パンローリング トップバー パンローリング Top 相場データCD-ROM オプション倶楽部 トレーダーズショップ/書籍、DVD販売 株式コーナー Pan発行書籍 セミナー 相場アプリケーション パンレポート 掲示板 相場リンク集
メールはこちらまで

通勤のお供に投資の仲間たち携帯版を 携帯版 投資の仲間たち

パンローリング 投資の仲間たち

林知之New ニック 青木智(株の達人)太田 創BartJACK 鎌田傳 浅川夏樹 村居孝美 長友哲郎角山智優利加
羽根英樹 |  福森哲也 結喜たろう 柏木淳二 塩坂洋一 森田佳佑モーちゃん豊嶋久道 斉藤学 YEN蔵 バカラ村
杉本貴秀吉田恒けむ。徳山秀樹平田啓小口幸伸兄貴西原宏一夕凪池辺雪子石田和靖久保田博幸
藤ノ井俊樹山口祐介阿部俊之鈴木一之sarah岩本祐介中原駿片岡俊博はやぶさ
足立武志 川口一晃 青柳孝直小畑崇弘徃住啓一一角太郎村田雅志不動修太郎FuturesEYE赤裸々セミナー後記

million club hilton webinar faber report larry TV 年率20%を長期的に稼ぐ 日経225オプション教室 バカラ村式 FX短期トレードテクニック 225オプションディレクトツールキット たけぞうの50億稼いだ男のメルマガ 石原順のメルマガ マーケットの極意 資産拡大フェア2019 投資戦略フェアEXPO2019大阪 bbtk custom chart パンローリングチャンネル


開催予定のセミナーDVD一覧お買い物ブログのホームに戻る

優利加

2003年8月から個人投資家に株式トレード技術の指導をする「優利加塾」を開講。2007年4月から准教授として大学及び大学院にて「数理ファイナンス」、「金融工学」、「ファイナンス概論」、「経営財務」などの科目を講義する一方、学部生及び大学院生の「演習(ゼミ)」の指導も行っている。モットーは「自他共楽」と生涯現役の株式トレード。著書の『 生涯現役の株式トレード技術』は、2006年2月出版以来、続々と感動の声が殺到。 ブルベア大賞2006 大賞を受賞。

「生涯現役のトレード日記」

時の利は「買い転換」した

05月31日
昨日の米国株は休場だった。模様眺めの小動きの相場になるかと思っていたら、以外に動いた。東証1部では、上昇銘柄数が1,342に対して、下落銘柄数は203となった。騰落レシオは91.06%。

TOPIXも日経平均も10日移動平均線を回復した。したがって、時の利は「買い転換」した。

TOPIX +15 @838

日経平均 +189円 @9,693円

先週、オートパイロットでバスケット買いした銘柄の一つがやっと目標リターンに達して自動手仕舞いとなった。


コメント投稿

エネルギーを蓄積している最中

05月30日
先週金曜日の米国株は小幅続伸した(DJIA +38.82, NASDAQ +13.94)。しかし、メモリアルデイのため米国株式市場は本日も休場で材料不足のためか、本日の日本株全般は膠着相場だった。東証1部では、上昇銘柄数が849に対して、下落銘柄数が605となった。騰落レシオは88.23%。


TOPIXも日経平均もほぼ寄引同事の十字足となり、上にも下にも動けないようだ。エネルギーを蓄積している最中だ。しかし、いずれどちらかへそれ相応の動きをすることになるだろう。

TOPIX -1 @823


日経平均 -17円 @9,507円

小動きな相場が続いているので、先週仕掛けた数銘柄の買い玉はまだ利食いにもロスカットにもならない。今週末までにはどちらかの結果が出るだろう。


コメント投稿

小動きで方向感がはっきりしない相場

05月27日
昨日の米国株は小幅反発した(DJIA +8.14, NASDAQ +21.54)。米国市場が3連休を控えていることもあり、本日の日本株全般は小動きだった。東証1部では、上昇銘柄数が544に対して、下落銘柄数は956となった。騰落レシオは82.62%。

TOPIXも日経平均も小動きで、方向感がはっきりしない動きだった。どちらもザラバでは一時的に下向きの10日移動平均線を回復した。しかし、力強い反発力はまだ感じられない。

TOPIX -3 @824

日経平均 -41円 @9,521円


コメント投稿

振り分け線で切り返した

05月26日
昨日の米国株は反発した(DJIA +38.45, NASDAQ +15.22)。これを受けて本日の日本株全般も反発した。東証1部では、上昇銘柄数が1,200に対して、下落銘柄数は322となった。騰落レシオは83.57%。


TOPIXも日経平均も反発し陽線で終えた。どちらもほぼ振り分け線となり、保ち合いレンジ内の短期下げトレンドから自律反発を開始したサインかもしれない。

TOPIX +10 @827
日経平均 +140円 @9,562円


コメント投稿

当て首線では反発力が弱かった

05月25日
昨日の米国株は小幅続落した(DJIA -25.05, NASDAQ -12.74)。これに加え、香港、上海、韓国、台湾などアジア市場が全面安になったこともあり、本日の日本株全般は下げた。東証1部では、上昇銘柄数が465に対して、下落銘柄数は1,027となった。騰落レシオは77.15%へ低下した。

TOPIXも日経平均も反発して始まったが、失速して陰線で終えた。どちらも被せ線となり、弱さを暗示している。前日の日経平均は当て首線だったが、やはり、当て首線では反発力が弱かった。

TOPIX -2 @817

日経平均 -55円 @9,422円


コメント投稿

下げ渋りはしたが、強い反発のサインではない。しかし、・・・

05月24日
蒸し返された欧州の債務不安により、昨日の米国株は大幅続落した(DJIA -130.78, NASDAQ -44.42)。これを受けて本日の日本株全般は続落して始まったが、陽線で切り返す銘柄も多かった。東証1部では、上昇銘柄数が847に対して、下落銘柄数は646となった。騰落レシオは83.03%。

TOPIXも日経平均も下放れて始まったが陽線で終えた。TOPIXは当て首線、日経平均は入り首線となった。下げ渋りはしたが、強い反発のサインではない。米国株が大幅続落した割には、頑強に下げることに抵抗した。しばらく自律反発があってもおかしくない。

TOPIX +2 @819

日経平均 +17円 @9,477円

今日は複数銘柄買い仕掛けをした。1泊2日から2泊3日程度のスウィングだ。遅くとも今週末までには決着がつくだろう。
コメント投稿

TOPIXは保ち合いレンジ下限を割り込んだ

05月23日
ギリシアの債券格付けの引き下げを嫌気して、昨日の米国株は反落した(DJIA -93.28, NASDAQ -19.99)。これを受けて、香港株、上海株、韓国株などのアジア市場が全面安となり、本日の日本株全般も続落した。東証1部では、上昇銘柄数が363に対して、下落銘柄数は1,202となった。騰落レシオは84.39%。

TOPIXも日経平均も下放れて始まり陰線で終えた。ともに10日移動平均線の下にあり、時の利は「売り」である。特に、TOPIXは3月下旬以来続いていていた保ち合い相場のレンジ下限を割り込んだ。数日以内にレンジ内に戻れないと、下げ圧力が増すことになる。何故なら、TOPIXに連動した銘柄ならで3月下旬以降買った人の殆ど全員がその玉に含み損を抱えていることになるからだ。

TOPIX -10 @817

日経平均 -147円 @9,460円

先週木曜日にオートパイロットで売り仕掛けした玉は、本日、目標利幅に達し、全て利食い手仕舞いとなった。


コメント投稿

最近の相場はよくこういう下げ方をする

05月20日
昨日の米国株は続伸した(DJIA +45.14, NASDAQ +8.31)。しかし、本日の日本株全般は下げて終える銘柄が多かった。東証1部では、上昇銘柄数が567に対して、下落銘柄数が895となった。騰落レシオは82.16%。

TOPIXも日経平均も若干だが続落したが、下げ渋りの気配を残した。最近の相場はよくこういう下げ方をする。

TOPIX -4 @827

日経平均 -13円 @9,607円

全体としては昨日から売り長ポジションなので、気持ちとしてはもっと下げて欲しいが、こればかりは相場任せだ。来週中には空売り玉は利食い手仕舞いか、ロスカットとなるはずだ。仕掛けから手仕舞いまでオートパイロットに全権委任している。


コメント投稿

被せ線

05月19日
昨日の米国株は大幅上昇した(DJIA +80.60, NASDAQ +31.79)。これを受けて本日の日本株全般は続伸して始まったが、今年第一四半期の実質GDP成長率が前年比-3.7%と市場のコンセンサス以上に大きく下げたこと、枝野官房長官が再び銀行に対する債権放棄要請発言をしたこと、菅首相が発電・送電分離に言及したことなど、悪材料が重なり、陰線で終える銘柄が目立った。東証1部では、上昇銘柄数が389に対して、下落銘柄数は1,137となった。騰落レシオは84.81%へ低下した。

TOPIXも日経平均も高く始まったが、結局、陰線で終わり、被せ線となった。また、どちらも10日移動平均線の下にあり、時の利は「売り」である。被せ線が出現すると翌日は約9割の確率で続落するが、さて、明日はどうなるか?

TOPIX -6 @831

日経平均 -42円 @9,620円


コメント投稿

下げ渋り続けたから反発した?

05月18日
昨日の米国株は実質的には続落した(DJIA -68.79, NASDAQ +0.90)。しかし、本日の日本株全般は反発した。東証1部では、上昇銘柄数が1,338に対して、下落銘柄数は224となった。騰落レシオは93.60%へ上昇した。

TOPIXも日経平均も反発したが、理由が明確ではない。下げ渋り続けたから反発したとでもいうべきか。

TOPIX +9 @837

日経平均 +95円 @9,662円


コメント投稿

下げ渋りが昨日以上に顕著

05月18日
昨日の米国株は続落した(DJIA -47.38, NASDAQ -46.16)。これを受けて本日の日本株全般も下げたが、昨日に続き、下げ渋った。東証1部では、上昇銘柄数が613に対して、下落銘柄数は910となった。騰落レシオは86.40%。

TOPIXも日経平均も下げて始まったが、下げ渋りが昨日以上に顕著となった。TOPIXは3月下旬以来の保ち合いレンジの下限まで下げてきたが、日経平均ではもう少し余力がある。米国株の下げが止まると、自律反発が予想される。しかし、その場合でも、保ち合い相場のレンジ上限が強い抵抗線となるだろう。現在の企業業績予想というファンダメンタルズから判断すると5月2日高値が上限と推定できるからだ。後は、時間の推移とともに業績上振れと期待できるような支援材料が出てくれば、5月2日高値を更新することになるだろうが、現時点ではまだ見えてこない。

TOPIX -1 @828

日経平均 +9円 @9,567円




コメント投稿

続落したが下げ渋り

05月16日
先週金曜日の米国株は大幅反落した(DJIA -100.17, NASDAQ -34.57)。これを受けて、本日の日本株全般は続落した。東証1部では、上昇銘柄数が315に対して、下落銘柄数は1,265となった。騰落レシオは82.95%。

TOPIXも日経平均も下放れた始まったが、TOPIXは短陰線、日経平均は寄引同事線で下げ渋りを示した。どちらも3月下旬以来続いている保ち合いレンジ相場の範囲内での動きである。

TOPIX -10 @829

日経平均 -90円 @9,558円


コメント投稿

現在の日経平均株価はフェアバリューである

05月13日
昨日の米国株は反発した(DJIA +65.89, NASDAQ +17.98)。しかし、本日の日本株全般は続落した。東証1部では、上昇銘柄数は232に対して、下落銘柄数は1,354となった。騰落レシオは81.28%。

TOPIXも日経平均も陰線で続落したが、下ひげを引いて下げ渋りを示した。時の利は完全に「売り」転換した。しかし、まだ保ち合い相場が続いている。

TOPIX -10 @839

日経平均 -68円 @9,648円

東京電力の賠償問題に関連して、東電への公的資金注入の条件として、枝野官房長官が銀行の債権放棄をが求めたことで、メガバンク株は軒並み下げた。

本日、決算発表のピークが過ぎた。昨日5月12日現在の日経平均ベースの予想EPSは603円まで下げている。10年物長期国債の利回りが1.11%であった。株式のリスクプレミアムを5%、日本の名目GDP成長率をゼロと見積もると、日経平均株価の理論値は9,867円となる。

P = 603/(0.06111 - 0) = 9,867円

この値から判断すると、現在の日経平均株価はフェアバリューであると言える。


コメント投稿

無理に仕掛けずに休むのも大事

05月10日
昨日の米国株は続伸した(DJIA +45.94, NASDAQ +15.69)。これを受けて日本株全般は小高く終わる銘柄が多かったが、膠着相場は変わらない。東証1部では、上昇銘柄数が932に対して、下落銘柄数が589となった。騰落レシオは86.59%。

TOPIXも日経平均も小高く反発したが、どちらもほぼ寄引同事線となり、売り買いが拮抗して膠着状態が続いている。上げ下げどちらでも材料が明確な銘柄を除き、仕掛け難い相場である。こういうときは、無理に仕掛けずに休むのも大事である。

TOPIX +3 @856

日経平均 +24円 @9,818円


コメント投稿

膠着相場の域を出ていない

05月09日
昨日の米国株は上昇した(DJIA +54.57, NASDAQ +12.84)。これを受けて本日の日本株は反発して始まったが、次第に失速して陰線で終える銘柄が多かった。東証1部では、上昇銘柄数が524に対して、下落銘柄数は968となった。騰落レシオは90.48%。

TOPIXも日経平均も少し反発して始まったが、結局、陰線で終えた。どちらも10日及び25日移動平均線の上にあり、時の利は「買い」である。しかし、保ち合いの膠着相場の域を出ていない。

TOPIX -9 @853

日経平均 -65円 @9,794円


コメント投稿

日経平均では10,210円が当面の高値目途か?

05月07日
日付が変わってしまった。米国株は日本の連休中、続落した(DJIA -139.41, NADAQ -13.51)。これだけでなく、為替が一時80円を割り込む円高となり、日本株全般(5月6日)も大きく下げた。東証1部では、上昇銘柄数が577に対して、下落銘柄数は957となった。騰落レシオは91.84%。

TOPIXも日経平均も下放れて始まったが、ほぼ寄引同事線となり、下げ渋りを見せた。TOPIXよりも日経平均の方が下げ、5月2日の上昇をほぼ帳消しにした。

日経平均ベースの予想EPSが4月25日の682円をピークに下げ始め、5月2日付では633円まで下げた。10年物長期国債の利回りは1.2%。日本の名目GDP成長率を1%と見積もり、日経平均のフェアバリューをざっくりと計算すると12,173円となる。

過去10年間殆ど成長していない事実に照らして、成長率をゼロと見積もると、10,210円となる。個人的にはこれが現在妥当な株価ではないかと思っている。つまり、日経平均では10,210円が当面の高値目途と考えることができる。5月2日に10,017円まで戻ったので、ほぼ目標を達成したか?

TOPIX -9 @856

日経平均 -145円 @9,859円


コメント投稿

日経平均で1万円を回復

05月02日
先週末の米国株は上昇した(DJIA +47.23, NASDAQ +1.01)。本日の日本株全般は続伸した。昼休みに、米国軍によるオサマビンラディン殺害のニュースが伝わると上げに加速がかかった。東証1部では、上昇銘柄数が1,365に対して、下落銘柄数は225となった。騰落レシオは95.01%。

TOPIXも日経平均も上放れて始まり短陽線で終えた。日経平均で1万円を回復した。

もし、東日本大震災の日本経済全体に与える悪影響をまだ完全に織り込んでいなければ、これで目標達成感から再調整する可能性が高い。しかし、織り込み済みとなれば、もう少し続伸できると見ることもできる。前者の方がシナリオとしては妥当だと思うが、相場の一寸先は闇である。決めつけない方が良い。

TOPIX +14 @865

日経平均 +155円 @10,004円


コメント投稿
ページのトップへ

優利加氏の著書

生涯現役の株式トレード技術 【生涯現役のための海図編】

生涯現役の株式トレード技術


優利加氏のセミナーDVD

DVD 生涯現役の株式トレード技術 【チャートの読み方と建て玉操作】

DVD 生涯現役の
株式トレード技術
悟り編


DVD 生涯現役の株式トレード技術【海図編】



DVD 生涯現役の株式トレード技術



DVD 生涯現役の株式トレード技術 実践編



DVD 生涯現役のトレード技術 【銘柄選択の型と検証法編】



DVD 生涯現役の株式トレード技術 【ゆらぎ取りとその考え方】



過去のブログ

  • 19年09月
  • 19年08月
  • 19年07月
  • 19年06月
  • 19年05月
  • 19年04月
  • 19年03月
  • 19年02月
  • 19年01月
  • 18年12月
  • 18年11月
  • 18年10月
  • 18年09月
  • 18年08月
  • 18年07月
  • 18年06月
  • 18年05月
  • 18年04月
  • 18年03月
  • 18年02月
  • 18年01月
  • 17年12月
  • 17年11月
  • 17年10月
  • 17年09月
  • 17年08月
  • 17年07月
  • 17年06月
  • 17年05月
  • 17年04月
  • 17年03月
  • 17年02月
  • 17年01月
  • 16年12月
  • 16年11月
  • 16年10月
  • 16年09月
  • 16年08月
  • 16年07月
  • 16年06月
  • 16年05月
  • 16年04月
  • 16年03月
  • 16年02月
  • 16年01月
  • 15年12月
  • 15年11月
  • 15年10月
  • 15年09月
  • 15年08月
  • 15年07月
  • 15年06月
  • 15年05月
  • 15年04月
  • 15年03月
  • 15年02月
  • 15年01月
  • 14年12月
  • 14年11月
  • 14年10月
  • 14年09月
  • 14年08月
  • 14年07月
  • 14年06月
  • 14年05月
  • 14年04月
  • 14年03月
  • 14年02月
  • 14年01月
  • 13年12月
  • 13年11月
  • 13年10月
  • 13年09月
  • 13年08月
  • 13年07月
  • 13年06月
  • 13年05月
  • 13年04月
  • 13年03月
  • 13年02月
  • 13年01月
  • 12年12月
  • 12年11月
  • 12年10月
  • 12年09月
  • 12年08月
  • 12年07月
  • 12年06月
  • 12年05月
  • 12年04月
  • 12年03月
  • 12年02月
  • 12年01月
  • 11年12月
  • 11年11月
  • 11年10月
  • 11年09月
  • 11年08月
  • 11年07月
  • 11年06月
  • 11年05月
  • 11年04月
  • 11年03月
  • 10年09月
  • 10年04月
  • 09年06月
  • 09年05月
  • 09年04月
  • 09年03月
  • 09年02月
  • 09年01月
  • 08年12月
  • 08年11月
  • 08年10月
  • 07年08月
  • 07年07月
  • 07年05月