラリーの短期売買入門」)の経営する、TradingMarkets.comでテクニカル・アナリストを務め、現在証券会社に勤務。訳書に、「スイングトレード入門 短期トレードを成功に導く最高のテクニック」(パンローリング)、そして電子書籍「トレード成功のヒント - 米国株式市場の習性と特徴」(パンローリング)がある。」

鎌田傳の「South Bayトレーダー」 日記

バーナンキ議長はオバマ大統領の救世主

09月17日
大統領選挙は11月、intrade.comによれば、オバマ氏が再選される確率は67.3%だ。





intrade.comは一種のギャンブル・サイトだ。その他にも、次のマサチューセッツの選挙では共和党が勝利するだろうか、などといった様々な事柄に賭けることができる。

さて、オバマ氏に話を戻すが、CNNにはこんなチャートが掲載されている。





矢印の部分が量的緩和第3弾(QE3)が発表された時間だ。このチャートはオバマ氏の再選の確率を示したものだが、見てのとおり、QE3の発表直後に跳ね上がっている。

オバマ氏がバーナンキ議長に圧力をかけて、このQE3を実施させたかどうかは分からないが、お陰で株式市場は大きく上昇した。言い換えれば、このまま株高が選挙まで続けばオバマ氏の再選は実現しそうだ。

オバマ殿、バーナンキ氏の方へ足を向けて寝てはいけませんぞ。


(参照したサイト:intrade.com

Intrade: Fed helped Obama's re-election odds)



コメント投稿

トリプル・サポート・レベルに接近する米国債

09月13日
米国債は重要なレベルに迫っています。

5分ほどの動画です。


http://kabukeizainani.blogspot.com/2012/09/blog-post_12.html
コメント投稿

もし4年前これに投資していたら

09月10日


資料:CNBC


もし4年前、これらのものに100ドル投資していたら、元手の100ドルはいくらになっているだろうか?

・シティバンク: 16ドル

・バンク・オブ・アメリカ: 27ドル

・モルガン・スタンレー: 40ドル

・ゴールドマン・サックス: 70ドル

・AIG: 9ドル

・バーニー・マドフ: 79ドル

バーニー・マドフは元NASDAQ会長。史上最大級の巨額詐欺事件の犯人として知られる。自身が興した証券会社「バーナード・L・マドフ・インヴェストメント・セキュリティーズLLC」(バーナード・マドフ証券投資会社、Bernard L. Madoff Investment Securities, LLC)の会長兼CEOとして、30年にもわたって人々を騙し続けて巨大な金額の金融詐欺事件を引き起こした人物である。(ウィキペディアから抜粋)


(参照したサイト:
https://twitter.com/CNBC/status/244082063165235200/photo/1/large



コメント投稿

いよいよQE3がやって来る?

09月08日
先ず、CNNのヘッドラインを見てみよう。


JOBS DISAPPOINT


今朝の米雇用統計に失望した、という意味になるが、@4ki4さんはこんなツイートをしている。





言うまでもなく、重要な部分は「来週FOMCで追加緩和の可能性が高まった」になる。


米パシフィック・インベストメント・マネジメント(PIMCO)で世界最大の債券ファンドを運用するビル・グロース氏は、8月の米雇用統計で雇用者の増加数が市場予想を下回ったことにより、連邦公開市場委員会(FOMC)は量的緩和の拡大に近づいたとの見方を示した。(ブルームバーグ)


ということで、いよいよQE3が近づいてきたようだ。あるアナリストは、こんな画像を顧客たちに早速メールしたらしい。



http://static4.businessinsider.com/image/5049fdefecad04a361000008/throwing-money.gif


(参照したサイト:世界四季報

JOBS DISAPPOINT

We Won't Name Names, But A Wall Street Analyst Just Sent This Animated .Gif Out To Clients)




コメント投稿

崩れが顕著になった輸送株

09月06日
輸送株の弱さが気になります。

5分弱の動画です。


http://kabukeizainani.blogspot.com/2012/09/blog-post_5.html




コメント投稿

ガソリン価格はまだ上昇が続く、それともそろそろ下げに転じる?

09月04日
アメリカはハリケーンの影響で、94%の石油生産と65%の天然ガス生産がストップしてしまった。お陰でガソリンの値段も上昇し、米国8月のガソリン平均価格は9.4%の跳ね上がりとなった。オイル・プライス・インフォメーション・サービスのアナリスト、トム・クロザ氏は、こう語っている。


ガソリンが上昇した理由として先ずあげられるのはシェブロン石油精製所の火事、そしてハリケーン・アイザックがある。更に、海外からの要因では、ヨーロッパ・ソブリン債危機がやや和らいだこと、それにイランの原子力プログラムなどもある。しかし、ガソリン価格は、そろそろ下落が始まることだろう。ハリケーン・アイザックの被害は予想されたほど大きくないこと、それにヨーロッパの経済問題がまた台頭してくることが考えられるから、ガソリン価格は思っているより早く下げに転じるだろう。


ガソリンのETF、United States Gasoline (UGA)の日足チャートを見てみよう。





6月に底を打って以来、株価の方は30%を超える上昇となり、わずかではあるが金曜United States Gasoline (UGA)は高値を更新(1)して終了となった。さて、株価は今後も大きく伸びて行くだろうか、それともクロザ氏の言うように「思っているより早く下げが始まる」のだろうか?





二本の矢印の方向で分かるように、MACDのヒストグラムは既に下げが始まり、ダイバージェンスという警報が出ている。もちろん、ただこれだけの理由でこのETFを空売ることはできないが、ここからの買いは慎重に行きたいと思う。


(参照したサイト:ハリケーンの影響で石油生産の94%が停止=米政府

Record Labor Day gas prices won't last)



コメント投稿
ページのトップへ

鎌田傳氏の訳書

トレード成功のヒント - 米国株式市場の習性と特徴

スイングトレード入門 短期トレードを成功に導く最高のテクニック


関連書籍

コナーズの短期売買入門
NEW!!

魔術師リンダ・ラリーの
短期売買入門


関連する商品:


過去のブログ

  • 16年09月
  • 16年08月
  • 16年07月
  • 16年06月
  • 16年05月
  • 16年04月
  • 16年03月
  • 16年02月
  • 16年01月
  • 15年12月
  • 15年11月
  • 15年10月
  • 15年09月
  • 15年08月
  • 15年07月
  • 15年06月
  • 15年05月
  • 15年04月
  • 15年03月
  • 15年02月
  • 15年01月
  • 14年12月
  • 14年11月
  • 14年10月
  • 14年09月
  • 14年08月
  • 14年07月
  • 14年06月
  • 14年05月
  • 14年04月
  • 14年03月
  • 14年02月
  • 14年01月
  • 13年12月
  • 13年11月
  • 13年10月
  • 13年09月
  • 13年08月
  • 13年07月
  • 13年06月
  • 13年05月
  • 13年04月
  • 13年03月
  • 13年02月
  • 13年01月
  • 12年12月
  • 12年11月
  • 12年10月
  • 12年09月
  • 12年08月
  • 12年07月
  • 12年06月
  • 12年05月
  • 12年04月
  • 12年03月
  • 12年02月
  • 12年01月
  • 11年12月
  • 11年11月
  • 11年10月
  • 11年09月
  • 11年08月
  • 11年07月
  • 11年06月
  • 11年05月
  • 11年04月
  • 11年03月
  • 11年02月
  • 11年01月
  • 10年12月
  • 10年11月
  • 10年10月
  • 10年09月
  • 10年08月
  • 10年07月
  • 10年06月
  • 10年05月
  • 10年04月
  • 10年03月
  • 10年02月
  • 10年01月
  • 09年12月
  • 09年11月
  • 09年10月
  • 09年09月
  • 09年08月
  • 09年07月
  • 09年06月
  • 09年05月
  • 09年04月
  • 09年03月
  • 09年02月
  • 09年01月
  • 08年12月
  • 08年11月
  • 08年10月
  • 08年09月
  • 08年08月
  • 08年07月
  • 08年06月
  • 08年05月
  • 08年04月
  • 08年03月
  • 08年02月
  • 08年01月
  • 07年12月