パンローリング トップバー パンローリング Top 相場データCD-ROM オプション倶楽部 トレーダーズショップ/書籍、DVD販売 株式コーナー Pan発行書籍 セミナー 相場アプリケーション パンレポート 掲示板 相場リンク集
メールはこちらまで

通勤のお供に投資の仲間たち携帯版を 携帯版 投資の仲間たち

パンローリング 投資の仲間たち

林知之New ニック 青木智(株の達人)太田 創BartJACK 鎌田傳 浅川夏樹 村居孝美 長友哲郎角山智優利加
羽根英樹 |  福森哲也 結喜たろう 柏木淳二 塩坂洋一 森田佳佑モーちゃん豊嶋久道 斉藤学 YEN蔵 バカラ村
杉本貴秀吉田恒けむ。徳山秀樹平田啓小口幸伸兄貴西原宏一夕凪池辺雪子石田和靖久保田博幸
藤ノ井俊樹山口祐介阿部俊之鈴木一之sarah岩本祐介中原駿片岡俊博はやぶさ
足立武志 川口一晃 青柳孝直小畑崇弘徃住啓一一角太郎村田雅志不動修太郎FuturesEYE赤裸々セミナー後記

million club hilton webinar faber report larry TV 年率20%を長期的に稼ぐ 日経225オプション教室 バカラ村式 FX短期トレードテクニック 225オプションディレクトツールキット たけぞうの50億稼いだ男のメルマガ 石原順のメルマガ マーケットの極意 資産拡大フェア2019 投資戦略フェアEXPO2019大阪 bbtk custom chart パンローリングチャンネル


開催予定のセミナーDVD一覧お買い物ブログのホームに戻る

優利加

2003年8月から個人投資家に株式トレード技術の指導をする「優利加塾」を開講。2007年4月から准教授として大学及び大学院にて「数理ファイナンス」、「金融工学」、「ファイナンス概論」、「経営財務」などの科目を講義する一方、学部生及び大学院生の「演習(ゼミ)」の指導も行っている。モットーは「自他共楽」と生涯現役の株式トレード。著書の『 生涯現役の株式トレード技術』は、2006年2月出版以来、続々と感動の声が殺到。 ブルベア大賞2006 大賞を受賞。

「生涯現役のトレード日記」

恍晩の寄嫌貧Nの瘁だけに、致忽幄互でも貧、嶷い

2011定03埖31晩
恍晩の致忽幄はA阜したDJIA +71.60, NASDAQ +19.90。しかし、屡に晩云幄は恍晩寄きく貧Nしたので、云晩が貧、嶷く弌咾な凹が謹かった。|^1何では、貧N凹方が1,017にして、和鯛凹方は538となった。v鯛レシオは105.14%へ貧Nした。

TOPIXも晩U峠譲も弌嫌A阜したが、和ひげを哈いた掲械に玉いセでKえたので、貧、嶷い。しかし、TOPIXも3埖22晩互」869を貧iけした。rの旋が仝Iい々なので、兀し朕からの郡k兜咾任Iいで碧譴院圀らずに返碧玲いする蚩gが嗤燭任△蹐Α

TOPIX +3 @869

晩U峠譲 +47 @9,755

牽u及匯圻k並絞參栖、|奨薦はまるで弌侏幄のような嘔吏恣吏の咾だ。瓜墾の封寄さを深えると匯酎g二Iではもはやrしきれないので、恷K議には忽嗤晒され、屡贋の幄麼は幄麼販を函らされるのではないか訊はその辛嬬來の互詰に譴韻咾い討い襪茲Δ頬爾┐襦

寳綴堰瓩ら廣朕してきた疐d凹の匯つの晩撹ビルド垢Iも^寄な豚棋がげ鯛ちてきて、3埖18晩の互」280劼ら、云晩は177劼能Kえている。


コメント投稿

米国株高でも膠着相場から抜け出せず

03月25日
昨日の米国株は続伸した(DJIA +84.54, NASDAQ +38.12)。これを受けた本日の日本株全般は高く始まる銘柄が多かったものの失速し、陰線引けの銘柄が目立った。東証1部では、上昇銘柄数が922に対して、下落銘柄数は638となった。騰落レシオは85.37%。

TOPIXも日経平均も高く始まったが、ザラバでも3月22日の戻り高値を超えられず、陰線で終えた。半値戻しを達成した後、膠着相場が続いている。福島原発事故の解決の目途が立たないことが相場の足を大きく引っ張っている。

TOPIX +4 @857

日経平均 -14円 @9,435円

バーゲンセール価格の銘柄も多いためか、外国人投資家が大幅に日本株を買い越している。3月第3週(14〜18日)の投資部門別株式売買動向によれば、海外投資家が9,552億円の買い越しとなり、買い越し額は2004年3月第1週の9,678億円に次ぐ歴代2位の大きさとなった。これで20週連続の買い越しとなった。

合同製鉄もバーゲン価格まで売り込まれたが、本日ほぼ元の株価に戻った。日成ビルド工業は、やはり三角保ち合いを下放れしたようだ。出来高が急減しながら株価は大きく下げた(-20円 @214円、-8.54%)。


コメント投稿

膠着相場

03月24日
昨日の米国株は反発した(DJIA +67.39, NASDAQ +14.43)。しかし、欧州の財政問題が再燃し、リビア情勢の混迷により原油相場が高くなり、さらに福島原発の放射能漏れ事故問題が長引いていることから、本日の日本株全般は膠着相場であった。東証1部では、上昇銘柄数が583に対して、下落銘柄数は995となった。騰落レシオは86.51%へやや低下した。

TOPIXも日経平均も膠着相場の中、僅かだが続落した。

TOPIX -8 @853

日経平均 -14円 @9,435円

東京電力は大幅続落した(-147円 @902円, -14.01%)。想定される莫大な損害賠償額を考えれば当然だろう。日成ビルド工業は反発したが(+11 @234円, +4.93%)、実体部分に比べかなり長い上ひげを引いて終えた。短期的な仮設住宅に対する特需は相当なものがあるが、現在の株価を長期的に維持できるほど特需は長く続かない。三角保ち合いを形成中である。早晩下放れすると見ているが、はたしてどうなるか?


コメント投稿

半値戻し達成後は反落

03月23日
昨日の米国株は小幅反落した(DJIA -17.90, NASDAQ -8.22)。 本日の日本株全般は3月15日の底値から昨日まで大きく反発したこともあり、さらに、東京都の水道水から基準を超える放射性ヨウ素が検出されたとの報道により下げる銘柄が多かった。東証1部では、上昇銘柄数が726に対して、下落銘柄数は862となった。騰落レシオは88.09%。

TOPIXも日経平均も下向きの10日移動平均線にタッチして反落した。どちらも半値戻しをしたので、戻り売りが出やすいタイミングだ。

TOPIX -7 @861

日経平均 -159円 @9,449円

東京電力は反落した(-49円 @1,049円, -4.46%)。小型の復興関連銘柄は元気が良い。地震直後から注目してきた日成ビルド工業は反落(-18円 @223円、-7.46%)したが、まだ高値圏でのもみ合いだ。出来高が減少しているので、大幅下落は時間の問題か?

東京都の水道水からヨウ素検出とういうニュースで、栗田工業とオルガノが直ぐに反応した。皆目敏いなあ。

うねり取り銘柄は本日大引け15分前頃、逆指値成り行き売りが発動し、再び全つなぎ状態となった。


コメント投稿

3月15日に空けた窓を埋めた

03月22日
昨日の米国株は大幅続伸した(DJIA +178.01, NASDAQ +48.42)。これを好感して、さらに米国の有名投資情報誌バロンズやウォレンバフェット氏が日本株に対して強く発言をし、為替相場も安定してきて、本日の日本株全般は大幅続伸した。東証1部では、上昇銘柄数が1,615に対して、下落銘柄数は49となった。騰落レシオは89.21%へ微増した。

TOPIXも日経平均も上放れて始まり、長めの陽線で終えた。どちらも3月15日の超長大陰線の高値を上抜けしただけなく、同日に空けた窓も埋めた。これで、定石の一つである窓埋めという戻り目途まで自律反発した。これからが本当の反発力の強さが試される。定石通りなら、明日から失速するか、もみ合いがしばらく続く。

TOPIX +38 @868

日経平均 +402円 @9,608円

今回の大震災で大きく売り込まれた東京電力(+15.82%)や東芝(+12.77%)が大幅反発した。また、災害復興銘柄で注目を集めている日成ビルド工業は、本日、大きく反発した(+31円 @241円 +14.76%)が、 長いひげを上下に引き、3月17日高値@280円には遠く及ばなかった。出来高がまだ多いのでしばらくは高値圏でのもみ合いが続くと見るが、出来高が減少して来ると急速に下げるのではないか?


コメント投稿
ページのトップへ

優利加氏の著書

生涯現役の株式トレード技術 【生涯現役のための海図編】

生涯現役の株式トレード技術


優利加氏のセミナーDVD

DVD 生涯現役の株式トレード技術 【チャートの読み方と建て玉操作】

DVD 生涯現役の
株式トレード技術
悟り編


DVD 生涯現役の株式トレード技術【海図編】



DVD 生涯現役の株式トレード技術



DVD 生涯現役の株式トレード技術 実践編



DVD 生涯現役のトレード技術 【銘柄選択の型と検証法編】



DVD 生涯現役の株式トレード技術 【ゆらぎ取りとその考え方】



過去のブログ

  • 19年09月
  • 19年08月
  • 19年07月
  • 19年06月
  • 19年05月
  • 19年04月
  • 19年03月
  • 19年02月
  • 19年01月
  • 18年12月
  • 18年11月
  • 18年10月
  • 18年09月
  • 18年08月
  • 18年07月
  • 18年06月
  • 18年05月
  • 18年04月
  • 18年03月
  • 18年02月
  • 18年01月
  • 17年12月
  • 17年11月
  • 17年10月
  • 17年09月
  • 17年08月
  • 17年07月
  • 17年06月
  • 17年05月
  • 17年04月
  • 17年03月
  • 17年02月
  • 17年01月
  • 16年12月
  • 16年11月
  • 16年10月
  • 16年09月
  • 16年08月
  • 16年07月
  • 16年06月
  • 16年05月
  • 16年04月
  • 16年03月
  • 16年02月
  • 16年01月
  • 15年12月
  • 15年11月
  • 15年10月
  • 15年09月
  • 15年08月
  • 15年07月
  • 15年06月
  • 15年05月
  • 15年04月
  • 15年03月
  • 15年02月
  • 15年01月
  • 14年12月
  • 14年11月
  • 14年10月
  • 14年09月
  • 14年08月
  • 14年07月
  • 14年06月
  • 14年05月
  • 14年04月
  • 14年03月
  • 14年02月
  • 14年01月
  • 13年12月
  • 13年11月
  • 13年10月
  • 13年09月
  • 13年08月
  • 13年07月
  • 13年06月
  • 13年05月
  • 13年04月
  • 13年03月
  • 13年02月
  • 13年01月
  • 12年12月
  • 12年11月
  • 12年10月
  • 12年09月
  • 12年08月
  • 12年07月
  • 12年06月
  • 12年05月
  • 12年04月
  • 12年03月
  • 12年02月
  • 12年01月
  • 11年12月
  • 11年11月
  • 11年10月
  • 11年09月
  • 11年08月
  • 11年07月
  • 11年06月
  • 11年05月
  • 11年04月
  • 11年03月
  • 10年09月
  • 10年04月
  • 09年06月
  • 09年05月
  • 09年04月
  • 09年03月
  • 09年02月
  • 09年01月
  • 08年12月
  • 08年11月
  • 08年10月
  • 07年08月
  • 07年07月
  • 07年05月