パンローリング トップバー パンローリング Top 相場データCD-ROM オプション倶楽部 トレーダーズショップ/書籍、DVD販売 株式コーナー Pan発行書籍 セミナー 相場アプリケーション パンレポート 掲示板 相場リンク集
メールはこちらまで

通勤のお供に投資の仲間たち携帯版を 携帯版 投資の仲間たち

パンローリング 投資の仲間たち

林知之New ニック 青木智(株の達人)太田 創BartJACK 鎌田傳 浅川夏樹 村居孝美 長友哲郎角山智優利加
羽根英樹 |  福森哲也 結喜たろう 柏木淳二 塩坂洋一 森田佳佑モーちゃん豊嶋久道 斉藤学 YEN蔵 バカラ村
杉本貴秀吉田恒けむ。徳山秀樹平田啓小口幸伸兄貴西原宏一夕凪池辺雪子石田和靖久保田博幸
藤ノ井俊樹山口祐介阿部俊之鈴木一之sarah岩本祐介中原駿片岡俊博はやぶさ
足立武志 川口一晃 青柳孝直小畑崇弘徃住啓一一角太郎村田雅志不動修太郎FuturesEYE赤裸々セミナー後記

million club hilton webinar faber report larry TV 年率20%を長期的に稼ぐ 日経225オプション教室 バカラ村式 FX短期トレードテクニック 225オプションディレクトツールキット たけぞうの50億稼いだ男のメルマガ 石原順のメルマガ マーケットの極意 資産拡大フェア2019 投資戦略フェアEXPO2019大阪 bbtk custom chart パンローリングチャンネル


開催予定のセミナーDVD一覧お買い物ブログのホームに戻る

優利加

2003年8月から個人投資家に株式トレード技術の指導をする「優利加塾」を開講。2007年4月から准教授として大学及び大学院にて「数理ファイナンス」、「金融工学」、「ファイナンス概論」、「経営財務」などの科目を講義する一方、学部生及び大学院生の「演習(ゼミ)」の指導も行っている。モットーは「自他共楽」と生涯現役の株式トレード。著書の『 生涯現役の株式トレード技術』は、2006年2月出版以来、続々と感動の声が殺到。 ブルベア大賞2006 大賞を受賞。

「生涯現役のトレード日記」

生涯現役の株式トレード技術 悟り編 DVD

04月01日
[生涯現役の株式トレード技術 悟り編 DVD]

株式トレードにおける「悟り」とは、殆ど迷いなく「やるべきこと」を実行し、「やるべきでないこと」は敢えてしないという習慣を身に付けた境地のことです。株式トレードに限らず、何事も上達するためには、(E)目的と照らし合わせて正しいことを、(E)より少ない時間と労力で行い、(P)期待した結果が出るまで途中で諦めずに継続できるようにすることです。目的と照らし合わせて正しいことをするためには、原理・原則の理解が、そしてその正しいことをより少ない時間と労力で行うためには基本の理解が不可欠です。原理・原則と基本を無視した我流は羅針盤と舵の壊れた船のように彷徨い、相場という荒くれた大海に翻弄され、漂流し続けます。運が悪ければ座礁し、時には沈没して相場から短期間で退場に追い込まれます。

そもそも、人生も相場もたった二つのことから成り立っています。(1)「自分ではコントロールできないこと」と、(2)「自分でコントロールできること」の二つだけです。相場の未来は予測不可能ですが、相場全体の大局判断、銘柄選択、銘柄入れ替え、建て玉操作、資金管理などは100%自分の意思でコントロールできます。殆どの投資家は前者(1)の「自分ではコントロールできないこと」を一所懸命コントロールしようと情報収集に躍起となり、時間とエネルギーを空しく浪費する一方で、(2)の「自分でコントロールできること」は殆ど放ったらしにしています。我々、相場実践者としてのトレーダーが現実的にできる最大限のことは後者(2)の「自分でコントロールできること」に時間とエネルギーを集中させることです。

勿論、相場にはノイズも頻繁に発生するので、結果的に自分が取ったポジションと反対方向へ動くことも少なくありません。その場合は、逆指値で保険を掛けておけば良いだけのことです。これにより合成オプションが自分で作り出せ、もし、上昇下落の確率がともに50%なら、期待値は必ずプラスとなります。確率的に優位性があれば、何十回、何百回、何千回と繰り返し継続すれば、原理・原則と基本に則って行うわけだから、損小利大が実現できます。

確率的に優位性があるトレードとは、勝率の高い局面で、勝率の高い銘柄を仕掛け、欲張らずに利益確定すること、これを淡々と実行し、それを繰り返し継続することです。そのためには、株価の原理・原則と基本を理解した上で、原理・原則と基本と照らし合わせて過去の株価の動きを自ら手間暇かけて検証することが必須です。

殆どの個人投資家は株価には原理・原則と基本があることすら知りません。さらに、検証作業も怠っています。それにもかかわらず欲深く良い結果だけを渇望します。ゴルフを例にすると、スウィング理論も理解しようとせず、ドライビングレンジでの練習も怠け、ぶっつけ本番でコースに出て我流で常にシングルプレーヤーかプロのようなスコア―が取れるかもしれないとう幻想を抱き続けるようなものです。しかし、現実はそんなに甘くないことを自ら嫌というほど体験しているはずです。しかし、株式トレード(投資)においては、圧倒的大多数の個人投資家は、この淡い幻想を抱き続けています。ここに株式トレードで上達できない最大の原因があります。

森羅万象には全て、まず原因があり、過程があり、そして結果が現れます。悪い結果にはその悪い原因と、その悪い過程があります。この因果関係を理解すれば、物事が期待通りに行かないとき、それを改善する手掛かりが見つかり、解決のための創意工夫ができます。株式トレード(投資)でも全く同様であり、その成果を改善するためには因果関係の理解が不可欠となります。そして、株価の因果関係の理解のためには、株価の原理・原則と基本の理解が必要となってきます。

株価の原理・原則とは、株価がどのような原理で決まり、なぜ、どのように、その株価が変動するのかというメカニズムのことです。基本とは、そのような原理・原則を理解した上で、その知識をどのように具体的な行動に落とし込むために定石化するかということです。この「悟り編」DVDでは、そのための方法論を体系的に説明しました。
コメント投稿
ページのトップへ

優利加氏の著書

生涯現役の株式トレード技術 【生涯現役のための海図編】

生涯現役の株式トレード技術


優利加氏のセミナーDVD

DVD 生涯現役の株式トレード技術 【チャートの読み方と建て玉操作】

DVD 生涯現役の
株式トレード技術
悟り編


DVD 生涯現役の株式トレード技術【海図編】



DVD 生涯現役の株式トレード技術



DVD 生涯現役の株式トレード技術 実践編



DVD 生涯現役のトレード技術 【銘柄選択の型と検証法編】



DVD 生涯現役の株式トレード技術 【ゆらぎ取りとその考え方】



過去のブログ

  • 19年09月
  • 19年08月
  • 19年07月
  • 19年06月
  • 19年05月
  • 19年04月
  • 19年03月
  • 19年02月
  • 19年01月
  • 18年12月
  • 18年11月
  • 18年10月
  • 18年09月
  • 18年08月
  • 18年07月
  • 18年06月
  • 18年05月
  • 18年04月
  • 18年03月
  • 18年02月
  • 18年01月
  • 17年12月
  • 17年11月
  • 17年10月
  • 17年09月
  • 17年08月
  • 17年07月
  • 17年06月
  • 17年05月
  • 17年04月
  • 17年03月
  • 17年02月
  • 17年01月
  • 16年12月
  • 16年11月
  • 16年10月
  • 16年09月
  • 16年08月
  • 16年07月
  • 16年06月
  • 16年05月
  • 16年04月
  • 16年03月
  • 16年02月
  • 16年01月
  • 15年12月
  • 15年11月
  • 15年10月
  • 15年09月
  • 15年08月
  • 15年07月
  • 15年06月
  • 15年05月
  • 15年04月
  • 15年03月
  • 15年02月
  • 15年01月
  • 14年12月
  • 14年11月
  • 14年10月
  • 14年09月
  • 14年08月
  • 14年07月
  • 14年06月
  • 14年05月
  • 14年04月
  • 14年03月
  • 14年02月
  • 14年01月
  • 13年12月
  • 13年11月
  • 13年10月
  • 13年09月
  • 13年08月
  • 13年07月
  • 13年06月
  • 13年05月
  • 13年04月
  • 13年03月
  • 13年02月
  • 13年01月
  • 12年12月
  • 12年11月
  • 12年10月
  • 12年09月
  • 12年08月
  • 12年07月
  • 12年06月
  • 12年05月
  • 12年04月
  • 12年03月
  • 12年02月
  • 12年01月
  • 11年12月
  • 11年11月
  • 11年10月
  • 11年09月
  • 11年08月
  • 11年07月
  • 11年06月
  • 11年05月
  • 11年04月
  • 11年03月
  • 10年09月
  • 10年04月
  • 09年06月
  • 09年05月
  • 09年04月
  • 09年03月
  • 09年02月
  • 09年01月
  • 08年12月
  • 08年11月
  • 08年10月
  • 07年08月
  • 07年07月
  • 07年05月